【200205】このブログについて+ケーナ奏者YOSHIOの活動について

■このブログは、情熱過剰、権威過少、実績些少、非ユーテリティプレイヤーなどの理由により地下的ではありますが、1980年代よりしつこく息長く演奏活動していますケーナ(アンデス地方を中心とするリードのない管楽器の一種)奏者YOSHIOの演奏予定、日々の食事記録、批評もどきなどを収録していますブログです。

Twitter=@yoshioquena, FACEBOOKYoshio Mizo,

LINE=@yoshioquena, INSTAGRAMmizoyoshio

E-MAIL:vzc05623@nifty.ne.jp

20/2/9(日)、13:45~、船橋きららホールで「情熱クロスオーバーコンサートvol.3」決行! 予約はYOSHIOないし各出演者へ!

 

絶賛販売中!JOSE+YOSHIO/YOSHIOソロアルバム、『Ending Bless Attack―突き抜けるケーナ―』18/9/23発売!リンク先に通販案内もあります!

CD・同人誌に関して、猫をはじめとする動物愛護への支援を行っているニャンデス様に代理販売を委託しています。ニャンデス様で購入されると売り上げの一部が愛護団体への寄付となります。通販もOK!

 

◆ご訪問誠に有難うございます。
適当に読んでいただいた上で、ぜひライブなどでお目にかかれる日を楽しみにしております。
YOSHIOが現状では一番華やかな動画はこちら(アルゼンチン最大の音楽祭・コスキン音楽祭でのTAKUYA&YOSHIOによる演奏。2013年1月)

 

YOSHIO 拝

 

 

 

2018年4月8日毎日新聞朝刊千葉県面「ひと ちば」にご紹介いただきました!小林記者による「YOSHIOのパンクな本質」を新聞に落とし込んでくださった名文を読んでいただけますと幸甚です。

 

2018/10/1毎日新聞千葉県版朝刊にてCD紹介いただきました!小林記者が自分のケーナの特徴を表現くださっている貴重な記事です!

 

 

 

【演奏予定など】※予約・お問い合わせはこちらまで!

 

【活動ユニット】単独無伴奏/TAKUYA&YOSHIOJOSEYOSHIORadical Andes ConnectionYOSHIOと遊ぼうブラザーズ

YOSHIO*龍/AndersonYOSHIO ヒラサワ(ほいさー)と俺/YOSHIO QUENA EXPERIENCE

YOSHIO feat.D-Charango/カリスマ・パンピー ……

【その他】

表彰歴=アルゼンチン共和国大使館賞(2012TAKUYA&YOSHIOの活動が同国音楽文化普及に寄与しているとして)、コスキン音楽祭日本代表選出(2013年、TAKUYA&YOSHIO※同演奏で多数現地メディアに報道される)など

メディア報道歴=アルゼンチン国営放送TV PUBLICA2013年1月=YOUTUBEに同局制作の動画あり・「DELEGACION JAPON COSQUIN 2013」で検索ください)、毎日新聞千葉県版(2018年4月・10月)、船橋習志野ケーブルテレビ(2017年2月・20182月)、伊達ケーブルテレビ(2018年3月・2019年5月)、FM クローバー(201810月)など

作品=CDEnding Breath Attack~突き抜けるケーナ~」(2018年9月リリース)

Yoshio20202

 

【2月】

3日 単独無伴奏@新松戸FIREBIRD(酔ったもん祭り)

6日 単独無伴奏@津田沼MediterraneoGOLDEN BLACK

8日 単独無伴奏@越谷蔵の音(ごりら音楽祭)

9日 TAKUYA&YOSHIOJOSE+YOSHIORadical Andes ConnectionYOSHIO QUENA EXPERIENCE@船橋きららホール(YOSHIO企画コンサート「情熱クロスオーバーコンサート」VOL.3

11日 単独無伴奏@津田沼MediterraneoYOSHIOオーガナイズDJ&ライブイベント「Buenissimo!」)

13日 単独無伴奏@新松戸FIREBIRD

14日 単独無伴奏@稲毛K’s DREAM

15日 単独無伴奏@新松戸FIREBIRD

17日 単独無伴奏@巣鴨獅子王(百花繚乱)

19日 YOSHIOと遊ぼうブラザーズ@新松戸FIREBIRD

20日 Anderson@秋葉原CLUB GOODMAN

23日 単独無伴奏@越谷ごりごりハウス

27日 YOSHIORADICAL ANDES CONNECTION@新松戸FIREBORD(フィドラー悠情氏出演イベント)

28日 単独無伴奏@越谷ごりごりハウス(いおかゆうみ3日間戦争)

【3月】

2日 Anderson@吉祥寺NEPO

4日 YOSHIOと遊ぼうブラザーズ@新松戸FIREBIRD

11日 Anderson@秋葉原CLUB GOODMAN

12日 単独無伴奏@新松戸FIREBIRD(酔ったもん祭り)

17日 単独無伴奏@新松戸FIREBIRD

18日 単独無伴奏@新松戸FIREBIRD(林イッペー氏誕生前夜祭)

22日 単独無伴奏@越谷ごりごりハウス

23日 単独無伴奏@新松戸FIREBIRD

26日 YOSHIOと遊ぼうブラザーズ@新松戸FIREBIRD

27日 セッション@新宿ワイルドサイドトーキョー

 

★YOSHIOの経歴、自己紹介などは以下です。

 

表彰歴=アルゼンチン共和国大使館賞(2012、TAKUYA&YOSHIOの活動に対して)・コスキン音楽祭日本代表選出(2013年、TAKUYA&YOSHIO)など


メディア報道歴=アルゼンチン国営放送TV PUBLICA(2013年1月=YOUTUBEに同動画あり・「DELEGACION JAPON COSQUIN 2013」で検索ください)、毎日新聞千葉県版(2018年4月・10月)、船橋習志野ケーブルテレビ(2017年2月・2018年2月)、伊達ケーブルテレビ(2018年3月ほか)、FM クローバー(2018年10月)など


作品=CD「Ending Breath Attack~突き抜けるケーナ」(2018年9月リリース)

 

さらなる詳細は以下を。

 

不屈のケーナ奏者:YOSHIO “Quenista Invencible”

 

Folklore、Rock、Funk、Blues、Avant-Garde、Folk …すべてを笛一本で表現しようとする無謀系奏者。

 

1969年生まれ、1974年ごろより千葉県船橋市在住(現在も本町在住)。市立西海神小学校卒。その後巣鴨中・高に進学。

 

1985年ケーナに触れ、独習を開始。その後早稲田大学ラテンアメリカ協会・東京大学民族音楽愛好会所属。

 

1992年早稲田大学卒業後、会社勤務のかたわら、アンデスの情緒を表現する既存の業界トレンドに飽き足らず、独自の演奏活動をTAKUYA&YOSHIO(ギターとのユニット)で開始。

 

1991~2007年度において、船橋市葛飾公民館との共催でフォルクローレコンサートを実施。

 

2001年・2002年に、「カリスマ・パンピー」にてNYのライブハウス・CBGB出演。

 

2009年より西船橋スタジオSUNにて単独無伴奏コンサート「El Solitario」を開催、現在まで21回実施。

 

2012年に「コスキン・エン・ハポン」にてTAKUYA&YOSHIOが日本代表に選出(10回目の挑戦)されるとともに、アルゼンチン共和国大使館賞を受ける(アルゼンチン文化を広めた活動に対して)。

 

2013年1月にアルゼンチン・コルドバ州コスキン市で行われた南米有数の音楽祭「コスキン音楽祭」に出演し、スタンディングオベーションを受け、現地メディア、日系人会、現地大使館員より賞賛される。(地上波でアルゼンチン全土に中継【Youtubeで視聴可「DELEGACION JAPON COSQUIN 2013」で検索ください】)

 

2014年より新松戸のライブハウス・Firebirdを拠点に単独無伴奏~ドラム・エレキギターとの即興演奏など幅広い形態で活動し、2015年から3年連続で年60本以上出演するとともに多様なプレイヤーと独自の活動を展開。本音と分析力で構成されたMCでも定評を得る。さらに音楽業界を鋭く分析する同人誌「El Solitario」を現在まで4冊発行する。

 

2017年2月に活動30周年記念ライブ、2018年2月に「情熱クロスオーバーコンサート」を主催・出演(船橋きららホール)。後者は「JCOM船橋習志野・八千代ケーブルテレビ」のニュースにて報道される。

 

2018年4月に毎日新聞千葉県版で紹介され、9月にはCD発売などミュージシャンとして着実に活動中。2018年はライブ本数100本を超える。

 

現在活動中のユニットは、

 

◆TAKUYA&YOSHIO→1992年結成。ギター・ボーカルのTAKUYAと。アルゼンチン・コスキン音楽祭での演奏でスタンディング・オベーションを受ける。コスキン・エン・ハポンのカリスマなどの異名を持つレジェンドチーム(自称)。


◆JOSE+YOSHIO→2010年結成。ギターのJOSE犬伏氏と。JOSE氏は南米や日本での豊富な南米ギターやオリジナルの演奏経験を持つが、このユニットは「アコースティックの限界を超えたハードケーナサウンド」を志向。

◆RADICAL ANDES CONNECTION→2012年結成。チャランゴ鈴木龍氏、パーカス・ボーカルYOKO氏、ギター斎藤真氏・クアトロ際田泰弘氏をメインとしつつ、現在はギター&サンポーニャ酒井「半仁門」亮祐氏・ケーナ一宮彩乃氏・サンポーニャ大豆生田夏子氏・チャランゴ六沢尊子氏も加入。当初はアイリッシュパブ出演用のユニットだが現在はアンデス音楽出身者としての境界往復サウンドや、あえてのマイナーカルナバル系パワフルボリビアサウンド、アルゼンチン歌曲演奏を模索中。

◆YOSHIO ほいさーと俺・YOSHIOと与太夫・YOSHIO ヒラサワと俺→2019年結成。宮原ヒソミネで出会ったパニックスマイルなどで活躍したギター・与太夫氏(保田氏)とYOSHIOの即興ユニット。YOSHIOの即興の中でももっとも音像に拘った「環境にマッチした」演奏が売り物。初ライブは2019年5月に秋葉原Club Goodmanで決行。7月のライブではスチールパンのほいさー氏も加入。8/30のライブではヒラサワ(ドラム)と組んだユニット「YOSHIO ヒラサワと俺」が活動開始。

◆YOSHIO QUENA EXPERIENCE→2014年結成。ドラム米元美彦氏、ギター横沢慶氏と。基本オールインプロビゼーション(即興演奏)の、YOSHIOのユニットの中でもっともバンド的にプロフェッショナルなサウンドを紡ぐ。


◆YOSHIO*龍→2012年結成。チャランゴの鈴木龍氏と。北海道・東北で比較的よく見かけられる。2017年3月の福島県伊達市「すまいるラウンジコンサート」で「コンドルの旋回」演奏が放送される。

◆YOSHIO feat.D-Charango→2017年結成。チャランゴの土手暁氏と。新松戸Firebirdでデビュー、いきなりドブロクや田中雅紀氏の前でウィリアム・センテージャスの曲を演奏。

◆YOSHIOと遊ぼうブラザーズ→2017年結成。ギター・ボーカルの田中雅紀氏、ドラムのディエゴ・カルパッチョ氏、ベースの五十嵐翔平氏と。メインとしては新松戸Firebird限定のユニットだが、田中雅紀氏のフリーなギターワークとあわさったロックテイストのフリーセッションが好評。

 

このほかに、YOSHIO単独無伴奏も多数行っています。

 

……

 

……

 

【過去の演奏レポートなど】※サンプルです

 

2018/6/16(土)YOSHIO祭@新松戸Firebird

 

2018/9/23(日)夜レコ発ライブにJOSE+YOSHIOで出演@新松戸Firebird

 

★演奏依頼に関して=YOSHIO単独無伴奏の場合はなるべく2か月前、ギターなどとの合奏演奏形態の場合3か月前にご依頼ください!
(日程が合えばそれより近くても出演しますので、条件など含めお気軽にお問合せください)

 

★ケーナレッスン、ワークショップなどもお気軽にお問い合わせください。詳細はこちら

 

予約、お問い合わせはお気軽に連絡を。

 

【連絡先】
Twitter@yoshioquena、FACEBOOK=YOSHIO MIZO 
携帯090@5198@3768、vzc05623@nifty.ne.jp

 

 

【お知らせ】
●ケーナを中心としたアドバイザー業務始めました!詳細はこちら

 

…以上の活動へのお問い合わせ、その他YOSHIOへのクレームなどは、YOSHIOのメールアドレスとしてこちらへどうぞ。

 

【SOUNDCLOUD】こちら
YOSHIOと花園distanceのセッション、JOSE+YOSHIO、YOSHIO QUENA EXPERIENCEの音源あります。

 

【演奏動画】※これらはサンプルで、ほかにもYOUTUBEなどにあまたあります!取り急ぎ以下を。

 

★TAKUYA&YOSHIO
アルゼンチン最大の音楽祭・コスキン音楽祭での演奏
こちら(アルゼンチン公共放送TV PUBLICA収録)

 

 

 

| | Comments (6) | TrackBack (1)

2020.02.17

2020年新型コロナウイルス流行状況においての当ブログ発信に関してのご案内【20200217版】

【お知らせ】
2/17のところで、不要不急の外出を控えるよう政府が要請しているとの発信が出ています。(朝日新聞HP)
新型コロナウイルスは、中国の方さえ避ければ大丈夫という当初の(問題があり、なおかつ結果として正しかったかどうかも分かりにくい)認識を超えた展開となり、現状では流行規模および被害状況の予想がつきにくくなっています。
(新型コロナウイルスに関してはこちらを)
このような流行状況、および「不要不急な外出は控える」という国からの発信が出ている状況でライブ告知をするのを問題視される方に謹んでお詫び申し上げますが、演奏イベントを行う店や主催者、さらに出演者にとってライブは「不要不急」ではないので、恐縮ですが現段階において告知は継続します。
告知に何の強制力もありませんのでご容赦下さい。聴きに来られる方が「不要不急」と判断するようでしたら、ご来場を避けるのが当然の流れでしょうし、どうしても聴きたい、ライブに参加したいというお気持ちを「不要不急」で片づけることも、私としては馴染まないところでございます。(ただ「少しでも体調が悪そうであれば無理しない」というのは、出演側・運営側・観客側問わず必要な判断かとは思います)
 
なおイベントの実施自体は企画の主催者ないし店舗に判断権限があるため、出演者としては実施される限りお客様に向けて最善を尽くすことのみであること、合わせてお知らせ申し上げます。
最後に、いつも応援いただきありがとうございます。上記の判断は状況の変化により修正する可能性があることも、事前にお詫びしておきます。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
2020年2月17日 YOSHIO 拝

| | Comments (0)

【久々に百花繚乱に出演】20200217単独無伴奏@巣鴨獅子王

今回は、久々にノイズ中心のイベントですが独自のアトホームさが特徴でもある「百花繚乱」に出演します。

久々に巣鴨獅子王に出られます。

こちらのイベント50回目になるとのことで、立ち会わせていただき光栄です。

こちらでは一味違う演奏になっていますので(そして新松戸FIREBIRD以外で初期から出演させていただいているハコです)、ぜひ遊びに来ていただけますと幸甚です!

 

Yoshio20200217

 

■2/17月曜日「百花繚乱 Vol.50」

adv & door¥2000
+ドリンク¥600


Open 18:30
Start 19:00

(演奏時間25分、転換10分)

① 19:00-19:25
=コヤーノバンド

② 19:35-20:00
=YOSHIO

③ 20:10-20:35
=Aural Fit

④ 20:45-21:10
=鵺魂

⑤ 21:20-21:45
=HMT

⑥ 21:55-22:20
=波流乱満地獄変+Cracksteel

終演後~打上!
アルコール¥400
ソフトドリンク¥300

| | Comments (0)

【久々に百花繚乱に出演】20200217単独無伴奏@巣鴨獅子王

今回は、久々にノイズ中心のイベントですが独自のアトホームさが

特徴でもある「百花繚乱」に出演します。

久々に巣鴨獅子王に出られます。

こちらのイベント50回目になるとのことで、立ち会わせていただき光栄です。

こちらでは一味違う演奏になっていますので

(そして新松戸FIREBIRD以外で初期から出演させていただいているハコです)、

ぜひ遊びに来ていただけますと幸甚です!

 

Yoshio20200217

 

■2/17月曜日「百花繚乱 Vol.50」

adv & door¥2000
+ドリンク¥600


Open 18:30
Start 19:00

(演奏時間25分、転換10分)

① 19:00-19:25
=コヤーノバンド

② 19:35-20:00
=YOSHIO

③ 20:10-20:35
=Aural Fit

④ 20:45-21:10
=鵺魂

⑤ 21:20-21:45
=HMT

⑥ 21:55-22:20
=波流乱満地獄変+Cracksteel

終演後~打上!
アルコール¥400
ソフトドリンク¥300

| | Comments (0)

2020.02.12

【バレンタインになかなかな単独無伴奏】20200214単独無伴奏@稲毛K's DREAM

2/14は私にとって本当に普通に「2・26の12日前」レベルの話なのですが、

稲毛K's Dreamに呼ばれました。

以下ご覧いただくとお分かりのように、ベテランミュージシャン陳列の日となっているようです。

通常ブッキングで呼んでいただいたのは初めてなので、頑張ります!

気が向かれましたら、30分の尺でまったりと満喫しませんか?

 

2/14 FRI 稲毛K’s Dream

ブッキングムードメイカー秋元 presents
バレンタイン イズ ノット デッド!

ツチハシノブユキ
マルパチーノ
2zee
YOSHIO

OPEN 18:30 START 19:00 | adv¥2,000+D doors¥2,000+D
TICKET取扱/K'S DREAM
-------------------------

※下記の内容で本公演を当店のホームページで紹介をしております。

チョコレートを持って来る、きっと来る!

バレンタインデイは企業の戦略か?陰謀か?
それでもこの男達に未来(チャコレート)はやってくるのか?

夢か、幻か、伝説の扉は、今 開かれる

バレンタイン イズ ノット デッド!

-------------------------

OPEN 18:30 START 19:00
adv:¥2000+D doors:¥2500+D

◆SHOW◆19:00 - 19:30 (1) マルパチーノ
19:35 - 20:05 (2) ツチハシノブユキ
20:10 - 20:40 (3) YOSHIO
20:45 - 21:15 (4) 2zee

| | Comments (0)

2020.02.05

有難うございました1【ごりら音楽祭に出演!】20200208単独無伴奏@越谷蔵の音【チケット購入者に特別特典あり!】

最近かなりお世話になっている越谷の音楽居酒屋(といっているが実際はアコースティック系として相当高レベルの音響あり)、

「ごりごりハウス」のオーナー・らぁめんさん主催の「ごりら音楽祭」、

自分もまぜてもらうことになりました。

 

ごりごりハウスと、すぐ隣のイベントスペース・蔵の音のスプリットイベントなのですが、

2/8(土)蔵の音会場のトッパーとして演奏します!

並みいるミュージシャンを観に来ていただければ幸甚です。

 

詳細は画像データをご覧ください。

前売り予約くださった方には、特別に2/9(日)情熱クロスオーバーコンサートvol.3のチケットをプレゼント!

ぜひお気軽にYOSHIO宛に問い合わせください。

→無事演奏してきました。

1、Inti Yacu

2、楽器紹介の流れで少しだけ「アゲハ蝶」

3、朝日の当たる家

4、Yove Male Mome

5、We will Rock You

6、Don Pablo

自分の演奏を聴いてくださった方、音楽祭運営をされていた皆様に深く感謝申し上げます。

翌日コンサートのため早く出なければならず、途中で引き揚げたのが残念でしたが、

シュウジゲンノウズさんや染谷芽衣さん、The Gimletの皆様はじめ多くの方にいじってもらいながら過ごす時間の

楽しい中にもシリアスな雰囲気がいかにも越谷でよかったです。

 

特に印象深かったのが、

・グルパリさん…日本でビートニク的な表現をやっている人としてのすごみを再認識しました

・Eri Liaoさん…ジャズスキルを発揮しつつ、非常な生々しさがさすがでした

 

弾き語りメインのイベントに自分がアジャストしていたがどうかは不明ですが、

今後の演奏の糧になる経験でした。

また越谷でこういうフェスティバルにからめるよう、今後も精進します!

 

(おまけ)

越谷で演奏するときは武蔵野線経由で行くのですが、よく新越谷駅構内の小諸そばに行きます。

2枚もりかきあげ天のせ卵入りをよく食べています。

むさ苦しく食べている小生を見かけたら「今日はライブなんだな」と生ぬるく観察いただければ幸甚です。

 

Yoshio202002081

| | Comments (0)

【Mr.Black主催のハッピーDJイベントにて演奏します!】20200206単独無伴奏@津田沼Mediterraneo

同日、津田沼Mediterraneoが誇るハッピーDJ、Mr.BLACK氏渾身のイベント、Black or White3周年記念イベントに出演します。

同会場のイベントはDJと演奏が織り交ざる特徴がありますが、

この日は教祖仮面・ジャスミン花子というアゲアゲの両氏とともに賑わい創出します。

 

宜しくお願い申し上げます!

 

Yoshio20200206

| | Comments (0)

充実した1日でした!(日記付き)【DJと演奏の複合イベント、かなり珍しいのでぜひ!】20200211Buenissimo !@津田沼Meditteraneo【DJも確定!】

Buenissimotitle_20200205215001 Buenissimotitle_20200205215001

 

Buenissimo!
ケーナ奏者YOSHIOがオーガナイズしている、DJ&ライブイベントです。
Buenissimo!は「超美味しい」という意味のスペイン語をイタリア語風に書いた言葉です。
このイベントはロックと民族音楽という基本テーマにしつつ、DJと生演奏が織り交ざった、とにかく濃く楽しく美味しい感じを目指しています。
今回も個性豊かなDJ&ミュージシャンを迎えたラインアップとなっています。
今回も人生初DJ(民族音楽シーンからの刺客、Radical Vilcabamba System氏と、精力的に活動しているノイズミュージシャンでYOSHIOにビジュアル的に似ていると一部で評判のDJ eifonen氏)を迎えるとともに、南米音楽系DJとしても活動しているK BLACK、ポップ&ロックなDJ、POP弾き語りやケーナ・ハーディガーディーの演奏といった、民族音楽的にもロック的にもとことん濃く楽しい夜になると思っております。

とにかくさまざま、ぶっ飛ぶ音楽が楽しく聴けて飲食できるイベントになると思います。

DJをしないケーナ奏者がオーガナイズする異色のイベントですが、チャージフリーですので、ぜひ気軽に遊びに来ていただけますと幸甚です!

→この日は最も出演者交渉に苦労した日だったのですが、イベント史上最大の盛り上がりとなりました。

「とにかく楽しく」とマニアックさが両立できた日となったので、今後も楽しくいけるように尽力します。

皆様本当に有難うございました!


日時:2/11(火・祝)19:00~23:20
会場:津田沼 B.B.Q rave kitchen Mediterraneo Casa Tsudanuma
(〒2740825 千葉県 船橋市前原西2-1-5)

タイムテーブル
19:00~19:40 Radical Vilcabamba System (ラディカル・ビルカバンバ・システム)→人生初DJ有難うございます。LOS TEKISとインド映画音楽というマニアックな中にもハッピーなつなぎでしたが、LOS TEKISの素晴らしさを強く感じました。
19:40~20:00 【LIVE】ツチハシノブユキ→POPS的な中にごりっとした流石の歌唱、「ロックスター」がベストのパフォーマンスでした。
20:00~20:40 DJ eifonen→人生初DJ,ルーツ音楽をかけてくださいとお願いしたところZARDが半分、WITH DJの踊り歌いというヤバイ展開でした。ラスト「長い夜」でセッションしました。この日の盛り上げトップレベル。
20:40~21:00 【LIVE】YOSHIO→冒頭クールダウンのために 「7 LEGUAS」を演奏する異色の展開でしたが他はいつものように演奏しました。
21:00~21:40 TBA→K BLACK参戦決定!→この日はラウンジ感あるアフリカビートつなぎでした。初期から見るとDJとして出色の進化。
21:40~22:00 【LIVE】鈴木龍(Radical Andes Connection)→ハーディガーディが津田沼で聴けるのは実はここだけかも? 今回も場をドローン感で制圧していました。
22:00~22:40 フゥ・フランク(→)→この日一番ロックな側面を出してくださったナイスDJでした。
22:40~23:20 Mr.BLACK (BLACK or WHITE, GOLDEN BLACK)→このイベントのトリとして、前回につづいてあり得ないぐらいのクイーンつなぎ最高でした。

チャージ無料です!(レストランなので飲食をお願い申し上げます。串焼きはじめ豊富な本格メニューの食事が充実しています

 

おまけ。この日の日記。

明大前マイスペースへ。途中時間がないが「なか卯」で牛丼セット。チェーン牛丼店としてはまっとうさが際立つ(サービスのお茶が水準高い)が、ワンオペで申し訳ない思い。

 

マイスペースでDAIJITO、桑原健一の両氏とホセ犬伏氏のジョイントライブ。フレンドリーなお店(食事や飲み物も良心的)で、野心的なチャランゴコンサート。

桑原健一氏は「ウマウアカ」と「トバス」が、DAIJITOは「牛追い」が素晴らしい演奏。前者は抒情性と勢いの両にらみができる演者の能力(「ウマウアカ」ではギターのアルペジオもやばい)、後者は音やパフォーマンスの存在感に満足。あと「HASTA OTRO DIA」などを盛り込んだラストのワイニョメドレーが、ステーキ用の肉をあらびきで入れたハンバーグレベルの滋味あふれる演奏でこの日のベスト。

出演者コンディショニングも含めて、改善点はあろうかとも思われたが、今後どんどんライブをやっていってより尖って仕上がった演奏も見せていただければと期待できる内容であった。有難うございました! ぜひ対バンしましょう!

あとお客様の多くが私に温かく話しかけていただき、ここ数年の頑張りが実った気持ちに一瞬なる。有難うございました。その一方で、ここ最近フォルクローレ界には珍しい「バンドマンレベルの機動力」を見せている若手グループの中でも目立ってきているN田フレンズのメンバーの方が最前列で演奏を見つめていたのも印象に残った。

終了後ちょっと歓談してから津田沼へ。

| | Comments (0)

2020.01.26

【日曜昼投げ銭気軽来訪熱烈歓迎】20200126単独無伴奏@越谷ごりごりハウス

本日これから越谷ごりごりハウスで単独無伴奏です。

シュウジゲンノウズさん、ヴェロニカヴェロニコさんとお世話になっている対バンの皆様と演奏です。

投げ銭ですのでぜひお気軽に! トッパーとして12:30~演奏します!

Yoshio20200126 Yoshio20200126

| | Comments (0)

2020.01.22

【渋く単独無伴奏】20200122@新松戸FIREBIRD

この日は少数精鋭な弾き語りメインの日です。

トリは弁護士シンガーソングライターとして有名な藤元達哉さん、

私はその前でトリをやります。

この日は普段PAの名手として活動されている斎藤さん(仮名)が

バーカウンターにいるそうです。

 

気が向かれた方、いつもとちょっと違うFIREBIRDの雰囲気を

味わっていただけますと幸甚です。

宜しくお願い申し上げます!

 

1/22(水) 新松戸唄酒場


artist うぉーきー

YOSHIO

藤元達哉

カジハラタカシ

ムラカミロキ


OPEN 18:30 / START 19:00
前売 ¥2,000 / 当日 ¥2,500

 

| | Comments (0)

2020.01.15

【1月早速3連投のラストは越谷】20200117単独無伴奏@越谷easygoings

この日はトッパーで18時に出演です。

面子としてはかなり知り合いでもあり敬意を持っているミュージシャンが多くいます。

 ぶっちゃけこの日はYOSHIOは刺身のツマですが、大箱でいつもと変わらず単独無伴奏をかましているYOSHIOをぜひご覧ください!

 

■1/17(金)

EASYGOINGS おおたに presents

【YNWA! vol.1】

[ACT] パキラ / YOSHIO / Rife on the Lock

さいとうりょうじ / 阿部浩二 / アブクス

 

OPEN/17:30 START/18:00

ADV/¥2000(+1drink) 

DOOR/¥2500(+1drink)

 

| | Comments (0)

【ハード即興ユニットAnderson年始初ライブ】20200116Anderson@秋葉原CLUB GOODMAN

16 <Brains of the New Form>
關伊佐央トリオ / NA/DA / Andersoun / スカルボ / 底なしのバケツのようにざらざら
O/18:30
S/19:00
前/\2,000
当/\2,300

 

この日は2019年に始めた即興ユニット(保田さんex.PANIC SMILEがリーダーです)、Andersonの年始ライブです。

秋葉原CLUB GOODMANは相当ソリッドな雰囲気のライブハウスで、

面子もかなりゴリッとしているためいまだに若干金武町もとい緊張しますが、

一番ハードなYOSHIO(MC少ない)が見られるかと思います。19:40~の出番です。

 

ぜひ!

| | Comments (0)

【2月ぶりにフルメンバー!】20200115YOSHIOと遊ぼうブラザーズ@新松戸Firebird

この日は2月ぶりのフルメンバーによる産業廃棄物レベルの即興セッションユニット=YOSHIOと遊ぼうブラザーズです!

さらにYOSHIOと似ているとライブハウス界隈で評判のカクアゲさんを擁するMinna Taiyoさん、

多くの仲良くさせていただいているミュージシャンの方と対バンです。

 

ぜひ聴いてやっていただけますと幸甚です!

 

1/15(水) 愛こそすべて


artist YOSHIOと遊ぼうブラザーズ(21:20-)

田中雅紀

太田圭二郎

Minna Taiyo

Khoomei KIYOSHI




OPEN 18:00 / START 18:30
前売 ¥2,500 / 当日 ¥3,000

 

 

 

| | Comments (0)

2020.01.03

【謹賀新年】2019年大変お世話になりました。2020年も宜しくお願い申し上げます

ブログをご覧いただき誠に有難うございます。

2019年はおかげさまで145本のライブに出演させていただくことができました。

これもひとえに誘ってくださる皆様、対バンの皆様、周囲の皆様、音楽的な仲間たち、そしてお客様のご厚情あってこそと痛感しております。

本当に有難うございました。

個人的にも、もちろん反省点や要改善点は多々ございますが、穴を開けずに演奏しきれた点、いくつかのライブで自己ベストを叩き出せたところ、リフレッシュ方法の確立などに成果を感じております。

 

もちろんこの成果とやらも今後につなげてこそでございます。

皆様のくださったチャンスやご高配に少しでも応えるべく、2020年は1本1本のライブの熱量をさらに上げて、本数では及ばないにしても

存在感や音楽性をさらに上げていくべく、年齢を顧みないチャレンジを続けていきたいと思います。

 

また2019年、生涯最大数のライブを行ったため身体的・肉体的な燃え尽き症候群なども懸念していましたが、

そんなことは全くなく、むしろ新松戸Firebirdの年越しイベントなどの様子を見て、

自分がまだまだであることを痛感し、奮闘を誓っております。

2020年は、どこかで年越しイベントに出るチャンスがもしあればぜひ生かしたいと思っています。

なにより、年越しイベントが有意義なものとなるように、ことし1年また頑張ります。

 

2020年も、さすらえるケーナ奏者の悪あがきにぜひお付き合いくださいますよう、重ねてお願い申し上げます。

2020年1月3日 ケーナ奏者YOSHIO 謹拝

 

追伸1:年末年始は不在にしておりましたが、その様子はSNS(FACEBOOK、TWITTER、INSTAGRAM)にて断片的に報告いたしますので、気が向かれましたらご笑覧いただけますと幸甚です。

追伸2:初夢は「某ブッカーに商業演劇の準主役のブッキングをされ、出演が無理で『出たいって言ってないですよね』と反論したところで目が覚める」というフロイト的解釈を許さない代物でした。これが何を意味するかは不明ですが、まずは音楽的に精進し、某ブッカーから何らかのオファーを貰えるように尽力します。

 

 

| | Comments (0)

2019.12.11

【2019年師走に新宿にてこっそり演奏!】20191211単独無伴奏@西武新宿・ロックンロール以外はすべて嘘

12/11(水)新宿ロックンロール以外は全部嘘 にてYOSHIO初登場です!

最近ご一緒する(含む踊り)ことが多いツチハシノブユキさんのイベントに

呼んでいただけることとなりました。

ぎりぎりまで予約待ってます!

 

…メンバーを見るとかなり新松戸的(シーンで若干通用しつつある概念)な濃さがありますので、

いわゆるライブハウスになじめない人でもイケる楽しさがあるかと思います。

 

師走に恐縮ですがぜひ遊びに来ていただけますと幸甚です!

YOSHIOを新宿で見られるのはそうはないです。

 

19:00/19:30
¥2,000(D別)

≪出演≫

ツチハシノブユキ


アコースティックポエマー
沼田謙二朗

オペラ魔人
道太郎

世界的ケーナ奏者
YOSHIO(2055~2125)

廃業詐欺バンド
ザ☆シンプルズ

踊らされるな、踊れ。

| | Comments (0)

2019.12.07

【皆様有難うございました! 無事終了しました。3回目決行!ケーナ奏者YOSHIO企画の船橋コンサート演奏動画リンクもあり】20200209情熱クロスオーバーコンサート@船橋きららホール

202002091

→こちらのコンサートですが、前年より若干少ない程度ですが、なんのタイアップも営業活動もできていない状況で、自分としては想定以上の多くのお客様にお越しいただき、つつがなく終了いたしました!(来年は営業活動をもっとちゃんとやるようにします)

こんな「東京近郊在住、地元に教室も持っていない孤狼ケーナ奏者が事実上主催する謎イベント」にお出でくださいました皆様に、いくら感謝してもし足りません。本当に有難うございました!

またこのコンサートは、YOSHIOの人望不足により、数少ない仲間に手作りという名のもと演奏のかたわら仕事をしてもらうことで成り立っているイベントです。

演奏者が一切合切の運営も行いお客様にもご不便な点がおそらくあるであろうという大変な手作りイベントですが、お客様と出演者の一体感がすごいイベントに今年もなっていたことに感謝し、来年以降も、楽しく(改善すべきところは改善して)行いたいと思います。

また第1回からPAを担当くださっている斎藤様(新松戸FIREBIRD)にも厚く御礼申し上げます。バンドサウンドもフォルクローレも、というわがままを貫けているのは、両方に経験のある氏の功績が大きいです。さらにこのイベントをいつも応援くださっている新松戸FIREBIRDにも篤く御礼申し上げます。

さらに、このイベントに対して立場として可能な範囲で支援をくださっているきららホールの皆様にも、御礼申し上げます。

最後に曲目リストを掲載しておきます。来年は2/23(祝)午後実施が確定しています。ぜひ皆様、遊びに来てみませんか?

毎回毎回違う雰囲気になりますので、ぜひご期待ください!

 

2020年2月11日 YOSHIO 拝

 

●JOSE+YOSHIO13:4514:05〉→ライブハウスシーンで強いユニットですが、このようなホールだとギターの音がまた一段と響き、違った魅力を表現できたのではないかと。

 

朝日の当たる家 House of the Rising Sun(アメリカ民謡)

 

スリキ Suriqui (ビクトル・フェレル)

 

春夏秋冬 (JOSE+YOSHIO

 

チャラグア Charagua (ビクトル・ハラ)

 

●桑原健一(共演:ホセ犬伏)〈14:1014:30〉→チャランゴソロでステージングも映え、技術や曲想も文句なしという一粒で3度おいしいステージでした。ゲストですがイベント全体の雰囲気づくりもしてくださり感謝しています。最後の「牛追い」は10年以上ぶりのセッション!(仙台「春チャラ」打ち上げ以来)

 

Apertura (桑原健一)

 

君のためのクエッカ Cueca para ti (桑原健一)

 

無題 (トバスのリズムによる) Tobas (桑原健一)

 

牛追い El Arriero (マウロ・ヌニェス)

 

Radical Andes Connection14:35-14:55〉→今回から、YOSHIOというよりもメンバーそれぞれの魅力で勝負する度合いが増してそれがいい結果につながったかと思います。演目を見るとかなりアルゼンチンコスキン音楽祭で行けそうな感じ…。

 

はるか彼方の歌 Cancion de Lejos(アルマンド・ゴメス、セザール・イセリャ)

 

苦悩の河 Rio de las Penas(グスタボ・サンタオラージャ)

 

コンドルは飛んで行く El Condor Pasa (ダニエル・アロミアス・ロブレス)

 

生き残る Sobreviviendo (ビクトル・エレディア)

 

YOSHIO QUENA EXPERIENCE15:0515:25〉→2年ぶりのセッションでしたが、自在の共演者とともに駆け引きしながらのセッションを満喫しました。「時間が短かった」という感想は非常に嬉しかったです。

 

DREAM 18 (YOSHIO QUENA EXPERIENCE ※フリーセッション

 

Rio de 半仁門〈15:3015:45〉→2019年のアンケート首位の魅力が伝わる、楽しさに振ったステージング。このイベントの持つ側面をうまく強調してくれました。

 

インカ帝国立ニャンコ小学校校歌 (詞:ñandes  曲:半仁門)

 

ラ・バンバ La Bamba (メキシコ民謡   Los Lobos トリビュート)

 

弾き鳴らしのワイニョ (半仁門)

 

金曜日のタキラリ (半仁門)

 

コーヒールンバ Moliendo Café(日本語詞:中沢清二 曲:ウーゴ・ブランコ)

 

TAKUYA&YOSHIO→実は同イベントのホストチーム。それなりに毎年違うカラーを出すようにしています(特に前半)が、さらに精進します。「平和に生きる権利」をどうしてもやりたかったので、やれてよかったです。

 

インカへの讃歌 Himno al Inca (ウニャ・ラモス)

 

平和に生きる権利 El Derecho de Vivir en Paz (ビクトル・ハラ)

 

マゴット・ブレイン Maggot Brain (ジョージ・クリントン、エディ・ヘイゼル)

 

山から来た男 (TAKUYA&YOSHIO

 

●フィナーレ(全員で演奏)サン・ベニート San Benito (ボリビア民謡)

●アンコール 花祭り El Humahuaqueño (エドムンド・サルディバル)

 

 

 

船橋情熱音楽振興会主催・船橋在住ケーナ奏者YOSHIO企画

「情熱クロスオーバーコンサート vol.3」

2020/2/9(日)13:30開場、13:45開演(~16:15終了予定)※13:00以降にお越しいただければ物販や動画などを見ていただけます

於:船橋市・きららホール

(千葉県船橋市本町1-3-1フェイスビル6階、JR・京成・東武船橋駅直結)

出演者:(順不同)

  • TAKUYA&YOSHIO(アルゼンチン音楽フェス出場歴ありのフォルクローレ界のレジェンドデュオ)

   TAKUYAYOSHIO

  • JOSEYOSHIO(ライブハウスが主戦場、スーパーハードフォルクローレデュオ)

   ホセ犬伏・YOSHIO

  • 桑原健一(ワイラハポナンデスでも活躍、ボリビア在住歴10年チャランゴ奏者)

   桑原健一・ホセ犬伏

  • Radical Andes ConnectionYOSHIOが率いる多様性南米音楽ベースのユニット)

   YOSHIO・鈴木龍・酒井亮祐・YOKOayanonatsuko・六沢尊子

  • Rio de 半仁門(フォルクローレ界ほぼ唯一のワンマンバンド、ショーマンシップ十分、前回アンケート首位)

   Rio de 半仁門

  • YOSHIO QUENA EXPERIENCE(バンド編成でプロフェッショナルなケーナ即興)

   YOSHIO・米元美彦・横沢慶

入場料:1000(全席自由席)

予約はYOSHIO、あるいは各出演者へ

 (※YOSHIO以外の出演者への予約は2/7(金)までにお願い申し上げます)

予約・お問い合わせ:YOSHIOメール、090-5198-3768)

FACEBOOKYoshio Mizo)、twitter@yoshioquena)、LINEyoshioquena)での連絡も歓迎します!

【これだけはお伝えしたい】

熱いヤバイ間違いない、それでいてほっとする要素もある、「ジャンルを認識しながら、ジャンルを乗り越える」音楽が聴けるイベントです。

お客様にとって快適な環境でなるべく楽しく激しいコンサートをしたいという、世界でもまれな「ロック系ライブハウスで鍛えられえた」ケーナ奏者YOSHIOならではの内容・雰囲気となっています。

じつは毎回出ているガチフォルクローレの名手枠では、ボリビアでの活躍後日本でも活躍中の桑原健一氏が登場!

さらに今回はライブハウスで結成されたプロフェッショナル即興ユニット「YOSHIO QUENA EXPERIENCE」がYOSHIO30周年イベント以来久々の船橋きららホール登場、前回より短めですがぜひご来場ください!

202002092

 

| | Comments (0)

2019.11.30

【50歳記念イベント】20191203YOSHIO Birthday Live@新松戸Firebird

皆様、ぜひお越しください! 

誕生日イベントにありがちな忖度一切なし、完全にすごい競演者が潰しにくるイベントです。

日本のインディーパフォーマンスシーンも体感できます。ぜひ!

 

大学院生まで割引あり。予約や詳細はこちらまで!

 

なお予約いただいた方には、2/9の情熱クロスオーバーコンサートのチケットプレゼント!

 

12/3(火)
YOSHIO 50th BIRTHDAY LIVE


artist

YOSHIO with Radical Andes Connection

飯田華子

Haruka

エルコ将軍

道太郎(ORIF)

蜂鳥あみ太=4号with大須賀聡(gt)

燐-Lin-

【司会】YOSHIO


OPEN 17:30 / START 18:00
前売 ¥3,000 / 当日 ¥3,500

| | Comments (0)

2019.11.24

皆様ありがとうございました!【勝負イベント】20191124JOSE+YOSHIO@新松戸Firebird「GOTTA!」

 

新松戸Firebirdが誇るスプリットイベント、「GOTTA!」に2回連続2回目の出場をJOSE+YOSHIOでさせていただきます。

正直インディー界でのビッグネーム、Firebirdのいわゆる一軍レベルが入り乱れるイベントなので、

JOSE+YOSHIOは必死で食らいつくだけなのですが、

今回一番小さいスタジオRという会場において、前が性闘士★準矢さん、後ろが大トリの蜂鳥あみ太さんというエグイポジションに放り込まれました。

ここであえて新曲や新レパートリーを多数ブっこみ、今までとまた違うJOSE+YOSHIOを見せます聞かせますのでぜひ!

フォルクな皆さんが思っているよりガチフォルクもやるけどJOSE+YOSHIOの姿勢を明確にして爪痕残します!

 

→以下の曲を演奏しました。

1、House of the Rising Sun 朝日のあたる家

2、Zuriki スリキ

3、Sauce Alegre 陽気な柳

4、穴を開ける

5、Boqueron Abandonado 忘れられた駐屯地

6、泊まり込み

7、春夏秋冬

8、Charagua チャラグア

(日本語のみの題曲はすべてJOSE+YOSHIO作曲)

…会場に多くの方がお越しくださり、最後まで聞いてくださったことに深く深く感謝申し上げます。

また酸素吸入の早期投入のおかげか、昨年よりもさらに音を出し切ることはできたかな、と甘目の自己評価をしています。

熱く演奏できたこと、JOSE氏のギターのさらなるパワーアップもあって5のような曲で望外の好評があったことなどは本当にお客様、対バンの皆様、GOTTA!企画運営(こんな大規模なイベントで企画から物販まで細かいところまで目配りされていて、本当に恐縮です。音響一つとってもスタジオライブなのにノーストレスでした。みなさんに大感謝ですが、特にYOSHIOマニアのKさん多謝!)の皆様のおかげです。

本当に有難うございました!

ほとんどRスタジオしか見られなかったのですが、凄いパフォーマンスに圧倒され続けて勉強になりました。精進します!

 

…以下は少々反省です。

「来年も出たい!」というのが素直な気持ちですが、素直にそれを言うためにはさらなる(JOSE+YOSHIOではなく、YOSHIO自身の)バージョンアップが必要であることを、ステージを見たり控室や会場で話をさせていただく中でとことん痛感しました。

正直ノーマークでやるだけだった昨年に比べての、ひょっとすると一定の期待を受けての今年のパフォーマンスと考えると、自分にはまだまだ乗り越える壁があるという体感をするのは厳しいことでもありますが、むちゃくちゃ有意義でございました。

来年このステージに立つために、また頑張ります。少しでも楽しみに来てくださる人にさらに楽しんでもらえるよう全力を尽くしますので、何卒宜しくお願い申し上げます!(スーパードラマーの大西さんと話させていただいて重大なヒントを得ました。有難うございました! これからの超変革のポイントはやはり単独無伴奏)

 

……以上いい年ぶっこいてエモな書き込み(こう書くと「プロ野球を10倍楽しく見る方法」の江本氏と連想してしまうのがかなりの昭和野球マニア臭)で恐縮です。

とにかく2年連続でこのイベントの一翼に食い込めたことが本当に嬉しいです。来年出れたら、フォルクローレ出身(とかいうと「お前にフォルクローレ代表面されるいわれはない」とか言われそうですが)パフォーマーとしてより多くのインパクトを与えられるようなステージを、JOSE+YOSHIOでできればと念じています。皆様ありがとうございました!

(おまけですが、性闘士★準矢さんのステージで最後一緒に踊りました。ありがとうございます! あと蜂鳥あみ太さんにはMCで殺されました。これまたありがとうございます! さらにさらに多くの出演者・お客様のみなさまと接したことで、また一歩成長できたように思います)

 

(どうでもいい話)

終了後帰宅(いつもより若干早く帰りました)時までは普通だったのですが、帰宅と同時に寝落ちしました。着替えようにも動けないレベルの疲労も久しぶりですが、翌朝起きたら右脚内側に謎の裂傷が…。いつついたのか不明ですが、GOTTA!恐るべしです。

 

 

(おまけ)よく「数少ない本物の音楽家」というキャッチを見かけますが、凄いアーティスト・素晴らしいミュージシャンは

自分が知らないところにも多数いて、自分が知っているところにも多数いるという慎み的認識を持つべきだと思います。

(数少ないホンモノ、という言い方は、その表現を使う人の「選び抜いた」という姿勢のあらわれよりも、逆にその人の視野および志向の狭量さを示すような気がします)

 

今回の音楽イベントでは、ホンモノかどうかはともかく、とにかく凄い、ゴイスーな人たちが多数出ます。

ぜひ皆様のホンモノを探しに来ていただければ幸甚です。→想定以上に飛んでもない人揃いでした。このイベントはヤバいです。

 

Josyoshio201911242 Joseyoshio201911241

 

| | Comments (0)

2019.11.23

【山梨県で演奏します】YOSHIO ヒラサワと俺@山梨県身延町晴家村キャンプ場

晴家村キャンプ場というところで行われるイベントで、即興ユニットにて演奏します!

 

15時から最大1時間ということです。宜しくお願い申し上げます!

 

光臨 vol.9
光臨~CALL'IN~It gathers and carries out here and celebrates advent of God by prayer of the soul by persons' sound and dance.

The charge on the day is 3000 援

You are free to bring your own food and drink as well as setting up stalls.

Parking is limited to 30 cars. 

We are most grateful to those who contribute to the festival and Hallelujah!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
=dj=
ボン☆シャン☆カール
すごいよ‼マサルさん  
DJ KAZYA
KGee
sugiryo


=live=
スペースマンダラ
aka-jam+Rumi
YOSHIOとヒラサワと俺
jivatman
ハレルヤ楽団+KGee
the daleks
Pranetarium

=vj=
vjKOTA

=Spacial Guest=
D r.A.SEVEN


=Fireperformance=
池田美鳥

変幻(HENGEN)
Eros & Psychedelic Performer

=DECO=
PSYCHE4

=PHOTO=
Macoto Fukuda

=FOOD=
晴家(drinks&foods)
坂本屋(大阪風お好み焼き)
NAYAPAYA(キノコうどん)


=WORK SHOP=
まんだらやてんてん(点描曼荼羅体験)
yggpranks(ひょうたんランプ作り)


=Web flyer=
ZERO

=staging=
足柄ステージ

Sound design:岡崎久麻
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

Fee 3000援(15歳以下無料)
※クラウドファンディング支援者は無料です

前日宿泊(テント)無料
翌日昼まで居残り(テント)無料
古民家宿泊1泊(雑魚寝、寝袋持参)1000援
※古民家雑魚寝は予約のみ

 

「「「「「「「「「

光臨タイムテーブル

23日土曜日 前夜祭
15:00〜16:00 YOSHIO ヒラサワと俺
16:00〜17:00 sugiryo
17:30〜18:30 D r.A.SEVEN
19:00〜19:40 晴家楽団+KGee
20:00〜21:00 Pranetarium
21:30〜22:30 スペースマンダラ
23:00〜24:00 jivatman
24:00〜25:00 KGee

24日日曜日 光臨
9:00〜10:00 ボン☆シャン☆カール
10:00〜11:00 sugoiyo!masarusan
11:00〜12:00 KAZUYA
12:30〜13:30 aka-jam+Rumi
13:30〜14:30 the daleks

| | Comments (0)

2019.11.20

【有意義に演奏しました!稲毛に今年2回目の出演】単独無伴奏@稲毛K’s Dream

稲毛K's Dream24周年イベントに呼んでいただきました!

持ち時間10分ですがインパクトのある演奏をできればと思います。

(いい課題をもらった気分です)

宜しければぜひ遊びに来ていただければ幸いです!

 

→この日は以下の曲を演奏しました。10分を超え申し訳ございません。

1、S'acha Mayu(森と川)

2、Yove Male Mome

3、インカ皇帝名絶叫~We will Rock You

…MCはどちゃくそ滑りましたが、1で思ったよりアイキャッチできたこともあり、前回より手ごたえがありました。PAで迫力を出してくださったことに深く感謝します。

最近ケーナを聞いて楽器として興味を持ってくださる方(材質や構造など)が出てくださり一応業界のはしくれとして嬉しいです。

この日は周年イベントということで、基本はレギュラーでK’sに出演されている方の中なのである意味自分が出るのは申し訳ございませんでしたが、

さすがにこれまでの活動でお目にかかっていた方もいらっしゃる中で初めての方とも話せるようになっていて、多少なじめたような気がします。

秋元様呼んでいただいて有難うございました&K'sの皆様今後も宜しくお願い申し上げます!

 

(食事日記的に)

この日は入り時間~スタートまでの間に、「kicthen GOLD」に行きました。カフェタイム曜日限定でパスタが半額になっており、期待せずに頼んだら想定よりももちもち感のある麺で手作り的な味とともに食べごたえがありました。

客筋はバンドマンには優しくなさげでしたが接客もよく推薦できます。カード利用可。

あと長丁場のイベントだったので空腹時用にY'sマートのおにぎり(高いが食べごたえあり。トリそぼろや高菜たくあんを推奨)を用意しておきました。

 

 

20 WED 

 

 

ブッキングムードメイカー秋元 presents
稲毛K's Dream 24th anniversary
稲毛K's Dream vs 24 K’s Dreamers!

 

 

 

 


世界のユイ様(the Swiss Porno)
遠藤翔太(クロエ)
古木衆
今井宏路(カタルカルタ)
takashiishiwata(camellia)
コイデアツヒト(クジリ)
古澤正弘(full full full)
YOSHIO(ケーナ独奏)
飛松沙音(The Perfect)
名雪真司(RESTART)
ヨッチン(GOD LIKE CORD)
ツチハシノブユキ
マルパチーノ(ブロッケンマニア)
ジョージ((in your) LAST SUNSET)
MIYA-MAN
鶴田智之(ザ スーパースターズ)
俵良次
林イッペー(RotL)
清古竜也(weakness)
マルヤマヒロシ
寺田(BYE BYE NEGATIVES)
2zee
SACHIO
草場敬普(In the Soup)

 

 

今年もやって参りました!
稲毛K’s Dream名物!「K’s Dreamers!!」
まさに当店の周年を祝ってくれるアベンジャーズです!

周年の数だけ出演者を募って開催する本イベント!

みなさんも一緒にお祝いをお願い致します!

 

OPEN 16:00 START 16:25 |

 

adv¥2,000+D doors¥2,500+D

TICKET取扱/K'S DREAM    

| | Comments (0)

2019.11.17

【ポーランドから来たアンビエント系プログレッシブユニットと対バンでした】20191118単独無伴奏@宮原ヒソミネ

宮原ヒソミネに出演ですが、今回はVojto Monteurというアメリカ→ポーランドのユニットと対バンです。

可能な範囲で英語のMCも久々にやりますので、ケーナを聴きながら英語を聞くシュールな

ステージを満喫されたい方ぜひ! 1950~の出演です。

Yoshio191118

→Vojto Monteurさんは、かなり繊細な(ギターの複数個所にピエゾを仕込むなど)音作りをする方でした。

ポーランドから来たとのことですが、英語で話していただけました。

 

この日は、かなりお客様にアクセスされながらも別世界を見せるタイプの演奏を繰り広げた崎元さん、アジアの田舎の雰囲気を出すルーパーサウンドが魅力的だった3TSUARUさん、バカテクでシンプルなギター&歌を展開されていたトムヤム君さんなど、かなり魅力的な競演者の方々と仲良くなれてよかったです。ヒソミネのこういう雰囲気はかなり好きです。店長はじめ皆様有難うございます!

自分の演奏は、もっとやれた感はありますが評価いただけ幸いでした。いつもと曲目は少々替えましたが、2013年コスキン音楽祭の動画は流しました。

 

1、こだま El Eco

2、太陽ぬウーミトゥイ(ティダヌウーミトゥイ・太陽の死)(YOSHIO作曲)

3、Yove Male Mome

4、We will Rock You

5、El Antigal

 

(おまけ)一部の出演者の方々に「今日は何のユニットで出るのですか?」と初対面で言われました。どうもKアゲさんと間違えられていたもようです。

| | Comments (0)

«【コスキンインフォメーションセンター関連】20191117新橋で会議やります