« December 2006 | Main | February 2007 »

2007.01.28

1/21-の日記

●1/21(日)
昼は炊き込みご飯。16:00から練習、その後「精養軒 the kicthen」でチーズパスタ、サラダなど。
帰宅後炊き込みご飯、あじの干物、おひたし、蓮根と根三つ葉の炒め物、わかめ汁。

●1/22(月)
昼は「CENTO ANNI」、鶏胸肉のクリームソースつきグリル。
夜は鮭と納豆と味噌汁と蓮根のベーコンいため。

●1/23(火)
昼は「エル・パティオ」で牛ヒレ肉のマスタードソース。美味だが量が少なすぎるか。
夜は活け〆ブリの塩焼き、卵ともやしの炒め物、ほうれん草の味噌汁。

●1/24(水)
昼はナカムラヤのしいたけはさみメンチなどの弁当とポテトサラダ。ポテトサラダが甘すぎ。
夜はVICTORIAN PUB THE ROSE&CROWN ザ ローズアンドクラウン 秋葉原店( JR秋葉原駅電気街口 徒歩1分  TEL 03-3526-3038)で友人と飲み。ビールが想像より種類少ないが近隣では使える方。フィッシュ&チップスはもう少し酢が効いているとなおよいのだが。

●1/25(木)
昼は「夢吟坊」( 京都渋谷区道玄坂1-12-3 マークシティEAST 2FTel:03-5458-5970)でかきあげうどん。うどんは腰にかけ木屋に劣る。汁は抵抗がなさすぎて美味だがやばい感じ。掻き揚げは暴力的で個人的にはよいが一般的には厳しいかも。ボリュームがあった分だけ事前よりは評価高いが、やむを得ず行くにはよいレベルの店。

夕方研修。夜は居酒屋で研修の続きでこちらのほうが疲労。帰宅後タラコパスタ。

●1/26(金)
昼は「GOLD RUSH」。机上にちびのゴキブリが。いるのはやむを得ないが、店員に指摘しても「それが何か?」水準の意識だと今後は厳しい。
夜はカップラーメンと高菜にぎり。

●1/27(土)
朝はレトルトの粥とヨーグルトなど。
「船橋グリーンハイツ」で会場チェック&打ち合わせ。船橋バスに乗るが、船橋の風景のダイナミックさを思い知るというか再認識する。特に崩れかかった工場やら枯れ草に覆われた谷津と切り通しっぽい地面のコントラストと広がる空の景色。

打ち合わせは2時間ほど。お茶菓子などをいただきながら、和やかに進行。

15:50頃出る船橋バスで帰宅。独立系で380円の水準をはるかに越えるカレー店「アッサム」で小腹を満たしてから買い物など。
Dscf0482


夜は北辰寿司の赤貝・イカ・ホタテ・えびが3カンずつで半額計780円。激ウマ。ただし北辰水産は最近店員の態度が悪い。
ブリあらの煮付け、ほうれん草、ひじきと味噌汁。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2/18コンサートの件です

以下のようになります。

●2/18 船橋グリーンハイツ「みどりだいコンサート」

出演者:Bastante、Takuya&Yoshio、福田大治 Daijito
主催:緑台町会(船橋市・船橋グリーンハイツの町内会)
開演:13:30 開場13:00
場所:船橋グリーンハイツ集会場(JR船橋駅から船橋バス〔1番乗り場〕25分、「船橋グリーンハイツ中央」バス停から徒歩すぐ、スーパー「リブレ京成」2階)
入場料:無料
※船橋グリーンハイツにお住まいの方は緑台町会で2/1から配布される整理券を受領の上来場ください。それ以外の方は、事前に出演者ないしyoshiomizo@hotmail.com〔Yoshio〕あてにご連絡の上、ご来場の際に出演者にお声かけくださいますようお願い申し上げます。基本的には緑台町会の主催行事ですので、船橋グリーンハイツ居住の方向けイベントとなります。ご連絡をいただけていない場合、入場をお断りする可能性がございますことをお詫び申し上げます。

なお各チーム5曲ないし6曲+フィナーレ2曲となります。

※ボランティアスタッフ募集!
今回のコンサートを聴きがてら手伝ってみたい!という奇特な方がいらっしゃるようでしたらぜひYOSHIO宛〔yoshiomizo@hotmail.com〕にご一報ください。お昼を提供する程度のことしかできませんが、お待ち申し上げております。

〔以下出演者の方向けに〕
会場の写真をUPしておきます。だいたい横3メートル×後ろ7メートル程度です。見学時にはバレエのレッスンをしていたため、写真をあまり撮れず申し訳ございません。鏡とバーがありますので演奏時使うようでしたら使ってください。
Dscf0475

会場の奥の右、左、中ほどの左に電源があります。
Dscf0472
Dscf0473
Dscf0476

スピーカー(2台・YAMAHA S115Ⅳ)・PA台(Emx860ST)はありました。仕様書を入手してきました。(現物はしまっているとのことで、スピーカーについてはなんとか出してみたものの写真を撮れませんでした)
ケーブルは、屋外での夏祭り時に使用するものが相当数あるもようです。

スピーカーのみ事前に会場にセッティングしてもらい、PAも予備としておいて置いてもらうことと現在しています。PA台は持参のものでセッティングしたほうがよいでしょう。マイクはワイヤレスぐらいしか使い物にならなさそうでした。

詳細は後日報告相談いたします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.01.22

07/1/21の練習など

16:00~18:00までスタジオサンAスタ、前半は個人練習、後半は伴奏者とともに「Recuerdos」「カルナバル・グランデ」などを。「De Regreso」にトライしようとする。CDを借りる。

終了後は打ち合わせ。2/18の会場をデジカメで撮影することなどを決定する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.21

2/18コンサートやります!

船橋市内にある団地、「船橋グリーンハイツ 緑台町会」主催のイベントとして、フォルクローレコンサートを実施することとなりました。
「船橋グリーンハイツ 集会場」(スーパーリブレ京成 2階)で13:30より実施します。船橋駅からバス20分ぐらいのところです。

出場メンバーは以下のとおりです。以下の文面はちらしに使う予定のものなので「何をいまさら」的なことも書いてあります)
1、出演者
●BASTANTE
(10年以上のキャリアをもつ演奏経験豊富なアマチュアで結成されたチーム、4人組でケーナ・サンポーニャなどを使って楽しいフォルクローレを演奏=メンバーに市川市在住の方がいます)
●Takuya&Yoshio
(船橋市葛飾公民館で16年連続コンサート実施〔うち15年は公民館主催・共催〕、100チーム以上が出演する全国最大フォルクローレイベント「コスキン・エン・ハポン」が実施される福島県川俣町の広報紙で「ユニークなキャラクターで人気」と紹介されるなど全国規模の知名度を持つケーナとギターのデュオ。メンバー・Yoshioは船橋市出身、本町在住)
〔ゲスト〕
●福田大治 DAIJITO
(ボリビアはじめ中南米各地で豊富な演奏活動歴を持つ、チャランゴを主に演奏するプロ。2001年にはボリビア共和国政府より現役一流奏者だけに与えられる「コンサート演奏家ディプロマ」を授与されています。2005年CD「チャランゴ巡礼」をリリース。1/13には築地・キューバンカフェでビブラビトリオとのセッション、2/3には、船橋・きららホールでのエルネスト・カブールコンサートでギターを務めたフォルクローレギタリスト木下尊惇氏らとともに東京八重洲・ブリジストン美術館のコンサートに出演するなど積極的に活動中。今回はギター伴奏者とともに出演します。柏市在住)

2、フォルクローレ(FOLKLORE)とは
フォルクローレとは、もともとは「民間伝承」を示す「フォークロア」という語が変化したもの。日本においては、いわゆるラテン・サウンドやブラジル・サンバ、アルゼンチン・タンゴなどの既存のジャンル以外の南米民俗音楽として1970年代にブームとなったケーナや歌を中心とした、ペルー・ボリビア・アルゼンチン・エクアドルなどアンデス地方の色の濃いサウンドを指して「フォルクローレ」と呼ぶ。哀愁を持つ旋律などが特徴的だが、各地域・時代により多様な形式・表現方法を有する。楽器も多様であるが、有名なところではケーナ(尺八と同様の形態を持つ管楽器)、サンポーニャ(シークともいう。パンフルートと同系の楽器)、チャランゴ(5コース10弦の弦楽器)などが特徴的。
船橋では2006年10月に、本町・きららホールでチャランゴの巨匠エルネスト・カブールのコンサート(共演は日本人フォルクローレ奏者として現地でも著名な木下尊惇氏)が行われ好評を博した。

3、今回のコンサートへの意気込み
今回のお話を頂戴して、船橋にこだわって演奏活動をしてきた者として大変喜んでおります。そこで、「東京でもラパスでも通用する水準のライブを船橋で行う」という目標を掲げて取り組んでおります。もちろん、音楽の魅力が初めての方により伝わるようにいろいろなご案内や工夫を行いますので、お気軽にご来場ください。
意気込みとしては、地域のかたがたにフォルクローレを感じていただくということも当然ありますが、「皆さんの近所にこんなに本気で南米由来の音楽をやっている人がいます!」ということが伝わればいいなあと思っています。さらに、フォルクローレという音楽をきっかけとして、南米のもつ奥深さに触れていただくきっかけを作れればとも願っております。よろしくお願い申し上げます。

4、演奏予定曲目
「コンドルは飛んでゆく」「花祭り」はじめ、ポピュラーな曲から日本ではあまり知られていない曲まで、ボリビア・ペルー・アルゼンチンの曲を中心に16曲程度を予定しています。

詳細が決まり次第適宜報告いたします。お問い合わせなどもお待ちしております。
主催の方にも確認を取りますが、ご希望の方にはなるべく見ていただけるようにしようと考えています。

07/1/20 YOSHIO 拝

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.19

1/7-20の日記

●1/7(日)
昼寝坊して、おにぎり1個をホームで食べる。
Sign〔 (外苑前 - カフェ). 5474-5040. 北青山2-7-18山崎ビル1F 営業時間:8:30am-midnight 定休日:なし〕で韓国から来た知人と宝塚関連の話。このカフェはケーキがうまいが接客はいまひとつ。

終了後「ホープ軒」でもやしラーメン。汁まで飲み干したところ水腹になる。
夜は雑煮と弁当。

●1/8(月)
仕事始め。まだ店はあまりやっておらず、スープカレーの「心」なる店に入るがスープにうまみゼロ、野菜は水っぽいだけと最悪。これで1000円近く取ってくるのだから開いた口が塞がらない。「カリー番長」とかの推薦も雑誌取材成果などと同様にこれみよがしに店内に表示してあったが、グルメメディアの馬鹿多すぎ。
夜は鮭とごはん。

●1/9(火)
昼は「エル・パティオ」でビーフストロガノフ。
夜はカレーと鮭。

●1/10(水)
朝はたらこパスタに賞味切れの韓国海苔を1パックまるまるぶっかけて麺を埋もれさせて食べる。
昼は「アユンテラス」、いつもの肉野菜炒めのパートがイカ+白菜になっていてコクいまひとつ。
夜はカレーとメンチカツ。

●1/11(木)
朝は雑煮、昼にメロンパン。夜「錦」でレバニラ炒め+餃子。
帰宅時に「タリーズ 水道橋白山通り店」で本日のコーヒーグランデ→ネットカフェ「遊坊主」(安い割りに客少なく落ち着く。作業目的の利用にも便利)。このパターンはここ1年コンスタントに週1~2回。
渋谷がどうにもなじめず、神保町もイケてない店が多いのでつい水道橋に、という予備校生のようなメンタリティ。

●1/12(金)
朝は残りのカレー。
昼は「CENTO ANNI」で。サーブ順を後回しにされるが、チキンローストが美味であったので許容。
夜は野菜炒めとけんちん汁。

●1/13(土)
昼はけんちん汁と納豆ご飯とタラコパスタ。
夕方「キューバン カフェ」(03-5148-5001)でDAIJITOとビブラビトリオのライブ。
フォルクローレ楽器のセッションというと、リズム隊をはじめとする「業界長いバイプレーヤー」系に仕切られるインプロ地獄か気持ちよいサウンドに流れるかのケースが想定されたのだが、かなりしっかりとフォルクローレベースでありつつ実験もある感じであったので理解しやすくてよかった。「インティ・ヤク」が録音よりも音が稠密になっていてベスト。
この店のモヒート(840円)はミントが茎から景気よく入っていて買い。

終了後「エル・ベベドール 新橋SL店」(03-3597-2800)で打ち上げ。「本場スペイン・バルを想起させる店でアダルトにワインを飲む店」というコンセプトっぽい店だが、どうも店の雰囲気を勝手に現地の飲み屋にしていたもよう。この店は食べ物は本当につまみ程度だがかなり口当たりのよいワインを安く飲ませる点と、オーナーが日本ハムのファンであることがツボに入る。
さらに「濃厚完熟味噌拉麺ライス専門店味噌屋せいべえ新橋本店」(03-3438-2585)で〆る。〆には不適当なぐらい濃いラーメンだが期待よりはるかに上。

●1/14(日)
昼ぐらいに起きて流石にたまっていた執筆を本格開始。
ほとんど何も食べずに練習に赴く。途中のドトールでホットドッグを買い、スタジオサンAスタで練習しながら食べる。練習はほとんどおさらい程度。

帰宅後食事をし(記憶なし)27:00まで執筆。

●1/15(月)
5:30にいったん起床し執筆するが首~背中の激痛と腹の張りに苦しむ。なんとか仕上げて出勤。
腹具合が悪いのもあってかまったく食欲なし。
夜は「ごんぶと」とおにぎり(梅・しゃけ)。

●1/16(火)
食欲はともかく水分も取りきれない状態が続く。
夜は「オリビエ」でバジリコパスタ。うまいが体調は回復せず。23:00まで労働。

●1/17(水)
午前半休で「青山病院」へ。点滴をぶちこまれる。
体調は回復傾向だが昼図に乗って「ナカムラヤ」の寿司折を食べたところやはり無理。
夜はうどん半分。

●1/18(木)
回復傾向。
昼は駅そばで月見うどんと稲荷寿司。
夜は「富士そば」で特撰富士うどん。

●1/19(金)
だいぶ回復。
昼は「木屋 渋谷新南口店」だが、当初席案内で案内された席に座ろうとしたところいきなり変更された挙句に、耳元で唐辛子の詰め替えをはじめ音がうるさく切れる。切れても一切の返答なし。味は「杵屋」よりましで可もなく不可もなくだが、仕事をかたずけようとのみするおばちゃん店員ぐらい店のイメージを落とすものもないと痛感して出る。

夜は「利根そば」できつねうどん+おにぎり(鮭)。そばほどではないがうどんも立ち食いの水準としては美味。
「リラクゼーションカフェ SHEEP BOX」(03-3438-2585)で休憩。ネットカフェとしては安くはないと思われるが、アコモデーションの水準が高い。

帰宅後じゃこチャーハン。

●1/20(土)
昼はやきもち磯辺まき(2個)とプリンなど。
センター試験政治経済などをチェックしながら、2月の佐賀行き手配など。
05年コスキンの出店で買ったタキパヤスのVCDを見て、犬ネタなどに笑い転げる。
夜は炊き込みご飯、北辰水産の寿司、ほうれん草のおひたし、かれいの煮付け、わかめの味噌汁。

現在は「Volunteered Slavery」(Roland Kirk)を聞きながら。「ケーナを吹くときはのどを鳴らすのは論外」という指導は初心者向けには妥当だろうが、のどを鳴らすだけで腹を立てる御仁はきっと「One Ton」などは楽しめないであろう。ジャズなどのジャンルで表現のために体を張っている先人たちに対して失礼なことである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.09

1/4その2-1/6の日記

●1/4続き 
13:10ごろに店発、徒歩で旧道庁庁舎や取り壊し中の旧拓銀本店を眺めながら歩き、札幌13:44発~JR快速エアポートライナー~小樽14:16着。写真は車窓。
Dscf0443

・徒歩で小樽駅~運河へ向かい、ベタな観光ルートのわりに除雪などしていなくて歩きにくい歩道を歩いてから、かつて北のウォール街といわれたとされる通りを歩き、喫茶店「光」(0134-22-0933)でコーヒー休憩。2回ほど行ったことがある純喫茶で小樽らしい店であったが「見学のみ禁止」などの表示と以前よりも気持ち薄情な応対に荒みっぷりを感じる。写真はトイレ、店の中より桁違いに明るく聖堂のようである。
Dscf0447

予定より大幅にはやく小樽駅へ戻り、小樽駅15:38発~JRいしかりライナー~札幌16:17着、コインロッカーで荷物回収)~地下鉄東豊線で豊水すすきのまで行き、「ホテル ロテル・ド・ロテル」にチェックイン(中央区南3条西2丁目TEL 011-222-0211)。創業当初は札幌の金持ちの連れ込み宿だったはずの小じゃれたホテル。だいぶくたびれているが格安パックで泊まるにはもったいない水準。

ホテルで休憩後、狸小路へ行き「カレー デリー」(中央区狸小路1丁目、011-231-8461)で夕食を取ろうとするが閉まっており、やる気のない「瑠玖 本店」(011-261-5188)でビール飲んで食べた(イカ刺しと北寄貝のみ美味。かつてあった貝づくしが消滅)のち、「芳蘭」(011-531-6582)で味噌ラーメンを。探してでも食べる水準ではないと思うが、もやしの入れ方やコクがくどくない(逆にあっさりしすぎかも)さま、客筋が観光客にシフトしておらず水商売や独身リーマンの食事という感じが「飲んだ後に食べる」正統なラーメン店として評価に値する。
その後すすきののネットカフェによってホテルに戻る。年賀状を書いて26:00就寝。

●1/5
 起床7:00、ホテル朝食7:30より、バイキングでなくコースの中で選ぶ方式。CPよい。
 8:05チェックアウト後タクシーで札幌駅8:20着。札幌駅8:30発のJRスーパー宗谷1号だが、3両が6両になっていても自由席は座れない。最後部で写真のような風景を眺めながら過ごして滝川9:20着。寒い。
Dscf0450


 滝川9:38発~JR根室本線釧路行きに乗り、富良野10:45着。
 Dscf0452

 富良野駅周辺観光をしようとするが歩いて回れるところでもないので案内所でしばし休憩(観光案内のレストランマップは使える)。同じ列車で景色よりもガイドブックのスープカレーの項目を熟読していた単独の韓国人旅行者がスープカレーのありかを案内所で聞いていたが、当該店が休みでありつけなかったらしい。とりあえず、昼食を「唯我独尊」なる店で。カレーが売り物。とろみのあるカレーにしてはスパイシーでよいが、写真のカレーが1090円とは思い切り観光価格。

Dscf0456

 富良野13:11発~JR富良野線~上富良野13:33着、その後「世界の楽器と民芸品店サリーリ」(空知郡上富良野町西5線北27号、電話とFAX0167(45)2382、http://homepage1.nifty.com/sariri/)で遊ばせていただく。
 その後温泉(白銀荘、0167-45-3251)へ連れて行っていただく。露天風呂に積もった雪の曲線の先に稜線が見える。「ド・テ・カボチャス」のメンバーの方がされている「コスモスファーム」(空知郡上富良野町西2線北28号、(0167)45-4995、http://www.cosmos-farm.com/)へチェックインする。食事が価格からは考えられないぐらいのほど高い水準。その後カボチャスのメンバーやご家族の皆様と演奏もして遊ぶ。24:30過ぎに就寝。北海道に居住して演奏活動をしていたのは12年程度前になるが、縁が続いていることを有難く思う。

●1/6
 8:30起床。この日は朝冷えたため樹木についた氷が美しい、と教えていただくが軟弱なので窓から写真を写す。
Dscf0460_1

宿で朝食をいただき、上富良野10:22発~JR富良野線~旭川11:11着。富良野線は風景はよいが、立つ人がいるのに荷物を置いている少年や、おおむね満席なのにクロスシートを2人で占拠し座ろうとする客を排除する壮年カップルなど乗客の態度が悪い。

ロッカーに荷物を入れて観光案内所(職員使えない)に寄った後ラーメンでも、と思うがバス停に行列ができているためすぐ並び、旭川駅アサヒビル前5番乗り場11:40~バス~旭山動物園12:10ごろ着。
すぐに正門そばの休憩所で味噌ラーメンを食べる。想像よりは美味。
動物はホッキョクグマやヒョウが反復運動をしていて見ていて辛かったり、ペンギン館は客でオーバーフロー気味だったりするが、職員のやる気は伝わってくる。冬は土日のみオープンの資料館は、2階の図書室が小学校の図書室みたいでいい感じ。館内放送も聞こえるので休憩をかねた情報収集にはかっこう。

アザラシ館のもぐもぐタイムを眺める。写真はそのときのものだが、その後でプールの隅に体をくの字に曲げて座っているようなポーズで寝ているアザラシに客がむらがり写真を撮る。アザラシはかまわず寝て、起きたらあくび。アザラシも寝ているときはプライベートであろうと思いその写真は撮らず。
Dscf0465

一応ペンギン散歩も14:30からのを眺める。
Dscf0466

終了後すぐにバスに乗る。旭川に戻ってから散歩をしようとするが、夕方になると旭山よりも寒く、挫折して「DILL」(北海道旭川市1-7-48-2エクスビル1F TEL 0166-21-1811)という喫茶店でケーキセットを。なにも考えずに入るがそこそこ美味なケーキであった。セットで650~700円。 写真は旭川駅ホームの脇。
Dscf0468

旭川17:00発のJRスーパーホワイトアローで新千歳空港19:01着。スーパーアローは便利であるが車内販売もなく、かなりつまらない列車。
新千歳空港で「宮越屋珈琲店」に入る。ここのドロっとしたフレンチブレンドはかなり好物である。札幌で行きそびれたので喜ぶ。

新千歳空港20:35発~ANA082~羽田空港22:10着。羽田空港到着階12番22:50発~京成バス~船橋駅23:45着。帰宅後「緑のたぬき」と空港で購入した「焼きさんまの棒鮨」を食べる。後者は非常に美味。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007.01.08

1/2-1/4その1の日記

●1/2(火)
朝はおせちと雑煮。昼は家族まわりの用事で横浜ベイシェラトンの「彩龍」で中華。高いなりに香港風のくどくない味付けで美味だが量はもうひとつ。接客もすさみがちな正月ホテルとしては十分な水準だが獅子舞がくどい。

中華街などを探索する意欲を喪失する人出だったので船橋に戻り、入日神社に参拝。この神社は打ち捨てられたような神社だが船橋では有数の歴史を有する。

●1/3(水)
買い物をする程度。おせちをあらかた食いきるが、鯛を腐らせてしまう。残念。

●1/4(木)
JR船橋駅南口2番4:55発~京成バス~羽田空港第2ターミナル5:52着の予定が5:40ごろ着。結構な人出、店は開いてないのでロビーで空弁(鶏そぼろ弁当)を食べる。
羽田空港7:00発~ANA051~新千歳空港8:30着、ここで道央圏用一日散歩きっぷを購入し、新千歳空港8:49発~JR~札幌9:25着。
札幌駅でコインロッカーに荷物を預け、1/5以降のチケット手配をする。
9:40ごろ札幌駅発~徒歩で大通着、時計台・北海道新聞を眺める。

開店早々の挨拶が過剰に丁重な「丸井今井」でファイターズファンクラブに入るが、継続会員のことについてたずねたら受け付けのバイトがやり込めてくるなど態度激悪。東京時代を思い出して少しは腰を低くすべきであろうと思うが、こらえて入会手続きを続行。今年はBクラス決定だろう。

「カフェ・ランバン」(http://park17.wakwak.com/~ranban/ranban.html)でブレンドを飲んで気分を直す。ここのフレンチ風のブレンドは「宮越屋」系よりは優しいため万人向けで評価高い。
Dscf0437


西8丁目~市電~西線9条へ行き、もと住んでいたアパートを訪問。今見ると結構わびしい。
Dscf0439

11:45西線9条発~徒歩~西18丁目~地下鉄~大通~徒歩~すみだ川(中央区南2条西4-10、011-261-8080)でロースかつ定食。衣の軽さもさることながら、特に肉の新鮮さが全国でも屈指と思われる名店。この日は客筋が役所系のグループが多かったように思われる。50代×1、40代×2、20代×1で20代が話もせずに漫画を読んで待っているのを眺める。写真になめこ汁がついてくる。
Dscf0441

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.01

謹賀新年+12/31練習報告

●12/31
スタジオサン・Aスタで16:00から1時間。流石に空いている。
今年やった曲を中心に練習。シメになぜか「PIFANO」を練習。

※Takuya&Yoshioは2007年も賛否両論を巻き起こす水準での活動を目指しております。フォルクローレ村の各世代の住人(オールドファンから自称「新世代」の人たちまで)に「あいつらは現地の人に失礼」「ふざけてやっている」といわれて16年も演奏活動を続けているグループはプロアマ問わずそうはないでしょう。本来、演奏活動をしているだけで賞賛されるケースも多い一介のアマチュアチームに対する評価としては過分なものと認識しております。本年もなにとぞ宜しくお願い申し上げます。

2007/1/1 Takuya&Yoshio Yoshio 拝 

| | Comments (0) | TrackBack (2)

12/30-1/1の日記

●12/30(土)
眠くて昼過ぎ起床。年末掃除が進まず挫折気味。
夜はスポーツジムの無料体験に行くがどうにも性にあわない。ただBGMでなぜかケーナが。
腹筋のやり方を教わるのでそれを生かして有効活用することに(普通のスタイル=へそをみる感じで押し上げる、両サイド=ひじを反対側の空間に当てる感じ、下腹部用=足を閉じて顔のところまで上げる)。

その後「吉光 山横店」に行くが1/9で閉店とのこと。良く行く店が潰れるという法則がまた発動。
帰宅後コロッケやメンチとポトフ。

●12/31(日)
大晦日。買い物などにあてるべきだが練習も。
津田沼に行き実家で購入したおせちを引き取る。スタバでコーヒー。
あと花を買おうとするがかさばるので南天のみ。400円。

大晦日の夜は大体トンカツ(大きいものを食べたほうがよいということで本来は鯨だが、鯨は困難なのでなぜか豚にスライド)。今回は「いい菜ゼスト」で棒ヒレカツを購入。かなりうまい。

紅白を見るが今年は前半のグダグダっぷりにあきれ果て(ナイナイの岡村が引き締め役を果たしていた。あと細川たかしの歌詞忘却は抗議では?彼には民謡を歌わせてほしい)、途中でフジのフィギュアスケートとザッピング。
フィギュアはタッキー&翼は超不要だが、武田奈也のダンスは宝塚のジャズダンス系が好きならスタンディングオベーションもの。また神崎範之の「冬のソナタ」は持ちネタらしいがダイジェストでなくトータルで見たい水準。さらに高橋大輔のすざましい演技(エキシビションなのに)とかなり得なものであった。
さらにザッピングしたK-1では桜庭がぼこぼこにされていて時代の終焉を感じる。

年越しそばを食べて就寝。


●1/1(月)
8:30ごろ起床して初詣。
帰宅後おせちと雑煮。寝る。
起きて掃除の続き。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »