« 9/5川俣で演奏してきました+9/6と9/9の食事日記+その他 | Main | 9/13の日記+笹久保伸氏+高橋悠治氏コンサート(秩父)感想 »

2009.09.13

9/10-12の食事日記+9/13秩父に行きます+その他

●9/10(木)
昼はCENTO ANNIで豚肩ブロックのイブレイ風。煮込みでほのかなレモンテイストが非常に滋味+爽快でよい。
夜は「北京亭」(03-3261-4116)で千切り豆腐とセロリの和え物、炒飯、餃子。これで1800円近く行くことを考えるとアレだが、懐かしめ中華としてはかなり上出来。接客も以前よりはまとも。
学生風の人が大事そうに炒飯のみ食べる姿に、自分の贅沢を再確認。若干背筋が伸びる。

●9/11(金)
9.11から8年、自分のNYライブからも8年。

昼は南国酒家で定食。若干ボリューム不足。
夜は音楽関係の知人と西葛西「OKURA」(3878-0206)。一見高めだが料理のボリュームはかなりあり。味は「一応良心のあるサパークラブ」という感じ。コンセプトなどは不明朗だが、場所から見るとかなりよい店に属する。席も広い。

その後行徳のバー(意外とある)で飲んでたら東西線が終わったので本八幡まで出て遅延気味の総武線で帰宅。

●9/12(土)
昼はペペロンチーニにカイワレやツルムラサキをかけながら食べる。草食。
夜は「錦」( 03-5458-8833)でカタヤキソバと餃子、半炒飯。どうも炒飯と餃子への執着が強め。ここは味は「北京亭」よりおおざっぱだがボリュームはなかなか。

帰宅後朝日夕刊を読んでいたところ安蘭けいの「AIDA」講評。おおむね好意的だが、「ト書きのように説明的で、標語を連呼するような歌詞が気になった」と最後に本音をぶちまけた文章に抱腹絶倒。それは木村信司の得意技、というかそれしかできない男なのだが、それが一般社会に認知されたことは有意義か。でも「オグリ!」の作者挨拶などにあるように、「標語を連呼するような歌詞」はインテリとしての誠意のつもりのようですよ、記事担当の藤谷浩二さん。

そういえば「リボンの騎士」のときは、どうしてやや歌詞もましだったのだろうか、「標語」要素はだいぶ少なかったように記憶しているが。

※9/13に笹久保伸さんの公演を見に秩父に行きます。もし行かれる方がいらっしゃるようでしたら、宜しくお願い申し上げます。

※※川俣でした話でひとつ。最近コスキンに出ないけどよかったチームの話になって、「ボリビア・ボンビー」を挙げる地元の方がいたのが非常に嬉しかったです。いつかまた以前のように合同コンサートをやれるよう精進したいと思っております。

|

« 9/5川俣で演奏してきました+9/6と9/9の食事日記+その他 | Main | 9/13の日記+笹久保伸氏+高橋悠治氏コンサート(秩父)感想 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13987/46195784

Listed below are links to weblogs that reference 9/10-12の食事日記+9/13秩父に行きます+その他:

« 9/5川俣で演奏してきました+9/6と9/9の食事日記+その他 | Main | 9/13の日記+笹久保伸氏+高橋悠治氏コンサート(秩父)感想 »