« 11/4/1-10の日記(FIESTA BAILABLE,Decision6周年など) | Main | 4/15-17の日記(宝塚花組公演、など)+川俣についてメモ110418 »

2011.04.13

単なるつぶやき110413

コスキンエンハポンの舞台である福島県川俣町の一部地域に避難関連の指示が出るとの報道に接して、平穏でいるのは非常に難しいです。

このやっかいな気持ちに接しながら、その気持ちに沈殿するだけでいいのか考え続けています。

…ご在住の方やご出身の方を差し置いて、いたずらに騒いだり嘆いたりしてはいけないことも分かっております。自分は残念ながら川俣町関係者ではありえません。

また川俣町というところよりも絞って、自分が20年来参加してきた(実際は23年、うちTAKUYA&YOSHIOで19年)コスキンエンハポンについて考えてみても、本来当該イベント実施という点ではTAKUYA&YOSHIO、自分の存在など何の貢献にもなっていないものであるというのも、熟知しております。

しかしTAKUYA&YOSHIO、そして私個人にとっては、川俣町の存在は大きく、またコスキンエンハポンあってこその自分たちということを忘れたこともありません。

このブログを読んでくださる方には、この状況に対して、自分が「いろいろ感じて考えている、しかし無力であるがゆえに結果を出すような何ごとかはできないであろうという自己嫌悪にも直面している、それでも何事かを考え続けている」ということだけ報告申し上げます。

今後、いつものような、のびきったゴムのようなテンションの食事レポートやら音楽雑感などの通常の内容も発信するとは思いますが、何かまともな発信の折には少々でもお付き合いいただけますと幸甚でございます。

末尾になりますが、川俣町の皆様をはじめとして、今回の震災などでなんらかのご対応を迫られている皆様のご壮健とご繁栄を衷心より祈念申し上げます。

2011/4/13 TAKUYA&YOSHIO YOSHIO 拝

|

« 11/4/1-10の日記(FIESTA BAILABLE,Decision6周年など) | Main | 4/15-17の日記(宝塚花組公演、など)+川俣についてメモ110418 »

Comments

フォルクローレにまったく詳しくない私は、川俣町のこと、コスキンのことも良く知りません。
でもYOSHIOさんや清水康之さんに関係する方々から、さまざまな思いをお聴きしてもおります。
そして福島原発の周囲で現在、起きている事がまぎれもない日本の現実であること、自分がこれまで何の疑念もいだかず便利な生活を享受してきたことが、原発周辺にお住まいの方々に多大な犠牲を強いたということに忸怩たる思いがいたしております。
先日、被災地に物資を運送するに業務用トラックを使用することについて会社の了承を得ました。
1.5tの小さなトラックではありますが、燃料費および高速道路料金について提供があれば物資の運搬が出来る旨、柏市の民間支援プロジェクトチームに伝えました。
お心に留めておいていただけたらと思います。

Posted by: Caneton | 2011.04.13 at 09:49 AM

Caneton様、コメント返信遅れ申し訳ございません。
その後川俣町も落ち着きを取り戻しているようでありますが、風評被害が気になるとのことでございました。

素晴らしい取り組みをされていることに敬意を表します。今後ともご指導宜しくお願い申し上げます。

Posted by: YOSHIO | 2011.04.24 at 01:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13987/51374438

Listed below are links to weblogs that reference 単なるつぶやき110413:

« 11/4/1-10の日記(FIESTA BAILABLE,Decision6周年など) | Main | 4/15-17の日記(宝塚花組公演、など)+川俣についてメモ110418 »