« April 2017 | Main

2017.05.25

【YOSHIO主導】雑誌El Solitario vol.2発行します!+お誘い、vol.1の残部に関して

「YOSHIO攻略本」として望外の好評を顰蹙を得た個人同人誌El Solitario、
満を持して第2号を発行することとなりました!

大特集の内容タイトルは、
「ケーナを楽しく吹こう!音楽を楽しくやろう!」
です。

ケーナの吹き方のスキルに関する案内だけでなく、
ケーナに限らず音楽を楽しく演奏するための障害物の躱し方ないし壊し方など
実戦的、即効性高いアドバイス(ネットだと炎上間違いなし)を
お届けいたします。

発売開始は9/9(土)の「RADICAL ANDES CONNECTIONアンガージュマンライブ」会場となります。

ぜひお楽しみにしてください!

※匿名、変名で構いませんので、音楽に限らず何かダークかつ前向きに書きたい方はぜひ文章をお寄せください。
書きたい内容、条件などに関してはこちらにお問い合わせください。(編集、最終決裁は恐縮ですがYOSHIOとなります)
部数は100部程度を想定しています。

☆「YOSHIO攻略本」であるvol.1は残り8冊となっています。ご購入はYOSHIOの出演会場などでぜひ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.23

【第一報】【ラディカルアンデスコネクション再起動】170909(土)アンガージュマンライブ決行!

標記の件ですが、Warrior Celtでのライブをしなくなってから年1,2回のライブ活動で止まっていたRadical Andes Connection再起動します!

しかもこの機会に、メンバーや仲間を幅広く募集します。

そのスタートアップとして、9/9(土)夕方に、西船橋(ないし都内)にて「アンガージュマンライブ」を決行します。

内容は、
●40分ほどRACのライブ
●後半1時間程度フリーセッション(セッションホストはRACのメンバー)
となります。

料金も1000円程度の安価な価格にします。

・RACに入ってみたい
・RACに興味はあるが、入るほどでない
・RACに興味はないが、演奏仲間を探したい
・フォルクローレなどやったことはないが、ちょっと味わってみたい
・楽器演奏はしないが、セッション的なものを見てみたい
・音楽にあわせて体を動かしてみたい
・バンド活動だけでなく、ちょっと民族テイストをかじりたい
・よくわからないがなんかヤバそうなのを見てみたい

さまざまな方を歓迎いたします。音楽経験、ジャンル経験一切不問。
(学生価格設定はないですが、打ち上げにおいて学生の方は圧倒的に優遇します)

詳細確定しだい先着25人で予約を募りますが、ぜひこの日空けておいてください。
宜しくお願い申し上げます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【民族音楽の正統イベントにちゃっかり出演!】170603(土)チャランゴの集いに単独無伴奏で参戦!【なんと下北沢】

以下のように、アンデス地方を中心とする弦楽器「チャランゴ」奏者が集まるイベント(ボリビアチャランゴ協会にも確か認定されているイベント)に、「チャランゴ曲を演奏するケーナ奏者の単独無伴奏」という、「ミックスドマッチに参加するメンズテイオー」ぐらい分かりずらいポジションで参加します!

これでも2013年から連続で5回目の出演です。
前回はアルフレッド・コカさん(チャランゴの正統派巨匠の1人)の前でかましました。

今回は新鋭が多く、ビッグネームは正直少ないですが、構わず「個性あふれる」を裏書きする存在として出演します!
あと特に管楽器奏者には、「打ち上げでビッグネームの弦奏者と競演してもらえるチャンス」としてお勧めします!このイベントは若手管楽器奏者にとって勉強になるし美味しいイベントです。
もちろんフォルクローレに興味がない人にも楽しめるイベントにします。(業界用語の通訳が必要な方はYOSHIOに用命ください)

なお今回の特にお勧めは、MAYAでふだんケーナを吹いている橋本仁さんの秘技チャランゴを聴けることです。
歌心ある氏のチャランゴは知る人ぞ知る名物でしたが、めったにない機会です!

ぜひ以下の内容に従ってご予約をお願いします!YOSHIO経由でもよいです。

曲目はYOSHIOは、
1、Inti Yacu(太陽と水)
2、El Arriero(牛追い)
3、コザの公園にて※YOSHIOオリジナル
を想定しています。1・2はチャランゴマエストロへのリスペクトをこめて、3はチャランゴ曲単独無伴奏で得たスキルとスピリットを生かしたオリジナル曲です。

実はYOSHIOを下北沢で聴けるめったにない機会です(苦笑)。
併せてぜひ!

(以下統一告知)

「第11回チャランゴの集い」コンサートで演奏します。
フォルクローレ、チャランゴに興味のある方はぜひどうぞ!

11ro. ENCUENTRO DEL CHARANGO EN JAPÓN (Tokio, próximo 3 de junio de 2017)

「第11回チャランゴの集い」のお知らせ

「チャランゴの集い」、10回記念の昨年はアルフレド・コカ氏もお迎えし大盛況となりましたことを改めて御礼申し上げます。
初心に帰る気持ちで今年の第11回目は「こぢんまりと熱く」、おなじみ下北沢ボデギータで開催することになりました。
いつもながら個性溢れるアーティストたちの熱演にご期待下さい!

なお、会場はスペースが非常に限られていますので、ご予約はお早めにお願いいたします。

以下、詳細です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「第11回チャランゴの集い」

日時;2017年6月3日(土)
14:30開場、15:00スタート(17:00頃終了予定)

会場;ボデギータ(東京都世田谷区代沢5-6-14前田ビルB1F、小田急&京王・下北沢駅より徒歩8分)
http://bodeguita.web.fc2.com/

チャージ;2500円(1ドリンク込、当日精算)

出演;橋本仁、鈴木萌里、土手暁、松本健佑、YOSHIO、福田大治、恵泉女学園大学チャランゴ部。

ご予約・お問い合わせ;daijitodelcharango※yahoo.co.jp(福田まで。※を@に換えてご送信下さい。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【新松戸で6月最初の単独無伴奏!】170601新松戸Firebird

6月最初の単独無伴奏です。早めの出番ですが、もし気が向かれたらぜひ!
この日は結構落ち着いた展開になりそうなので、さまざまブっこみたいと思います。

6/1(木)
新松戸FIREBIRD
"愛こそすべて"

OPEN 18:30
START 19:00
TICKET 前売\2,000/当日\2,500
※1drink charge
※19時までに御来場の方は追加1ドリンクプレゼント

ACT
・森口真実
・電氣唄雀
・The Mad
・Rife on the Lock

【レッドステージ】
・YOSHIO(シュッと吹くケーナ奏者)
・James
・永田一真


19:00-19:20 森口真実
19:25-19:45 YOSHIO
19:50-20:15 電氣唄雀
20:20-20:40 James
20:45-21:10 The Mad
21:15-21:35 永田一真 
21:40-22:05 Rife on the Lock

乾杯・打上げ 22:15

ソロ20分/バンド25分(セット別)厳守


新松戸FIREBIRD ダイゴ

Yoshio20170601


| | Comments (0) | TrackBack (0)

【初出場!】170528(日)東新宿で単独無伴奏!【東新宿でケーナ炸裂!】

かつて新松戸Firebirdでよく弾き語りにて対バンさせていただいていたメロマランディのシンタローさん企画の
弾き語り中心のイベントです。

なんとケーナ奏者が単独無伴奏で東新宿に初出場!(都営大江戸線・副都心線B1出口からすぐです)

相当の実力者揃いの中で、「新松戸の珍獣」がイベントストッパーとなるのか、それともど真ん中を射抜くのか?

チャージも安いので、異種格闘技戦を軽い気持ちで見学に来ていただけますと幸甚でございます!

※なお時間は前後する可能性がありますので、なるべく早めからお越しいただきごゆるりと過ごしていただけますと幸甚でございます!

5/28(日)「メロマランディのしんたろー君が声をかけたらこうなったVol.1」

会場:東新宿LOVETKO

18時:start 入場料:1000円+ワンドリンク500円

出演者: YOSHIO(ケーナ奏者)、つなわたり田中、根本直哉、松下直樹、NARUn、ウォリ、砂野安里 メロマランディのしんたろー君

18:00~18:30 NARUn
18:30~19:00 つなわたり田中
19:00~19:30 砂野安里
19:30~20:00 YOSHIO(ケーナ奏者)
20:00~20:30 松下直樹
20:30~21:00 ウォリ
21:00~21:30 根本直哉
21:30~22:00 メロマランディのしんたろー君

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.22

どうでもいい食事日記など20170520-21

☆本日新松戸Firebirdで演奏します!田中雅紀氏の曲を1曲カバーします。21時ごろからの登場です。

●5/20(土)
所用で蘇我に行き、「鐡」にて味噌ラーメン。以前より盛りが悪くなっているように思うが最低線はキープ。
店長っぽい人が眼を飛ばしてろくに挨拶をしない感じが、店として美味しいのに真の一流店ではない理由を証明している。

帰宅後睡眠して、船橋稲門会懇親会に参加。
この手の付き合いがうまくないYOSHIOには珍しく継続的に出入りできてコンサートなどにも来ていただいている会。

船橋グランドホテルの宴会メニューは単価のわりにボリュームを出せる中華ベースだったが、昭和感ある内容。
終了後東武地下で鮨の半額ものを購入して帰宅。

●5/21(日)
朝から出先。昼はステーキ店(高田馬場にはやたらとある)のステーキ丼。
夕方から早稲田大学周辺を徘徊する任務についた後、御茶ノ水のテング酒場にてシークレットな飲み会。
短時間だったがきわめて有意義。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.17

高速高圧で戦いました!【弾き語りイベントに笛で混入】20170525新松戸Firebird【新松戸に4日中3日出演】

この時期は新松戸に住んでいるのではないか、と言われるぐらいの
頻度となっていますが、取り急ぎこの日は弾き語りな日です。

ただし、Jamesさんの誕生日でもあります!

フォルクローレのコンコータが好きな方は彼の「ぼったくり」にはまると思います!

→この日は以下の曲を演奏いたしました。

1、OTAVALEN~O(LUIS RICO作曲、FERNANDO JIMENEZのサンポーニャ演奏で有名な曲)
2、Yove Male Mome
3、We will Rock You
4、Antara

今回は弾き語り中心なので、いつもよりもハードめに演奏いたしました。
1は初めてFirebirdでやりましたが、想定よりもインパクトのある曲でした。
2,3は特に3が史上最高速となってしまいましたため、さすがに観客の皆様に合うようにという修正はしていきます。
重たいミディアム曲としかいいようのない4はFirebirdでやるのは久々だったのですが、のどでの音乗せがいま一つになってしまうのではという想定よりも安定して意図を達成できる演奏になっていて年季を我ながら感じました。

20分のところ22分やってしまい申し訳ございませんでした。

この日は病院に行ったところ「点滴をしたいけど」といわれて精一杯回避した状態でしたので、
コンディション的に最善、ではなかったものの、それゆえに勝負しようと思ったステージでした。

1はヒメネス氏の偉大さを思い知りますね。ケーナで雄大感と高速のキレを両立させれば新境地かと
思われますので今後も修業していきたいと思います。

Firebirdでは次は6/1です。6月もたくさんステージをいただいていますので、ますます面白くなるように
尽力していきたいと思います。今後ともよろしくお願い申し上げます!
単独無伴奏は結構むちゃくちゃな挑戦ですが、この戦線で戦い続けることで
アンデス楽器とのアンサンブルのロック系ライブハウスへの出演などの成果も
出てきているので、挑戦できる限りはし続けるようにしていきたいと思っています。

5/25(木)
新松戸FIREBIRD
"新松戸唄酒場"

OPEN 17:30
START 18:00
TICKET 前売¥2,000/当日\2,500
※1drink charge
※18時迄にご来場の方は追加1drink present

ACT
・太田圭二郎
・松浦勇次
・奈良岡
・アラブ
・Jerry
・リサキケンヤ
・YOSHIO(シュッと吹くケーナ奏者)
・林イッペー
・James

18:00-18:20 太田圭二郎
18:25-18:45 松浦勇次
18:50-19:10 奈良岡
19:15-19:35 アラブ
19:40-20:00 Jerry
20:05-20:25 リサキケンヤ
20:30-20:50 YOSHIO
20:55-21:15 林イッペー
21:20-21:40 James→新松戸常連で体格のよい「BIG4」で氏の演奏中追いかけっこをする展開でした。

drink or die!!! 22:00

Yoshio20170525


| | Comments (0) | TrackBack (0)

勉強になりました!【エッジの効いたイベントに参戦】20170523【新松戸Firebird2日連続】

新松戸に「1週間に3回、2週間で4回」出る強化週間の第2弾です!
(その間に1件初登場のハコがまざります)

この日はgloptinさんやCivilisedさん、リビドーと悪魔さんやURAOCBさんと
ポエトリーから豪打、ファンキー、クールとさまざまな出演者の中で
ケーナ1本やろうとして前半に出演です。

音楽好きには相当楽しめるイベントです。ぜひ!

→この日は次の曲を演奏しました。
1、Palmeras(シュロの林)
2、Yove Male Mome
3、We will Rock You
4、コザの公園にて
5、Todos Vuelven

…この日は音としては相当の破壊力でしたが、MCで場を作ることがあまりできず(Firebirdでは観客とコール&レスポンスが成立していることを前提にしてMCしてしまっていて、レスポンスがない場合の歯止めという課題にまた直面しました)、正直今回の「普通のバンドがいない」シリアス系の状況では、自身の差異化が意図通りには行っておらず(野球でいう「逆玉」状態)、「よくこのハコに出ている変わった人」のカテゴリーからあまりはみ出せなかったのが痛恨でした。

4が一番手ごたえがあるというシリアス系の場(巣鴨獅子王もそうでしたが)への対策を早急に考える必要があるな、と考えておりますので、即実行(即身仏ではなく)で行きたいと思います。

というわけでこの日はなんとか5で締めたものの(27分やってました)パフォーマンスは反省が多かったものの、終了後多くの方と話させていただいて交流できたのが非常に有意義でした。この日の御恩を返すように、また精進を重ねたいと思います。

競演くださった皆様、お客様、Firebirdの皆様誠に有難うございました。


新松戸FIREBIRD presents
Underground Party On 5th Floor
2017/5/23

MUYOKU
NDNQ(富山)→アフリカパーカッションを入れることで生っぽいインプロテイストが出ていて魅力的でした。枠をはみ出すと(特に地方都市で)活動がしんどくなるという状況について話せてよかったです。
YOSHIO
リビドーと悪魔→前拝聴したときよりもシンプルになおかつグルービーで乗りました!
Tetra
URAOCB →この日もトラウマを摘出するえぐいポエトリーでした。
Civilised
gloptin→最強のショークローザーですが、曲間で流れるノイズが実はホーメイと音階ベースで一緒など、相当の引き出しをまた発見しました。終了後リズムトークをさせていただき楽しかったです。

OPEN 17:30 START 18:00
前売 \2000 当日 \2500
※+ 1drink charge
スタート前御来場の方には1ドリンク追加プレゼント

live
18:00-18:25 MUYOKU
18:30-18:55 NDNQ(富山)
【RED STAGE】19:00-19:25 YOSHIO
19:35-20:00 リビドーと悪魔
20:10-20:25 Tetra
20:35-21:00 URAOCB
21:10-21:35 Civilised
21:45-22:10 gloptin

bar time22:10打上げ

Yoshio20170523


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.16

それなりに戦い切りました!【盟友のカバーナイトに笛1本で乱入!】170522新松戸Firebird【単独無伴奏で田中雅紀カヴァーナイト】

というわけで、アナーキーなブッキングイベントの中でも
アナーキー度がYOSHIOと遊ぼう!並みの
田中雅紀氏の曲をカバーするイベントです。

2回目の出演となります。

全出演者1曲ずつカバーする感じになります。

もちろん小生も、唄えないのに笛1本無伴奏で弾き語り曲をカバーします!
しかも今回は旋律感を殺す方向で行く予定です。

笛1本単独無伴奏は、本当にツーシームだけでメジャーのマウンドに立つ気分です。
(珍しい楽器を使って楽をしてステージをこなしている、と思う人はぜひ一度ご来場ください)

ひそかにアナーキーなチャレンジです。ぜひ観に来ていただけますと幸甚です!

→この日は以下の曲を演奏しました。
1、SACH'A MAYU(森と川)
2、Yove Male Mome
3、WE WILL ROCK YOU
4、Dosed(田中雅紀氏カバー、原曲はこちら

…正直4は、田中雅紀氏の曲の中でも大曲であり、付け焼刃のカバーでは太刀打ちできませんでした(完成度が高すぎて歌詞を把握しきらないと旋律も捕まえられない)。前回のリバーのほうがよかったですが、旋律感を殺しつつ勢いでやり切ったところを田中雅紀ファンの方に評価いただければ幸甚です。

田中氏はミュージシャンに好かれるタイプのミュージシャンですが、どえらい才能だと思います。一番好きなのは、曲間の間奏などで引っ張らず(ギターの名手でもあるのですが)、アイデアをタイトに盛り込んでいる点です。

この日はカルカスのインスト曲である1の評価が案外高かったです。

非常に有意義な演奏機会をいただき、競演者、Firebirdスタッフの皆様、観客の皆様、なにより田中雅紀さまに篤く御礼申し上げます!

なおこの日の様子は染谷芽依さんのブログでどうぞ。個人的には横田氏の歌唱が特に印象深かったです。

※「攻略本」2冊販売でき、あと8冊程度となりました。今後物販で残部を販売しますが気になる方はぜひお早めに!


5/22(月)
新松戸FIREBIRD
"田中雅紀カヴァーナイト Vol.3"

OPEN 18:00
START 18:30
TICKET 前売¥2,000/当日\2,500
※1drink charge
※18:30迄にご来場の方は追加1drink present

ACT
・田中雅紀
・森口真実
・橋田裕哉
・林イッペー
・Munenoleere
・横田惟一郎
・正木健太郎
・YOSHIO(シュッと吹くケーナ奏者)
・染谷芽依

18:30-18:50 森口真実
18:55-19:15 橋田裕哉
19:20-19:40 林イッペー
19:45-20:05 Munenoleere
20:10-20:30 横田惟一郎
20:35-20:55 正木健太郎
21:00-21:20 YOSHIO
21:25-21:45 染谷芽依
21:50-22:10 田中雅紀

END 22:30 drink or die!!!

セッティング別20分厳守

(ブッキング担当)新松戸FIREBIRD ダイゴ

Yoshio20170522


| | Comments (0) | TrackBack (0)

オフビートな無生産日記20170513(野球観戦など)

●5/13(土)
所用で渋谷に行った後、当初は杉山氏のイベントを見学する予定だったが氏の体調不良で飛んだので(水戸で代替として行われたDAIJITOによるボリビア音楽レクチャーを受けたかった)、代わりに水道橋へ。日本ハムVSロッテ戦観戦。

周辺で弁当を買うのも面倒くさいので、船橋東武で買ったわかまつの弁当とハゲ天の弁当を持参する。

2階自由(ファンクラブ価格で2000円)を当日朝ネット購入するが、3塁側の最上段にやっと座る。
ただしこの球場は3塁側の方が気持ち見渡しやすい。
(この日は45000人以上入っていて、観客数発表でどよめきが起きた。東京時代からのファンとしては、日ハムロッテ戦で巨人戦に近い客数が入ったことに感慨しかない)

最上段まで売りに来る一番搾りを飲みながら、弁当を2つ食べつつ野球観戦。

両軍下位にいるのにふさわしく余裕のない采配(エラーした一塁手を次の回から代えたり、3点差でもHR-アウトにはなったが大飛球と飛ばされまくっていた投手をすぐ代えたり)だが、その中でしゃっきりしない先発を6回まで我慢した日ハムが結果として勝利。
レアードのHR記録を眺め大盛り上がりとはなるが、今後を考えるとダフィー2HRが対戦相手としてひっかかる。

ロッテの応援を久々に体感しその熱意と切り替えタイミングの速さに感心するとともに、福浦(チャンス時)のアンセムなどは、ブレイクの仕方や旋律の展開が現代フォルクローレ曲ぽいなと思う。

よく「日本のフォルクローレ」を探すと民謡ならまだしも伝統芸能にシフトして「俺わかっているもんね」とイキってしまう傾向があるが、そこに行くのは不正解ではないが「近代大衆としての苦境」のもとで発生する音楽を考えるなら、同じくらいの熱量で野球などの応援ソングを分析するべきでしょう。あと歌謡曲でいうなら北島三郎とか。

配っていた黄色系の日ハムユニホームをもらって退出。

東京でもっとも良心的と思っているハンバーガーショップ「I-KOUSHA」に行くが土曜は休業しており、揚州商人に行こうとしたら店がなかったので帰宅。

自宅でパスタを食べて終了。トマトソースにオイルサーディンを混ぜてワインなど追加する程度で昭和のイタリア料理店より確実に美味しいパスタになるので、この手の店も大変だな、とどうでもよい感想にふける。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.15

一定の成果を得ました!【気楽な単独無伴奏】20170517新松戸Firebird

この日は前回5/7とは一転していわゆる「裏ローテ」の日です。
レッドステージ系メンバー+バンド2組(特に久々対バン楽しみな「地球がくそやばい。」さん)、DJはお馴染みのMr.Blackさんというセットですが、こういうときこそFirebirdのえぐみというか実力を体感できるのでぜひ遊びに来てください!

この日はトリでもなんでもなく2番目の演奏ということで、
なけなしの責任感すらゼロベースの演奏を展開します。

ということは、今までやっている曲以外の曲も豊富に混ぜていくということになりますので
事故演奏を満喫したい方ぜひ!

冗談抜きで過ごしやすいアトホームな日になると思います。予約はこちらへ。

→結局次の曲を演奏しました。

1、Palmeras(G.Rojas)
2、Yove Male Mome
3、We will Rock You
4、本多工務店のテーマ

…想定よりも1が好評でした。もっとやっていない曲を突っ込もうかと思ったのですが、雰囲気に応じてこの曲を選んだところ「空気音の入る様子がウニャラモスっぽくて結果として曲想にはまった」という事情はあったようです。

比較的若手ですが独創性の高いバンドさんやシティブルースなバンド、あとは非常に癖も力量もあるレッドステージ系演奏者というユニークな組み合わせですが、想定よりもアットホームな演奏現場となりました。

競演の皆様、お客様、Firebrdの皆様に重ね重ね御礼申し上げます。

5/17(水)
新松戸FIREBIRD
"チキチキ大作戦"

OPEN 18:30
START 19:00
TICKET 前売\2,000/当日\2,500
※1drink charge
※19時までに御来場の方は追加1drink present

ACT
・地球がくそやばい。
・endeavour
・James
・MAUDIE
・YOSHIO(シュッと吹くケーナ奏者)
・松浦勇次

【DJ】
・Mr.BLACK

Live
19:00-19:20 松浦勇次
19:30-19:50 YOSHIO
20:00-20:20 MAUDIE
20:30-20:50 James
21:00-21:25 endeavour
21:35-22:00 地球がくそやばい。


Yoshio20170517


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.03

オフビートな無生産日記20170502(横浜中華街など)

●5/2(火)
GWにさしてオフがある構造ではないこともあり、この日はGW中数少ない完全オフ。

昼過ぎから賃貸の更新手続きをした後、「寿し道楽」にて軽くつまむ(昼のほうがメニューが多いのと、この日はあら汁の野菜が美味。鮨では数の子やコハダなど相変わらず高品質)。

その後ご挨拶がてら「世界の童話図書館@船橋駅前」を覗く。非常にフレンドリーな空間だが本日で閉鎖とのこと。同行者が「蜘蛛の糸」がANTONIO BENINのJUANITO Y RAMONAっぽい絵柄で絵本になっているものや、小川文明の牛女の絵本を熟読していた。(後者は最後まで読まずに出たので、落ちを案内しろということで帰宅後青空文庫を朗読することに)

総武快速に乗って横浜まで。2012年6月以来ほぼ5年ぶりに中華街へ。(横浜市民は船橋市など歯牙にもかけないと思いますが、船橋市民は横浜市にルサンチマンを感じているケースが自分のわずかな見聞からみても相当あると思います。自分もそのルサンチマンを無意識に感じているため、積極的には行きません)

横浜からみなとみらい線で元町・中華街まで行った後、中華街を適当に歩き表通りの肉まん集団を回避して、万流館なる昭和風の喫茶店+台湾ちまき・菓子販売所でコーヒー。トイレが和式なのがきつかったが、珈琲は覚悟していたより酸味に流れず一定の深みもあってまとも、昭和風としてはむしろいい方のブレンド。店長はちまきを売り込みたかったようだが(自家製)、興味がないので珈琲のみ。

なんでも昔は老舗の珈琲店だったもよう。住居区としての中華街を感じられる店として薦めます。

この日中華街に来たのは、「萬来亭」に行くため。午後6時前ですでに4組ほど客がいた。
きゅうりと枝豆の和え物、乾燥豆腐の和え物、上海焼きそば、海鮮焼きそば、瓶ビールで相当満腹。
コスパも味も相当の水準。特に上海焼きそばのジャンク感と滋味のぎりぎりのバランスはワンアンドオンリーですごい。交通費払ってでもたまに食べたくなる味。
中華街の中では街中中華っぽい店内だが清潔なのも高評価。
麺などの販売もしているようだが、売り切れで断っていた。

この店の周辺は中華街の喧騒(ランバダを流すおもちゃには哀愁も感じたが)とは離れ、魚店や華僑組合の事務所などがあり、住居区としての中華街の魅力を楽しめる。

そのまま中華街の端をすりぬけ、どう見ても台湾の路地裏みたいな「天龍なんとか」なる中華料理店を眺めたりしながら、横浜スタジアムの脇を通って関内まで歩きJRに乗って帰宅。帰宅後ロッテ日ハム戦を見るが珍しく日ハムが大勝していた。パリーグの5位6位の対戦にふさわしい、レベルの上がってこない雰囲気は結構しんどかったが。

※非常にどうでもいい感じで書いている食事の記事のほうが、音楽のことをイキって書いている記事よりもアクセス数が上になるケースが多いです。今回の記事のような内容を楽しまれている読者の方にとっては、音楽の告知が多く申し訳ないのですが、今後このようなオフビートな食事記事の比率も上げていこうとは思っています。いつもお付き合いいただき有難うございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

相当の成果を挙げました!【GW3本勝負3本目・チャランゴ奏者と新松戸に出撃!】YOSHIO feat.D-Charango20170507新松戸Firebird

この日は勝手に盟友と思っているCHARTREUSE・田中雅紀氏の誕生日ライブ、
前々からお名前を聴いているすごいバンドの中でレッドステージを務めます。

今回は当初YOSHIOがやっているDUOで出演の構想があったのですがGW最終日で日程が合わず、
なんと「春チャラ」「チャランゴの集い」などにも頻繁に出演していて、名古屋地区での活動でも
知られているD氏をフィーチャーする形で演奏することになりました!

チャランゴがステージで演奏されるのはほぼほぼFirebird史上初ではないかと思われます。

そして今回は、相当ゴリッといわゆる南米音楽曲をやります。
あえてのブっこみ演奏となりますが、真摯に、ものすごい才能のある田中氏の誕生日を
祝いつつ、薄汚れた汗を流していきたいと思います。

GW最終日で生きているのがいやな方、絶対に来てください!

真面目なアピールをすると、Firebirdに興味はあるができればフォルクを聴きたいと思っている関係者の皆様にもお勧めの1日です!

→この日は以下の曲を演奏しました。

1、Amanecer Andino (Clarken Orosco)
2、Fiesta del Charango (W.Centellas)
3、Yove Male Mome
4、歴代インカ皇帝の名前~We will Rock You
5、El Minero
6、San Benito

25分枠で25分でした。(この日はオンタイムで進んでいました)

2はチャランゴソロメインの曲(センテージャスのことを「ドラッグの抜けたサンタナみたいな存在」と紹介しました)、など相当フォルクローレに寄せたセットでしたが、かなり盛り上がりました。

ライブハウスに寄せた乗りにかなりD氏にアジャストしていただいたこともあり、2で盛り上がるなど、結構(ハードな音作りは必須ですが)ロックバンドに負けずにフォルクローレ風セットでもイケることが証明された貴重なライブでした。チャランゴの音は出し方、取り方次第でかなり攻撃力があります。D氏の音楽的ポテンシャルなどに相当助けられ、巨大な成果を挙げられました。御礼申し上げます!


また今回来てくれた仲間のうちの1人である鈴木龍氏にも入っていただき、6を決めました。6ではノーマイクでも聞こえるシークの音にFirebirdスタッフがびっくりしていました。さすが世界レベルの出音です。また甘たるくなりそうな5で案外盛り上がりました。

デュオとしての実績もあり完成されているJOSE+YOSHIOのソリッドな雰囲気、TAKUYA&YOSHIOのフォークロック感とは完成度は違いますが、けっこうフォルク的ユニットをうまく接続できればと思います。興味のある方はぜひ一緒にやりましょう。

(2人いると音楽的にさまざまできるので張り切って限界までやるので、かなり酸欠感がありました。芸歴30年でも攻め続けられることに感謝しています)

この日の6で、ケーブルマイクのまま客席に行く様子や歌い方が「ほぼほぼハードコアバンド」とPA担当の方に言われたのは、ある意味てっぺんです。

この日の対バンの方々はまじすごい客としても楽しめる方々ばかりだったのですが、温かく仲間にしてくださったことに深く感謝申し上げます。そして田中雅紀氏誕生日おめでとうございますです。

スタッフの皆様、お客様、遊びに来てくださった仲間にも深く御礼申し上げます。

5/7(日)
新松戸FIREBIRD
"田中雅紀 誕生祭 -生まれてきてくれてありがとう-"

OPEN 17:30
START 18:00
TICKET 前売\2,500/当日\3,000
※1drink charge
※18時迄に御来場の方は追加1drink present

ACT
・田中雅紀
・ドブロク
・Negative Campaign
・櫂
・染谷芽依

【レッドステージ】
・いおかゆうみ
・YOSHIO feat.D-Charango

18:00-18:25 染谷芽依
18:30-19:00 櫂
19:05-19:30 いおかゆうみ
19:35-20:05 Negative Campaign
20:10-20:35 YOSHIO feat.D-Charango
20:40-21:10ドブロク
21:20-21:50 田中雅紀

bar time 22:00打上げ

(企画担当)新松戸FIREBIRD店長 ダイゴ

Yoshiod20170507


| | Comments (0) | TrackBack (0)

勉強になりつつ一定の成果を挙げました!【GW3本勝負2本目】170505、新松戸Firebirdで単独無伴奏!

今回はDANNY'S~さん(久々の対バン)から、いつもお世話になっているCHARTREUSE,Rife on the Rockさんなどさまざまなメンバーとともに出演、トリ前です。

GWに若干時間がある方、笛単独無伴奏ながら空気のおいしいところでの演奏が似合わないと言われた(実話)
アナーキーケーナ奏者がライブハウスに無駄に定着している様をぜひ観に来ませんか?
意外と曲目は民族音楽も多数やっています。

雰囲気がよいのは間違いないので宜しくお願いします!(なんかブラックバイトの勧誘みたいですが)

5/5(金祝)
新松戸FIREBIRD
"みゅーじっくちゃんぷるー GW SP"

OPEN 17:30
START 18:00
TICKET 前売¥2,000/当日¥2,500
※1drink charge
※18時迄に御来場の方は追加1ドリンクチャージ

ACT
・CHARTREUSE
・TOBIUO
・DANNY'S DEVIL'S BLUES
・Rife on the Lock

【レッドステージ】
・しらしら(POP RADIO)
・James
・平林啓祐
・YOSHIO(シュッと吹くケーナ奏者)

【DJ】
・Mr.BLACK

→本日は以下の曲を演奏いたしました。
1、Charla de Jilakas
2、Yove Mome Mome
3、We will Rock You
4、コザの公園で(YOSHIO)
(20分枠で17分)

この日はRife on the Lockのドラマーの誕生日ということでしたが、それよりも正直盟友バンドのCHARTREUSEさんの解散というのが「Firebirdに頻繁に出演していた音楽仲間」としてショッキングな出来事というのもあり、特に常連出演者が緊張していた、というか自分は緊張して結構エモい感じだったかと思います(音および演奏スタイルは自分でいうのもなんですがいつもよりもタイトだったようです)。

4の曲ですが、通常ラストとしていつもエンディングでやっている曲の傾向から離れ、エモすぎるMCで周囲を混乱に陥れた後であえてインプロ風のオリジナル(断片的には作っていましたが初出は2017年4月の巣鴨獅子王ライブ・その時よりも時間をカットして2分30秒程度にしています)曲を入れました。反応は思ったより温かくホッとしているとともに、さらなるバージョンアップをしようと思っています。

いつものように、ではありますが、いつものようにがなかなか貴重であることを痛感しておりますので、
労をいとわず競演者の皆様、スタッフの皆様、お客様に篤く御礼申し上げます。

18:00-18:20 しらしら
18:25-18:50 CHARTREUSE→この日はタイトでいつもに比べてもかなりいい演奏でした。現段階ではもう対バンの予定や一緒に演奏する予定は現段階でないのですが、少なくとも7/26の彼らの最終ライブにはなんとか遊びに行ければと思っています。私としてはそれぞれ能力も性格もすばらしいメンバーの皆様それぞれとご解散後も音楽仲間でいられればと祈念しています(エモい文章で恐縮です)。
18:55-19:15 James
19:20-19:45 TOBIUO
19:50-20:10 平林啓祐
20:15-20:40 DANNY'S DEVIL'S BLUES→ゴリゴリのブルースロックなのはいつもですが、この日はHAPPYな一体感があって凄かったです。
20:45-21:05 YOSHIO
21:10-21:35 Rife on the Lock→ゴリっとした演奏でした。最後「日刊フリーダム」(アンコール曲)で一緒に演奏させていただきました。「キーの曲途中での変更」への対応がとろくて申し訳なかったですが、楽しく演奏させていただきました。しかし音圧高めなエレキギターとドラムの2ピースにさくっとケーナを入れて成立するFirebirdの音響スキルやRife~のお2人の度量にも感謝しきりでございます。

bar time22:00終演後店内にて打上げ→この日もイエーガーマイスターとなり、2日で6ショット飲みました。自分的に新記録です。Mr.BLACK様連日有難うございます!

レッド20分/メイン25分(セット別)

(企画担当)新松戸FIREBIRD店長 ダイゴ

Yoshio20170505


| | Comments (0) | TrackBack (0)

一定の成果を得ました!【GW3本勝負1本目・初めて津田沼にて演奏!】20170504津田沼Mediterraneoにて単独無伴奏炸裂予定

新松戸Firebirdなどでよくお世話になっている、DJにして良心的ラーメンマニアの
Mr.Black氏主催のイベントで演奏します!

DJメンバー・出演者とも知り合いの方が多いですが、
DJメインイベントでは初の演奏となります。

15分のショートステージですが、もし津田沼に来れそうな方は
駅から店までの昭和な雰囲気もコミコミでぜひ遊びに来てください!

ケーナ奏者がDJに絡むというのは、大成功例ではsaigenji氏などの例がありますが、
あまり多い眺めではないと思います。
一方、通常のライブハウスが怖い人にとっては、若干でも居やすい空間かも
しれません。

宜しくお願い申し上げます!
(YOSHIO出演イベントとしては女性が多いです)

→以下の曲を演奏しました。
1、Masi(jose Joselo Marcero)
2、Yove Male Mome
3、We will Rock You
4、Todos Vuelven(みんな戻ってくる)
5、本多工務店のテーマ

MCを削り気味にして16分に詰め込みました。
最初はDJメインなのでどうなんだろうと思いながら演奏していましたが、
新松戸をはじめとする各所で知り合いだった方が多いこともあり
ふだんのテイストは出せたかなと思います。

Mediterraneoは実は現在の親の居所から激近であることもあり、
土地勘がないわけではない場所だったのも幸いしました。

さまざまな方々と美味な串焼きを食べつつ話し込めたので
相当楽しく過ごしました。(イエーガーマイスターショットで4杯は自分史上初でしたが…)
また次の機会がございましたらぜひ、と思っております。

お店の皆様、競演の皆様、お客様、主催のMr.Black様に御礼申し上げます!

5/4(木祝)
津田沼メディテラネオ
BLACK or WHITE Vol.4
【OPEN / DJ START】
18:00 / 18:00
【DJ】
ジャスミン花子→途中からショーになって会場を思い切り盛り上げられました。ジャス!
KUME(CHARTREUSE)
Jun153cm(YummyYummyMusicNight)
Shunsuke Ishizu(Blah-Blah-Blah)
MR BLACK
【LIVE】
梅一輪
Jerry(電氣唄雀)→みわさんとのセッションの合間に、数分フリーセッションしました。非常に楽しかったです!
YOSHIO(世界的ケーナ奏者)
チヒロック
【タイムテーブル】
18:00~18:40 MR BLACK
18:40~19:00 【LIVE】梅一輪
19:00~19:40 ジャスミン花子
19:40~20:00 【LIVE】Jerry
20:00~20:40 KUME
20:40~21:00 【LIVE】YOSHIO
21:00~21:40 Jun153cm
21:40~22:00 【LIVE】チヒロック
22:00~22:40 Shunsuke Ishizu
22:40~23:20 MR BLACK

Yoshio20170504


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.02

意味もない日記20170429-0501+喘息の治療についての断片的記憶

●4/29(土)
昼は久々にケンタッキー。油は相変わらずだが記憶より肉の味がまともでつい1ピース追加。
夜は久々「登運とん」で。サラミ塩レモンがなくなっていたのは残念だが、相変わらずの品質。@2100円。ただし内輪トークが目につく接客の質はやや低下(まあ価格からみれば妥当だが)。

●4/30(日)
7:50ぐらいから水道橋を徘徊、8:40ぐらいからドトールで休憩。
その後高田馬場へ。昼は渡なべとかいう料亭風の造りのラーメン店へ。15分程度並ぶ。
魚介つけ麺メインのようだが、ラーメンを。魚介系は結構飽きているが、品質はよいほう。
ラーメンの場合最初はつけ麺っぽい麺で、替え玉になると九州ラーメン的な細麺になるが、細麺とスープのマッチングとメンマのでかさが高評価。
接客もラーメンマニアがいそうな店にしては高圧的ではない。
ただ並んでまでまた食べたいか、といわれると重ねていうが魚介系へのモチベーションは高くないため微妙。
ちゃんとしたラーメンを食べたいときの候補。

夜は鮭の塩焼きなど。

●5/1(月)
昼は10℃カフェでタコライス、珈琲も頼んだら結構な散財(1450円)だが作業など進めるために座席料と割り切って滞在。
夜はサンクスのハンバーグと、海藻&豆腐。後者は豆腐が甘くて微妙なコンビニ惣菜。
スーパーで買った甘夏が相当のクオリティで美味。
NHK衛星で眺めたベックのオースティンなんたらというライブ番組で意外にヒントをもらう。

◆ボリビア音楽周りの重要人物の某氏の入院に関するあれこれ、などの厳しいSNSの記事を拝見し、かねてから某民族音楽業界喘息持ちの比率が高いかも、とか思ったのですが、それをきっかけに自分がどんな治療をしていたかを思い出しながら記します。

子どものころから30歳ごろまでは、特にふだんは何もせず、喘鳴するときだけアストフィリン(後年アスクロンに変更)、さらに苦しいときはメジヘラーを使用、というものでした。どうにもならないときは点滴などでした。

幼稚園児のころは10月になると1週間ほど登園できてませんでした。

2000年ごろ、30台になってから吸入ステロイドでコントロールを開始したのですが、数年で違和感を覚え辞める。
しかし現在の病院での説得を受け、2010年ぐらいからアドエアを使用しコントロール系の治療を再開、ケーナの音質の改善にも成功する。
年1回弱ほど点滴を打つ。

2017年になってシンビコートに変更。点滴治療も1月で2回行う。

といったところです。

喘息自体は0歳のときからなのですが、いわゆるコントロール系の治療はせず、気候におびえながら苦しいときだけ抑えるというものでした。(カフェインを飲むと楽なので、茶やコーヒーのODをするようにもなる)

呼吸器関係の疾患で不安な人に断言しますが、トヨスを常時吹くとかはともかく、ケーナぐらいならぜんぜん大丈夫です。どんどんやってください。
それよりもアレルギー源などを調べておくほうが重要です。

一方、苦しい状態の持続というのは思考傾向やライフスタイルに負の重大な影響を与えるので、コントロール系の治療に着手したほうがよいと思います。(苦しいときに抑える、系だけだと、どんどん心臓への負担が大きくなる「四天王プロレス」的な薬の利用法になってきて結構やばいです)

おまけですが喘息患者は薬に依存的になるのはやむを得ないと思いますので、睡眠薬の多用や付き合いでもなるべくドラッグの類はやらないに越したことはないでしょう。(違法・脱法問わず)

喘息は昔からある病ではあります(私の場合父親は呼吸機能が晩年は平均の2割程度になるなど、結構重篤でした)が、治療法が劇的に変わっているので、ちゃんと説明を受けて納得して取り組んだ方がよいかと思われます。くどいようですがケーナ演奏にもそのほうが良い結果になるかと思われます。

以上、「呼吸器がきついので笛の類NG」な方がカウンセリングに大量に来てくれることを祈念するしょっぱいケーナ奏者のステマ原稿(一応事実のみですが)にお付き合いいただき有難うございました。今後とも宜しくお願い申し上げます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2017 | Main