« June 2017 | Main | August 2017 »

2017.07.29

【2017高原骨折日記/骨折後41-44日】20170726-29日記【退院18-21日後】

※7/30(日)JOSE+YOSHIO、新松戸Firebirdに「魑魅魍魎」イベント出陣です!ぜひご来場をご検討ください。
詳細はこちら

●7/26(水)手術後26日
食事のパターンに飽きてきたので、ポンパドウルのチーズパンで昼を充当する。
他にはあまり変化なし。

●7/27(木)手術後27日
朝は卵焼きメインの和食。
この日は青山病院に午後向かう。退院後初の完全単独移動。
呼んだ丸十タクシーで1100円程度。

青山病院の売店で昼食を探すが常温保存の菓子パンしかないので1個食べる。

最初に内科で喘息診断。シンビコートからレルベアに変更、やっと春から悩まされた喘息が峠を越えたもよう。

その後外科へ。「まだ将来があるから、迷ったら慎重に行くように」とアドバスされる。回復自体は順調とのこと。
お盆明けにまた来るように言われる。

その後隣の薬局で薬を受け取る。薬局で弁当などを探すがないのであきらめる。

帰りは6分ほど待っていたらタクシーが来たので乗車。820円。自宅出発から4時間程度で本日のミッション完了。

夜はそば。そばや味噌汁にはいただいた煮干しを大量投入しています。
(業務放送=アラブさんにいただいた2パック中1パックはほぼなくなりました。賞味期限までに消費しつくしそうです)

●7/28(金)手術後28日
朝・昼と鮭を食べる。
昼はこんな感じ。

Img_20170728_162119

基本的に起きてからは、血流の関係で昼1,2回横になる以外はPCの前にいる状態で食事もPCの前で取っている状態。(変形和室で暮らしているのでどうしてもデスクで用を足さざるを得ない)

ネットゲームなどはやっていないもののPCで時間を無為に過ごしているのは事実。(なんJや哲学ニューススレなどを眺めるという)
ただ焦らないように、これまで高すぎた活動密度を下げるために故意にダメ路線に行っているのも事実。(もちろん高原骨折の情報収集もしてます)

夜は久々にコンビニの冷やし中華とファミマの穀物入りサラダ。

●7/29(土)手術後29日

朝はふつう、昼はパスタ。

夜はリクエストして、スーパーで買ってきてもらったオーストラリア牛のカイノミを焼いてもらう。
久々の牛肉にテンション上がるが、完治したら焼肉店に行きたいとの思いも強い。

そろそろ手術後4週たったので仮骨も形成されつつあるのではと期待しているが、すべては8/1のCT検査などを受けた診断により決まります。
もう少々本格復帰までお待ちくださいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.26

【2017高原骨折日記/骨折後35-40日】20170720-25日記【退院12-17日後】

●7/20(木)手術後20日
基本的に朝=魚の切り身系の和食、昼=おにぎりなど、夜=そばないし軽い食事のパターンが続き、さして記録の意思が強くなくなる。

この日は特段の事項なし。

●7/21(金)手術後21日

流石に引きこもり生活に飽き飽きしてくるが翌日ライブなので我慢。

●7/22(土)手術後22日

13時ごろ手配の車で出発するが想定より道が込んでいて14:10ライブハウス着。
この車はあまり船橋の道に詳しくなかった。

リハ後共演者に買ってきてもらったコンビニ弁当、飲むヨーグルトなど。

自分宛の募金を頂戴する。申し訳ない限り。

退院後ほぼ生でしゃべるのが家族のみという状態だったので、コミュニケーションのリハビリが必要であることを痛感。ライブもまずはコミュニケーションなので、そこも課題。

ライブ中皆様にお気遣いいただき無事に過ごす。関係各位の皆様のホスピタリティーに感謝。

ライブ終了後I氏の車で帰宅。荷物の運搬能力が著しく低くなっていて玄関まで運んでもらう仕儀となる。
やはり松葉杖・片足浮かせる状態での移動は相当の困難が伴う。

●7/23(日)手術後23日
疲労が著しいがライブ演奏を聴いて反省という通常フローをこなせるようになる。

●7/24(月)手術後24日

15:45過ぎにI氏の車で出るが17時ぎりぎり、昼はやはり道が込んでいる。飽きるほど梨園が出てくる。

昼代わりにローストポーク丼を食べる。この手の食料をあまり食べていないので普段よりも相当美味しく感じる。

別途お見舞い、大量の煮干しなども頂戴しますます恐縮の限り。屑なりに頑張って世界征服目指します。まずは回復から。

この日は復帰2回目ということもあり一定の仕上がりに持っていける。

終了後軽食が支給されるパターンの打ち上げに参加してから、I氏の車で帰宅。

●7/25(火)手術後25日

この日は朝食の食いつきが悪く、空腹になる時間も遅い。

昼というか夕食は18時ごろカップめん(ノンフライ醤油ラーメン)に煮干しを10匹投入したものとおにぎり。
夜はスーパーの刺身で海鮮丼にしたところ食いつきは回復。

睡眠だが、2日に1回は6時間程度は眠れるようになったので改善傾向。
傷の微熱も徐々に下がってきている感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.23

【御礼】YOSHIO募金箱頂戴いたしました

2017/7/22、ライブ出演前に、新松戸Firebirdに設置くださっていたYOSHIOへの募金箱を、店長より頂戴いたしました。

本日開封させていただき、1円玉から1000円札、果てはFirebirdの200円食券まで、皆様の過分なお気持ちを有難く頂戴いたしました。

深く感謝申し上げますとともに、今後きちっと活動できる状態まであせらず回復し、より進化することをお誓い申し上げます。

缶にございました書き込みも、嬉しく拝読いたしております。写真を記念で掲載しますので、不都合な方はおっしゃってくださいますと幸甚です。

Img_20170723_122334


Img_20170723_122404


Img_20170723_122415


Img_20170723_122431


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.20

【2017高原骨折日記/骨折後33・34日】20170718・9日記【退院10・11日後】

●7/18(火)手術後18日

朝はさわらの塩焼きなど。

11:15に丸十タクシー(船橋のタクシー会社は「配車センターに電話しても出ない」畜生なところがわりとあるが、ここはちゃんと出るし、無理なときは理由も説明してくれるので評価できる)を呼んで医療センターへ。

鉄道好き・バス好きの自分としては、人生でここまでタクシーを使い倒しているのは「カリスマ・パンピーでNYにライブに行ったとき」「アルゼンチンのコルドバに行ったとき」以来。

生命保険関連の手続きなどをするために13:30のアポなのに11:45までに行ったところ、診察が始まったのは17時ごろ、薬の受け取りなどもすべて終わって病院を出たのが18時ごろという6時間以上の待機。3連休明けのヤバさを痛感。なお医療センターの待機のいすの座り心地は青山病院に劣る。

途中空腹になったので、入院時には規則により行けなかったシダックス運営のレストラン。

Img_20170718_143812

14時過ぎに行ったのでそれほど込んでおらず、カフェテリア方式でなく自分で運ぶ必要がないので松葉杖でも使用OK。
眺望や雰囲気などは、そこはかとなく「地方の公共施設にあるレストラン」的だが、そんなに悪くない。

Img_20170718_143840

ビーフカレーセットは、カレーとラーメン、サラダにあんみつで1050円。
カレーは辛くない、そもそもごはんとサラダ以外はレトルトや冷凍もので、ありがちな第3セクター系(一昔前の空港食堂)レベルで安くもないが、覚悟していたよりはまとも。
なにより外食野郎だった自分として珍しい20日ぶりの外食に喜ぶ。(入院前も1週間程度は披露宴などを除いてほぼ富士そばぐらいしか食べられていなかった)

診察は10分以内で終わり(その前にレントゲンを撮ってはいたが)、結果としてはまだ患部に微熱はあるものの問題なし。ただしまだ骨が固まっているわけではないので電車・バスでの移動などは8/1の検査結果が出るまで控えてほしいとのこと。
あと膝は曲げるほうは問題ないが、伸ばすほうがもう少し膝皿を押して伸ばしてほしいとのこと。
とりあえず骨がずれるなどのトラブルはなく順調であることが医療的にも証明されたのでホッとする。

※演奏予定については、以前ご案内した通りで現状進めさせていただきます。

帰りはタクシープールで待っていたエミタスタクシーに乗って帰宅。今までで最短で到着(1450円ぐらい、ここまで平均1600~1800円程度かかる)。

夜は東武地下の鮨やおひたし。

●7/19(水)手術後19日

横になると3時間程度でトイレに立つがどうしようもない。

朝は鯖塩焼き。昼はスーパーでのセールにかかっていた日清のノンフライ麺の味噌ラーメン+おにぎり2つ。夕方に空腹に負けてシーフードカップヌードル。

夜はそば、野菜など。

日本ハムVS楽天戦を眺めるが、前日よりは上沢投手の頑張りで試合にはなっていたものの、攻撃時にわくわくできる時間帯がほとんどないのが観戦していてキツい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.18

【2017高原骨折日記/骨折後30-32日】20170715-7日記【退院7-9日後】

●7/15(土)手術後15日
朝豚肉の野菜炒め、久々のしっかりした肉料理に感涙。
昼中村屋のビーフカレー。
夜は東武地下の握り寿司とホウレンソウのおひたし。

週末は食事の水準が上がる。自分で料理すればよいのだがまだかなり困難。松葉杖は移動力あるが、運搬力や滞在力に著しく欠けるしマンション出口の段差をどうクリアするかの問題(単独で)が残っているので、コンビニに行って買ってくるという風邪患者レベルのことができない。

野球のオールスターを眺めながら、某民族音楽業界でもこんな雰囲気のイベントになればいいのになあ、などとやくたいもない考えをヤマヤスのツイッターも見ながら考える。
そうするためには、スター的メンタルの強化と互いへの敬意、理屈優先主義の削減、つまりポジティブ要素の増加が必要か。
まあまず自分は「音楽頑張ってよかった」と思うスタートラインに立つために、確実な復帰を目指します。

(今いろいろ考えるとネガ要素が上がるので、音楽関連事項では、復帰が一段落するまではシュートな発信は極力しないようにしています。あくまでも現場系演奏者としての投げかけをし続けられればと祈念しています)

●7/16(日)手術後16日
朝は目玉焼き、豆スープ。
昼はトマト、ピーマン、茄子、オイルサーディンのトマトパスタ。推定400グラム以上食べる。
夜はイワシの塩焼き3尾。イワシは内臓まですべて食べるので骨しか残らない。
この日ぐらいからまた膝に鈍痛が少し戻るが、接続時期の痛みとして前向きにとらえる努力。

●7/17(月・祝)手術後17日
睡眠時間細切れ問題は継続中だが諦めるしかない。

朝はパスタ、朝なので量は控えめ。
昼は梅干にぎりとさば缶、レトルト赤だし。
夜は納豆おくらそば、とまとときゅうり。

この日は日ハム2軍戦(対ベイスターズ)があまりにも暗黒(清水捕手が2ストライクの後のショートバウンドを止めようとも追いかけようともしない、打力がなさすぎる、など)なのでロッテ戦を眺め観客が打たせるヒットというものを久々に眺める。

すっかり野球ヲタになっているが、そろそろ休暇第1期は終わり。しっかりさまざまできるようにしなくては。
明日は検査。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.17

【Radical Andes Connetion拡大双方向性・アンガージュマンイベント!】20170909西船橋スタジオSUN【プレ復帰B】

※「プレ復帰B」の意味については恐縮ですがこちらをご参照ください。

RADICAL ANDES CONNECTION アンガージュマンライブ
 『√RADICAL!』

☆活動再開・拡大を目指すYOSHIOを中心としたユニット、Radical Andes Connectionが送る双方向性イベント!

聴くだけで満足できるアンデス音楽ベースのライブ+セッションよりもドープな共同表現=アンガージュマンライブ、技術レベル・ジャンル不問で一緒に表現しましょう!

アンデス系楽器、それ以外の楽器や音楽演奏大歓迎!

スタジオライブなので、電気楽器やドラムはじめとする各種楽器・歌唱・DJワークOK!

さらに音楽以外でもライブペイント・ポエトリーリーディングなどおよそ表現を志向する方ならコラボOK!(聴いて後で批評も表現活動に該当、もちろんただ聴いているだけでも大歓迎!)
※なお同ライブ参加者にはRadical Andes Connection加入権発生します。

日時:9月9日(土)16:00開場、16:10開演、18:00終了
 (16:10~16:45…Radical Andes Connectionライブ、16:50~17:50…アンガージュマンタイム)

場所:西船橋・スタジオSUN・Aスタジオ(JR/メトロ西船橋駅徒歩2分)

料金:1000円(予約・当日とも同じ。ただし予約・事前振込をされた方には音楽業界をえぐるオピニオン誌「El Solitario vol.2(同日発売開始・特集「ケーナを吹こう!音楽を楽しくやろう!」)」を当日プレゼント!)

※学生(小学生~大学院生)は同日18:15~実施予定の打ち上げ最大50%オフ!

予約・問い合わせ:YOSHIO(vzc05623@nifty.ne.jp、090@5198@3768、Twitter=@yoshioquena、
Facebook=Yoshio Mizo、LINE=yoshioquena)

※同ライブのチラシ・地図に関しては→「radical_andes_connection20170909.pdf」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

非常に有意義な成果をいただきました!【早期予約お勧め、限定30人イベント!久々のTAKUYA&YOSHIO関東演奏】20170813新松戸Firebird【プレ復帰B】

※「プレ復帰B」の意味については恐縮ですがこちらをご参照ください。

この日は新松戸Firebirdで久々のTAKUYA&YOSHIOです。
ピアノ演芸、大人の紙芝居、地獄シャンソンの名手に囲まれて
音圧がバカ高いわけではないですが、存在感ありまくりの人たちの中で
日本代表だったプライドを忘れず、しかし攻めた選曲で勝負します!

Pascua Linda、Maggot Brainなどの代表曲だけでなく、
久々の曲なども織り交ぜて皆様に楽しんでいただけるよう尽力します。

30人限定イベントですので、早めの予約をお勧めします!
予約はこちらへ。

お盆の週末、大人の楽しみになるように精一杯努力しますので
少々お時間などいただけますと幸甚です!

→この日は以下の曲を演奏しました。35分枠のところ38分程度やっておりお詫び申し上げます。

1、Pascua Linda(ボリビア・タリーハ地方民謡/TAKUYA&YOSHIOアレンジ)
2、熟れたとうもろこしの踊り Danza de Maiz Maduro(Atahualpa Yupanqui)
3、マゴット・ブレイン Maggot Brain (Clinton/Hazel)
4、タタ・インティ(父なる太陽)Tata Inti(G.Hermosa)
5、紙飛行機(井上陽水/TAKUYA&YOSHIOアレンジ)
6、山から来た男 (TAKUYA&YOSHIO)
7、谷間のカーニバル  Carnavalito Quebraden~o(Hermanos Abalos)

…この日は東京東部でボリビアフェスタなどがあったこともあり、いわゆる「フォルクローレ」関係の方にはインパクトを与えることができない状況でしたが、ライブハウスによく来られている方・あまり来られていないけどフォルクローレ的音楽をあまり聞かない方の前で、またプロ的に完成された独自の芸をお持ちの皆様の中で(こういうことをいうとまた怒られるのでしょうが)日本代表経験者として南米ベースである自分たちの音楽演奏をやり切ることに注力し、おかげさまでお客様に好評を得ることができました。篤く御礼申し上げます。

(これまた怒られるでしょうが)すごく傲慢な言い方をしますが、TAKUYA&YOSHIOはボリビアフェスタに参加するよりも、こちらのイベントで出演することでかえって南米音楽界に貢献できる結果になったと自負しています。

TAKUYA&YOSHIOは現状では活動が少ないユニットですが、今回のライブでパフォーマンスの前線に行ける可能性があることが証明でき、僭越ですが非常に喜んでおります。

特にいわゆるフォルクローレ的要素が強い2・4・7が好評でした。(手拍子は4の一部と7でのみでしたが、手拍子で楽しく、というより聞き入ってくださる感じでした)
お客様には「長年のコクとタイト感」がジャンルを超えて評価されたもようです。
4は本年の川俣コスキンで演奏しますのでお楽しみください!

今回ご覧いただいた皆様、共演の皆様、TAKUYA&YOSHIOをフラットに高評価くださって今回ブッキングしてくださったFirebirdの皆様に篤く御礼申し上げます!

※おまけネタですが、打ち上げのダラ飲み中に「YOSHIOさんのケーナってまあまあレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのギターっぽいですよね」と言われたのは、ケーナ表現の極北を走るYOSHIOにはある意味てっぺんというかど真ん中かもしれません。(単音的にゴリッと縦乗りで圧力的に攻める感じ、でしょうか)

8/13(日)
新松戸FIREBIRD
"新松戸ゴールデン劇場"

OPEN 18:00
START 18:30
TICKET 前売¥2,500/当日\3,000
※1drink charge
※18:30迄に御来場の方は追加1drink present

ACT
・ダイヤ・ピアノ・サンタ→ダイヤの世界旅行という仕立てでしたが、常に見せて魅せる(もちろん上手いというのは逆に当たり前すぎて失礼ですが)ピアノとヨーデルで押し切る、高品質のベタ演芸が炸裂。最後のリミックスが非常にハイブロウ。
・飯田華子→段ボールの独自の質感とともに突き刺さる大人の紙芝居と、Jラップの平均水準を陵駕したライムがすごい脱力的ラップの二本柱。個人的にはエロねたの凄さもさることながら、要所で現実への不安をつきつける「富士山」にしびれました。「DJ斉藤」がパワーワード。
・TAKUYA&YOSHIO→他の3組に比べると「二本柱」という切り札があったか不明ですが、長年の経験によるTAKUYAの歌唱とYOSHIOのケーナのコンビネーションとマウンドさばき、フィールディングなどでしのぎ切ったのかな、と思います。PAバランスもパーフェクトでした。有難うございます!
・蜂鳥あみ太=4号with佐藤真也(pf)→いつもご一緒するときよりもエレピをフィーチャー(佐藤氏もものすごい腕前)しつつ、いつもよりも長尺な分、容赦なく圧力強い舞台姿と歌唱のクオリティの二本柱でこの日をまとめきる濃厚なパフォーマンスでした。

Live
18:30-19:05 ダイヤ・ピアノ・サンタ
19:20-19:55 飯田華子
20:10-20:45 TAKUYA & YOSHIO
21:00-21:35 蜂鳥あみ太=4号with佐藤真也(pf)

bar time 22:00店内にて打ち上げ

Takuyayoshio20170813

※今回上の画像データのフルカラーチラシがございますので、予約希望の方・ご来場を検討される方・宣伝をお手伝いくださる方には郵送いたします。お気軽にこちらに連絡ください!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.16

相当の成果を得ることができました!【新松戸有数の魑魅魍魎が集うイベントにJOSE+YOSHIO出撃!】20170730新松戸Firebird【プレ復帰Aでの3回目出演】

※「プレ復帰A」の意味については恐縮ですがこちらをご参照ください。

この日は、これまで新松戸Firebirdに出まくっている小生が「ツヨめでカオスなゆえに」ブッキングされてこなかった魑魅魍魎シリーズに、JOSE+YOSHIOで初参戦です!

今回はややアコースティック風味上がっていますが、それはほのぼのを全く意味しません。
とことんヤバいメンバーです。
正直バンドだけでないびっくり箱かつハイレベル空間になることが想定されています。

日曜夜で恐縮ですが、絶対に損はさせない面子になっておりますし、
そんな中でJOSE+YOSHIOもツヨめに(YOSHIOは動けませんが)、必死に音を繰り出していきたいと思います。
復帰がどうのでなく、いきなり正念場です。

ぜひご来訪をお待ちしています! ご予約はこちらへ。

→この日は次の曲を演奏しました。

1、Suriqui(Victor Ferrel)
2、穴を開ける(JOSE+YOSHIO)
3、El Antigal(Ariel Petrocelli, Lito Nieva y Daniel Toro)
4、泊まり込み(JOSE+YOSHIO)
5、Charagua(Victor Jara)

MCはまだコントロールミス、およびエラー(チャラグアの街を目指したのはチェ・ゲバラですがビクトル・ハラと言ってしまいました)もありましたが、演奏としては(もちろん全員に聴いてもらう状態ではなかったものの)予想よりもシリアスな雰囲気の中、かなり熱心に聴いていただける水準を叩きだすことができました。
なんとか魑魅魍魎というイベント名にふさわしい品質の伴った百鬼夜行の中、爪痕は残すことができました。

特にホセ氏との、リズム・グルーブを最大化させた音のコンビネーションをきわめて高く評価されました。

バンドマンにはやはり2・4が好評でしたが、フォルクローレ好きの方には3が、一般のリスナーの方には5が好評でした。5の曲名や作曲者を聞かれたりして、少しは音楽に恩返しできたかも、と勝手に考えています。

重ねていいますが今回のイベントは、エグみも音楽性もきわめてハイレベルでございました。そして音圧も高い方が多いイベントでした。
その中でステージに立つ存在理由を証明できたこと、本当に嬉しく思います。また写真(お客様からのご提供)のように座って演奏することでお客様へのアプローチは限界がございましたが、むしろ音に集中することで一段またステップを上げたのではというありがたい評価をいただけました。(「空気音や声も使いながら、豊かな表現をしていることを再認識した」と競演者の方に言っていただけたのが嬉しかったです)

また出演者・お客様問わず多くの方に骨折を心配&いじっていただき、本当に申し訳なく思いまた感謝しています。「ここまでいじっていただいたのだから一人前の演奏をしないと顔向けできない」という思いも込めて演奏させていただきました。

競演の皆様、お客様、Firebirdの皆様に深く御礼申し上げます。

Picjoseyoshio201707301


7/30(日)
新松戸FIREBIRD
"魑魅魍魎"

OPEN 16:30
START 17:00
TICKET 前売\2,500/当日\3,000
※1drink charge
※17時迄に御来場の方は追加1drink present

ACT
・アナルファッカーズ→明るいJ-POPと徹した小芝居パフォーマンスが爽やかでした。
・蜂鳥あみ太=4号with大和田千弘(pf)→この日は特にコアな曲の連打ですごかったです。MCでいろいろいじっていただき、最後はセクシーJさんのはずれ1位で奪われました(迫真)。有難うございました!
・MaRS VIOLET LOVE(名古屋)→2ピース祭り以来の対バン。ストレートなロックギターがかっこいいです。
・Sister Paul→非常にベテランでいらっしゃるのにピーキーな攻めサウンドがすごかったです。
・PAPAPA→対バンは初めてですが、音のロックンロールさとパフォーマンスのキンキーさ(LOVE ME?という台詞がシャーロックのモリアーティ風)、運動量の凄さとオフとのギャップが衝撃でした。

【レッドステージ】
・James→この日はタイトでかっこよかったです。さらに奉納ブラザーズの演目を救う活躍でした。
・ムッシュ→ジャズギターとエフェクトのスキルを嫌味なく見せつけた前半と後半のギャップが凄過ぎました。
・奉納ブラザーズ(セクシーJ/シェパード太郎)→初めて拝見しました。個人的には最後の演目のJさんの江戸風味を生かした演目が好み。
JOSE+YOSHIO
・日比谷カタン→久々の対バンですが、サブカル的フリンジを超えまくるギターワークのヤバさに酔いました。

17:00-17:20 James
17:25-17:50 アナルファッカーズ
17:55-18:15 奉納ブラザーズ
18:20-18:45 蜂鳥あみ太=4号with大和田千弘(pf)
18:50-19:10 ムッシュ
休憩
19:30-19:55 MaRS VIOLET LOVE
20:00-20:20 JOSE+YOSHIO
20:25-20:50 Sister Paul
20:55-21:20日比谷カタン
21:30-21:55 PAPAPA

bar time 22:00 drink or die!!!

メイン・日比谷カタン 25分/レッド20分

Joseyoshio20170730

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.15

【療養支援御礼】30周年記念コンサートの動画期間限定公開しています!

こちらでございますが、ここまでの療養を支援くださっている皆様への御礼も込めて、
好評だった30周年記念コンサートの動画を公開しています。
こちらです

共演された方でご意見がある方はYOSHIO宛にお知らせください。

ぜひご感想などもお気軽にお待ちしています!こちらへどうぞ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

課題も見つけながら手ごたえを得ました!【およそ1月ぶりの単独無伴奏】20170724(月)新松戸Firebird【プレ復帰A出演2回目】

※「プレ復帰A」の意味については恐縮ですがこちらをご参照ください。

この日は対バン経験がかなりある方々を中心とした弾き語りメインのイベントです。
送迎の関係で出演後何時までいられるか微妙ではあるのですが、
開場時からはおりますので、ぜひ多くの方にお目にかかれますと幸甚でございます。

またプレ復帰段階ですが、久々の単独無伴奏です。
この日は特に非常に有力な演者が多い中、自分がちゃんと演者として存在できるのか
ケーナ単独無伴奏の演奏者として重要な関門の一つになろうかと思います。

私以外の演者を聴くだけでも有意義だと思いますので、お待ち申し上げております。
ご予約はこちらに。

→次の曲を演奏しました。

1、Inti Yacu
2、Yove Male Mome
3、歴代インカ皇帝名称~We will Rock You
4、Qoullur(星)

…まだMCが多少ふわついていますが、ストライクも入ってきたのでさらに改善します。
演奏はだいぶ目途が立ってきました。
めったにやらない4は新機軸と思って演奏したもののもっと完成度を上げたいところですが、1が完成度を維持できていたので、全体として組み立てられました。

この日は温かい競演者やお客様に支えていただいたと思います。(いつもそうなのですが、この日は特にそう思いました。「音楽は理解できないが、でも何故か聴きたくなる。ハート?情熱?何か形容出来ない魅力的なものを奏でている」という趣旨のことをおっしゃって下さる方がいて、活動が無駄でないことを確信させていただきました)

今後とも何卒宜しくお願い申し上げます!


7/24(月)
新松戸FIREBIRD
"愛こそすべて"

OPEN 17:30
START 18:00
TICKET 前売¥2,000/当日\2,500
※1drink(\600) charge
※18:00迄に御来場の方は追加1drink present

ACT
・太田圭二郎
・奈良岡
・ピスたちお
・みわ(電氣唄雀)
・アラブ
・Jerry(電氣唄雀)
・田中雅紀
YOSHIO(シュッと吹くケーナ奏者)
・湯澤ひかり
・沼田謙二朗

Live
18:00-18:20 太田圭二郎
18:25-18:45 奈良岡
18:50-19:10 ピスたちお
19:15-19:35 みわ(電氣唄雀)
19:40-20:00 アラブ
20:05-20:25 Jerry(電氣唄雀)
20:30-20:50 田中雅紀 
20:55-21:15 YOSHIO
21:20-21:40 湯澤ひかり
21:45-22:05 沼田謙二朗

Yoshio20170724


| | Comments (0) | TrackBack (0)

【2017高原骨折日記/骨折後28・29日】20170713・4日記【退院5・6日後】

●7/13(木)手術後13日
豆スープと豆腐もやし煮込みで朝ダウナー状態。
昼はしゃけ、おにぎり、インスタント赤だし。
夜はカレーパンとヨーグルト、塩ロール。パンは船橋で有名らしいピーターパン。

この日は足のむくみが一定改善するが精神的に結構ダウナーな1日。

●7/14(金)手術後14日
ここまで時々しか記載をしていないが、足がまだむくんでいる関係(内出血跡などはやっとなくなってきたが)で、怪我する前はなかった現象として夜トイレに立つようになっている。睡眠時間継続はだいたい3~4時間程度。

現在の左脚の写真はこちら。ちょっとグロ画像なのはご容赦。

Img_20170714_143841

朝はしゃけなど。
昼はおにぎり、しゃけ、カップヌードルカレー味。
夜は缶詰の牡蠣入りそば。

午後に船橋駅前交番の警官が来て、巡回連絡カードの記入を要請されたので対応。このマンション12年ほど住んでいるが初めて。

この日ぐらいから各種連絡など前向きな業務ができるだけのコンディションになる。

常温で飲みやすいペリエを久々に飲んでいて在庫がなくなったのでネット注文。
アマゾンが微妙に高いので、楽天市場で750ミリリットル12本セット1980円税込発送料込を2箱注文。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.14

【演奏活動復帰に関して(170801修正)】+課題を見つけつつなんとか完了しました!【20170722YOSHIO*龍@新松戸Firebird】

皆様先日来お騒がせしております今回の小生の演奏中の不手際による負傷に関し、格別のご高配をいただき御礼申し上げます。

Ⅰ:演奏活動復帰に関して(170801修正あり)

現在自宅療養&リハビリ中でございますが、皆様のお気遣いのおかげをもちまして、手術後2週間・退院後1週間という現状において当初想定のペースにて回復している状況です。本当に有難うございます。
機動力的には相変わらずですが、本日ぐらいから鈍痛も落ち着いてきて、能動的な発信活動も再開できています。
今週までは自宅に逼塞してマンションの廊下から外にも出ていませんでしたが、来週は通院なども入るためリハビリとして次の段階に進むこととなります。

この状況を受けまして、誠に勝手ではございますがリスクを回避するために、演奏活動に関しては今後以下のように、3か月程度かけて段階を踏んで再開する方針にさせていただきます。(検査による確認結果などで状況が変化する場合はまたご報告・ご相談申し上げます)

・7/22-31…プレ復帰A(リスク回避を最優先した行動、電車に乗れないため自宅から演奏会場まで車での送迎にて移動、基本的に自宅と会場の往復のみ、事前にブッキングされていたライブのうち車送迎可能で階段のない会場のみでの出演、座って演奏・原則段差のないステージでの演奏)→おかげさまで無事遂行することができました!

・8/2-9/10…プレ復帰B(社会復帰を進めながらリスクは避ける行動、時間がかかるものの松葉杖利用で一部電車移動可能【8/11までは極力車移動も利用】、事前にブッキングされていたライブのうち階段のない会場のみでの出演、座って演奏)

・9/11-30…準復帰(原則片方松葉杖、ないし松葉杖なしで時間はかかるが移動・演奏可能、状況を勘案しながら絞り気味の方針のもと通常の演奏活動および音楽活動再開)

・10/1以降…完全復帰(松葉杖不要、通常の行動・演奏活動)

…もちろんプレ復帰だろうが準復帰だろうが完全復帰だろうが、ステージでの演奏は今まで以上に(動きがない状態でも)熱く強く行くつもりですので、何卒宜しくお願い申し上げます。(幸か不幸か、現在出演予定のステージは、どれもとても「リハビリ・調整気分」ではこなせないゴリッゴリのヤバめのステージとなっています)

今回の復帰方針決定に関して、ご迷惑をおかけしたにもかかわらず大変にご配慮いただきました主催者・店舗の皆様、また対バンの皆様、共演者の皆様(今回特にプレ復帰中は共演者の力を最大限借りてステージングするシーンが特に多いかと思われます)、ご来場ご検討の皆様、気にかけてくださっている皆様に篤く御礼申し上げます。

皆様にも大変ご迷惑を引き続きおかけいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

Ⅱ、7/22の演奏に関しまして(プレ復帰A)

7/22は、3月に福島県伊達市の「すまいるラウンジコンサート」で演奏し好評だった鈴木龍氏とのユニット、「YOSHIO*龍(ヨシオカケルリュウ)」で臨みます。同ユニットでは3回目の演奏、新松戸Firebirdは初登場となります。

新松戸Firebirdのレッドステージとなりますが、ご覧のとおりどえらい競演者の皆様とのステージとなります。
ぜひ遊びに来ていただけますと幸甚でございます!

基本的にあまり動きませんが脚以外は元気なはずですので、皆様と楽しめればと思います。予約はこちら新松戸Firebirdへ「YOSHIO*龍で」とおっしゃっていただけると幸甚です。

ロック・ロカビリー・サイコビリー・ピアノ演芸などが繰り出される空間でどうチャランゴとケーナがマッチするのか、あるいはマッチせず異物として存在するのか、ぜひその行く末をご覧になっていただけますと幸甚でございます。

→なんとか無事に演奏ができました。曲目は以下です。
1、午後6時 Seis de la Tarde
2、スリキ Suriqui
3、We will Rock You
4、鉱夫さん El Minero
5、サン・ベニート San Benito

…この日は非常にハイレベルな出演者の中、課題がだいぶある状態でしたが、今後の活動へのきっかけを得るレベルの演奏となりました。

メインのテーマであったケーナの馬力という点では、想定の範囲内で十分出せました。
ただ他にも「チャランゴとの調和(これはYOSHIOのコンディションによる準備の問題が大きく、共演が盟友・鈴木龍氏だったのでまだなんとかなったという感じです)・MCの感度・歌などで、特に歌のように元からの弱点が出ただけでなく、これまで得意とした方面でもブランクによる感覚のずれが出たなというのが正直な感想です。

正直言って1月弱のブランクではありますが、さまざまなタイプのミュージシャンとの凌ぎ合い(しかも後述するようにFirebirdのクオリティはYOSHIOの参入当初より激上がりしています)のライブハウスシーンから数週間離れただけで、できないことは発生するという厳しさも痛感しました。(これは練習だけでカバーできる問題でなく、大げさなと失笑するかもしれませんが、投手にとってのマウンドのような「現場感覚」の問題なのだと思われます。MCがフィールディング、アンサンブルがコントロールに該当しますでしょうか)
特にMCは、場を見るタイミングがずれただけでだいぶ難しくなるということも痛感しました。(この日は全般にリズムに貪欲でシビアなお客様が多く、MCでの組み立てが簡単ではない日ではあったのも事実ですが…)

ただ手前味噌ですがまったく見せ場を作れなかったわけではなく、4ではYOSHIOの特質である「旋律の持ち上げ力」や、カルージョで特に手業を出す鈴木龍氏のチャランゴワークで一定の評判を得ました。

ライブハウスに出演するというのは調整登板はありえず真剣勝負の結果は受け止めたうえで、今回いただいた課題とささやかな自信をもとに、また攻めていきたいと思います。

皆様有難うございました&宜しくお願い申し上げます。

※厚かましいお願いですが、車送迎が必要な7月のライブのうち、この日のみ帰りは算段取れているのですが行きは現在車での移動手段が確保できていません。もしリアル知り合いの方で、7/22(土)に船橋市本町から新松戸Firebird(13:45までに着)までYOSHIOを乗せてもいいよ、という奇特な方がいらっしゃったらこちらにご連絡いただけますと幸甚です。相当恩に着ます。

→この日は行きは自分で手配しました。早くUBERが本格普及してほしいです。帰りは某氏に送っていただきました。感謝申し上げます。

なおこの日来てくださったお客様が、YOSHIOはともかくFirebirdが繰り出す演者のレベルに高い評価をくださったことも報告申し上げます。このようなハコで演奏活動をさせてもらえることに感謝しながら、復帰するだけでなく進化するように努力していきたいと改めて痛感しました。

7/22(土)
新松戸FIREBIRD
"DON DOKO DON"

OPEN 15:30
START 16:00
TICKET 前売¥2,000/当日\2,500
※1drink(\600) charge
※16:00迄に御来場の方は追加1drink present

ACT
・大人の悪戯
・CAROLAN'S→非常に無駄のない、すっと受け止められるロカビリーサウンドでした。
・The Railroad Steel
・ロンボトランヒップショット→カツクラさんの引き込み力の強さを再認識しました。寒いトークを拾っていただき感謝しています。
・THE ELEKING
・ハラシン&フレンズ→パワフルなブルースハープで押し切る凄さがありました。

【レッドステージ】
・赤松ハルカ→相変わらずセクシーでキレがすごいですが、今回は強さも感じました。
・wisimoso(ライブペインティング)
・YOSHIO*龍
・油井ジョージワンマンバンド→ワンマンバンドとして、リズムの強さと正確さ、機構の工夫とトータルの構成が完成度凄かったです。
・ダイヤ・ピアノ・サンタ→この日はヨーデルを中盤で投入して、温まりにくい場を掘り起こして最終的にさらう一流ぶりを発揮していました。

16:00-16:25 大人の悪戯
16:30-16:50 赤松ハルカ
16:55-17:20 CAROLAN'S
17:25-17:55 wisimoso
18:00-18:25 The Railroad Steel 
 休憩
18:45-19:05 YOSHIO*龍
19:10-19:35 ロンボトランヒップショット
19:40-20:00 油井ジョージ ワンマンバンド
20:05-20:30 THE ELEKING
20:35-20:55 ダイヤ・ピアノ・サンタ
21:00-21:25 ハラシン&フレンズ

Yoshioliu20170722


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.13

【2017高原骨折日記/骨折後27日】20170712日記【退院4日後】

●7/12(水)手術後12日

朝はキノコスープ、糠漬け、ご飯。
昼はカップめんから脱却し、梅干おにぎりとさんまかば焼き缶、インスタント赤だし。
夜はもやし豆腐煮込み、ブロッコリーや糠漬けなど、ご飯。

もやしと豆腐はそれぞれよい食材とは思われるが、この組み合わせが中心となる料理は、自分のように動物性たんぱく質への嗜好が強い人間にとって精神にダウナーな影響を与えるケースが多いことを確認。

この日も廊下2往復、膝関連のリハビリメニュー。
脚のむくみがやや改善するが、まだ微妙に痛みがあることもあり、人からの問い合わせ対応・メール返信・SNSのチェックなど受動的な活動はできるものの、こみいった書籍を読むことや書類作成、HP更新、音楽的活動などの前向きな発信方向には行ききれない感じ。

痛みにはたいがい鈍く(高原骨折していたのに10日以上日常生活をしていたことに、身内だけでなく医療スタッフからも相当あきれられた)なっているが、今は身体の発信に多少忠実になろうとしているので、今までのパワープレイ型の思考回路を若干修正している。
これまで相当体力に物を言わせた活動をしてきていたので、①体力の限界を認識してセーブする②体力を挙げるべく、ジム通いなどをする―という選択肢のうち、完治までは①、完治してからは②でメタモルフォーゼしようと画策中。

ただ現在はとにかく日々療養生活をすることに専念しなければならないと思い自主的プチ座敷牢(空調付き)に対応中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.12

【2017高原骨折日記/骨折後26日】20170711日記【退院3日後】

●7/11(火)手術後11日
朝はキノコトマトスープと糠漬けとブロッコリー。
昼はどん兵衛きつねうどんに煮干し投入。
夜は卵焼きとそば。

リハビリの歩行を開始、といってもマンション入り口の階段への不安があるので
フロアの廊下を2往復する程度。
廊下の床が傾いていること、端の手すりが腰ぐらいしかなくあんまり端まで行って
バランスを崩すと転落の危険があることに気付く。健常時にはまったく気づかず。

夕暮れどきに見えるアパートのベランダに男性2人が座り込んでいるのはなんだろうとか、
普段見えない風景は見えるが特に美しいものを見つけないのは自分の内面ゆえか。
もう少し涼しければ爽やかな夕暮れではあるのだが。

足のむくみがどうにもならないので、2~3時間PCに向かった後は1時間程度横になるという生活パターン。

入院時よりはテレビを流しっぱなしにできるだけ快適すぎるが、人生でそうはない「野球の平日生中継を追い続けられる」環境で今の日本ハムの戦いを見るのはかなり不快。

雑事に追われて音楽に時間を使えていませんが、もう少々お待ちください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.11

【2017高原骨折日記/骨折後25日】20170710日記【退院2日後】

●7/10(月)手術後10日目

朝は目玉焼き、ご飯、キノコトマト豆スープ。
昼は中村屋のスパイシーチキンカレーとホウレンソウおひたし、らっきょなど。
夕方にカップヌードル(シーフード)に、見舞いでいただいた煮干しをぶち込んで食べる。※独力だと台所で調理して運ぶ、の「運ぶ」機能がない。
夜はゆがいたそば。

10時間以上(トイレで席を立つ以外は)続けてデスクにすわっていたところ足がむくみ手術後から1か所体液が出るほどになったので、今後は2時間程度デスク作業したら1時間は横になる必要あり。

最低限のリハビリは行う。

療養中だが業務系電話5本、ペーパー3本の添削に従事。意外と音楽に費やせない。
まだ席に座ってネットを見る、業務をこなすあたりで根が尽きる感じ。この方面でのリハビリも重要。

さまざまやりたいことはあるが、慌てずに一つ一つ、アウト1つずつ取っていかなくては、という
辛抱する中継ぎ投手みたいなメンタル(あまり向いてません)でしのいでいるところに、
雑な守備などで崩壊する日本ハムの試合を眺めてストレス。

療養生活は各所に迷惑をおかけし申し訳ないがもっと暇かなーと思っていたが、というのが偽らざる心境。
ともあれ復帰を目指すためにはすべて対処必要なことなので、きちんと対応していきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.10

【2017高原骨折日記/骨折後23・24日】20170708-09日記【退院日・退院翌日】

※今回の骨折後の生活の経緯を、どなたかの参考になればと思いまとめだしました。時系列はめちゃくちゃですがご容赦ください。

●7/8(土)手術後8日目

怪我をしてから、ほぼほぼ夜トイレに立つ。足のむくみもハンパないのでしかたなし。
2:00と4:00に起きる。その後起床時間の6:00までまどろむ。

起床後片づけなどをしつつ、病室の洗面台で顔を洗って着替える。
(豆知識:船橋市立医療センターは髭剃りは電気カミソリ以外本来NGだそうです)

8:00朝食。微妙に甘目・温順な味付けともこれでおさらば。

9:00ごろA棟1階の救急窓口で退院手続きをして、戻った後10時過ぎの回診でシャワーOKをもらう。

10:20ごろ家族に荷物を持ってもらって退院。看護師などもあまりいない時間のため挨拶もほぼほぼなし。

両方松葉杖での移動はスピードはある程度確保できるものの、スタミナと運搬力を相当奪われる。さらにベースベッドで過ごす入院生活のせいで体幹が弱っているのも痛感。

タクシーで自宅まで移動、自宅マンションの20センチ程度の段差(5段)の入り口階段に手を焼く。
柵をてすりにしてケンケンで移動。

自宅も当然バリアフリーではないが、最低限通路を確保しながら、浴室(手洗い・洗面・シャワー時使用、入口段差対策も)・玄関兼台所(靴履き・最低限の調理時使用)・寝室(起床時使用)用の丸パイプいす(折り畳みは体重の関係で×)を3脚、アマゾンのプレミアムサービスを駆使して翌日午前着にて3500円以内で注文。

昼はトマトベースでサバ缶投入のコンキェリェ。コクとスパイスに入院食との違いを実感。

午後最低限の各種手配だが、座っているだけでしんどい。リハビリと思って辛抱。

夜は東武地下の鮨とペンネ。鮨美味しすぎ。

●7/9(日)手術後9日目

やはり夜トイレに立つ。

朝はサバの塩焼きベースの和食。10時ごろ丸いす到着しバリアフリー計画第1弾完了。

10時ぐらいから断続的に7人程度と話す展開(各15~30分。残念ながら友人と、ではなく業務関連)。

昼はなしで、夜はアジフライおよび和食。

前日よりマシだがまだまだ椅子に座っているのもつらくなってくる時間が早いが、リハビリ。

シャワーを浴びた後、布団でリハビリ用に膝や足首を動かすメニューをこなして24時ごろ就寝。入院生活は(むやみに必要ではないとはいえ)入浴やシャワーに関しては相当制約があることを再認識。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.08

170708報告・YOSHIO骨折の件に関しまして

皆様標記の件ではかねてよりお騒がせし、またご迷惑ご心配をおかけし慚愧に堪えません。

(以前の記事はこちらを)

本日7/8に、10泊11日の入院を経て無事退院いたしましたので報告いたします。

6/30の手術も3時間の予定のところ6時間かかる難手術でしたが、無事成功裏に終わりました。

…ただまた骨が器具以外で接続しきっているわけではないので、8/1の検査で最終判断するまでは左脚免荷(体重をかけてはいけない状態)で移動の際には両方松葉杖で動かなければならない状態となってます。
(ここでOKになると、片方松葉杖にして徐々に左脚を動かしていくようになり、移動の安定性が増し、日常社会生活レベルの行動がある程度自立して可能となります。さらに順調にいけば8月下旬から末ぐらいで松葉杖が不要になります)

当初手術後10日程度での日常社会生活復帰を検討していたのですが、この状態ではリハビリを進めたとしてもある程度の移動はできるようになるものの、「駅まで歩いて電車に乗って移動」した後に何かを成し遂げるということは極めて困難であるのみならず転倒などのリスクもある(特に雨の日)ため、医療スタッフの判断・また身内を含む多くの方々のアドバイスにより、左脚免荷状態のうちは入院していた医療センターおよび医療センターへの紹介をいただいた青山病院への通院以外は、基本自宅でのリハビリ・療養ということになりました。

よって特に7・8月において、演奏活動にも相当の制約がかかることを、謹んで主催の皆様・対バンの皆様・楽しみにしていてくださっている皆様にお詫び申し上げます。

夏のこの期間を治療およびリハビリメインに費やさせていただき、(今後このような事態を招かないようにするというのは当然のこととして)今後の活動のための準備期間および可能なら身体コンディションを向上させる期間とさせていただきますことをお詫び申し上げます。

今回の(私のトンパチによる)怪我に関して、お見舞いに来てくださったりさまざまお気にかけてくださっている方々や、出演キャンセルを承諾くださったり共催イベントのコンセプト変更をしてくださったりそれに合わせてくださったり代理出演くださったりとしてくださった方々がいらっしゃることに身の縮む思いでございます。本当に申し訳ございません&ありがとうございます。皆様のご厚情ご高配に背くことがないよう、必死にリハビリいたします。

厚かましいお願いでございますが、どうか今後ともYOSHIOを宜しくお願い申し上げます。長々失礼いたしました。

2017年7月8日 YOSHIO 拝

追伸:怪我後治療・リハビリの経緯は(残念ながら時間に余裕があるので)まとめて、同病の方の参考になるようにしようと考えております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2017 | Main | August 2017 »