2020.05.05

投げ銭システム整備しました【緊急事態宣言期間中にふさわしく】オンラインでの演奏活動カウンセリングなど対応します(無料/投げ銭/有料)

標記の件ですが、唐突に申し上げるとZOOMによるカウンセリングなどの対応いたします。

過激派ケーナ奏者として蛮名を挙げていますYOSHIOは、しかし身の程はわかっておりますので教室開設などはしていませんが、

フォルクローレを中心とした演奏活動、その他もろもろについてのカウンセリングというものは細々とやっています。(詳細こちら

これについては、基本対面でやっておりました。(ニュアンスなどをすくうことに重きを置いていたため)

 

ただこのご時世だと非常に難しいため、オンラインでの無料/投げ銭/有料相談に対応することにいたしました。

 

ご希望の方はお気軽に連絡ください。Twitter=@yoshioquena, FACEBOOK=Yoshio MizoのDM、あるいはメールアドレスへ連絡ください。

ご連絡いただいてからご希望の手段、日時を確定させていただき、実際にオンラインでカウンセリングする流れになります。

 

●無料=無料での相談・カウンセリングなどぜひお気軽にお申し出ください。なお現在OFUSEでの投げ銭受領システムも整備開始していますので、カウンセリングが役に立った、と思ったら気楽に出していただけるようにします。(完了しだい報告申し上げます)

特にOFUSEシステムが整備されれば、基本は無料カウンセリングで社会貢献(?)できればとは思っています。

 

→投げ銭はこちらのOFUSEシステムにいたします。(リンク先はYOSHIOのお布施箱です)

気が向かれたら、で結構ですので宜しくお願いいたします。(やりかたの詳細はこちら

 

●有料=より(具体的な当事者間の調整も入るなど)突っ込んだ話、音楽表現のためのレッスン的な要素が入る場合は有料をお勧めしますが、いきなりではなく、無料でのカウンセリングを受けていただいてから相談とさせてください。

 

…過去のYOSHIOカウンセリング活用例としては、音楽活動をいかに自分のポリシーを守りつつやっていくか、ケーナレパートリーの探し方、音楽活動をしながらの進路相談などまちまちです。

 

「通りすがりの旅人」に聞く感覚でお気軽にご連絡ください。冷やかし歓迎です。

| | Comments (0)

2020.02.17

【20200422再改訂】2020年新型コロナウイルス流行状況においての当ブログ発信に関してのご案内【20200217版】


【お知らせ】
2/17のところで、不要不急の外出を控えるよう政府が要請しているとの発信が出ています。(朝日新聞HP)
新型コロナウイルスは、中国の方さえ避ければ大丈夫という当初の(問題があり、なおかつ結果として正しかったかどうかも分かりにくい)認識を超えた展開となり、現状では流行規模および被害状況の予想がつきにくくなっています。
(新型コロナウイルスに関してはこちらを)
このような流行状況、および「不要不急な外出は控える」という国からの発信が出ている状況でライブ告知をするのを問題視される方に謹んでお詫び申し上げますが、演奏イベントを行う店や主催者、さらに出演者にとってライブは「不要不急」ではないので、恐縮ですが現段階において告知は継続します。
告知に何の強制力もありませんのでご容赦下さい。聴きに来られる方が「不要不急」と判断するようでしたら、ご来場を避けるのが当然の流れでしょうし、どうしても聴きたい、ライブに参加したいというお気持ちを「不要不急」で片づけることも、私としては馴染まないところでございます。(ただ「少しでも体調が悪そうであれば無理しない」というのは、出演側・運営側・観客側問わず必要な判断かとは思います)

 

なおイベントの実施自体は企画の主催者ないし店舗に判断権限があるため、出演者としては実施される限りお客様に向けて最善を尽くすことのみであること、合わせてお知らせ申し上げます。
最後に、いつも応援いただきありがとうございます。上記の判断は状況の変化により修正する可能性があることも、事前にお詫びしておきます。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
2020年2月17日 YOSHIO 拝
→その後ですが、ライブハウスでの感染と疑われる事案  や 、船橋市での感染者発覚 もあり、状況は想定の範囲内とはいえシリアスな状況になっています。国からの2週間ほどの自粛勧告的なものも官邸より発表されています。
このような中で、イベントや演奏会が中止になっているケースが多々あります。YOSHIOも、正直「情熱クロスオーバーコンサート」がこの時期だったとしたら、公的ホールの設備・人員を利用しているということから中止となっていた可能性が極めて高かったと思います。
また高齢者層の死亡率を鑑みて、80代後半の母が一人で市内に住んでいますが、うかつに会いに行けないという現実もあります。
ただ、現在流行っているこのウイルスの一般的な致死率、一切の活動のみならず日常生活を停止してひきこもることの不可能性およびリスクさらに道義性(現在の高度な流通社会において、その人がひきこもれるのは往々にして他者の犠牲に基づいていることはもう少し認識されるべきかと)、および現在YOSHIOが主戦場としているライブハウスなどの対策の真剣さなどを考慮して、現在は活動を中止する意図はありません。
日常行っている他のことと同様、演奏活動も細心の注意を払い、「日常を継続する」スタイルでこの難関と戦っていきたいと思います。
もちろん活動中止などの判断も正しい戦い方の一つでしょうし、お客様に来るように強くいうことが妥当でないのも当然の理です。
ただこの疫病への戦い方は、現在主流の対応のほかにいくつかの手法があるのではないかと感じています。お互いに闘って生き残っていきましょう。
(なおSNSなどでやむを得ず出勤や活動をしている人を「意識が低すぎてイライラする」と攻撃している方を拝見しますが、イライラする前に「ファイトスタイルの違い」という観点を導入されることをお勧めします。また直接自分に攻撃を加えない人に対してイライラするのはあまりいい精神状況ではなく、免疫力の低下につながりかねません。私はそう言われても不感的対応をすることで免疫力を低下させないようにしています。あと日本のインフラをもう少し評価して感謝すべきかと)
とりあえず、この「国難」どころか世界的災禍に対して、あまり生真面目にならずでも留意すべき点は留意しながら戦っていきましょう。
私もケーナを吹きながら頑張ります。
皆様のご壮健を衷心より祈念申し上げます。コロナが気になっている方とも落ち着いたらぜひお目にかかれればと思います。上記の記述に少しでも共感してくださる方とは、すぐにでもお目にかかりたい気持ちです。
末尾ですが「都心に行きたくない、都心は汚染されている」という発信を聞く際に、腹が立つより「震災のとき福島の人はこれを言われまくったんだな」と思っていることだけ備忘録的に申し添えておきます。
2020年3月3日 YOSHIO 拝
…その後の状況は、まさに世界的災禍となっており、日本においても拡散のための諸行動が求められるようになりました。
日本の状況は、ある意味経済をギリギリ止めずに対応しようとしている点で(そのためにリスクを払っている人も多いですが)、
非常に微妙な状況となっています。
また2月から直面していたウイルスよりも、昨今蔓延している種類のものが明らかに強力なものとなっており、前回までで申し上げた対応では不完全であることを、「終わりなき日常を生きる」ことを重視する傾向が強いYOSHIOも認めざるを得ない状況となっているのも事実です。
(とはいえ非音楽的事情により、基本週3~5回の頻度で、昨今非常に危険と喧伝される渋谷に出頭しています)
クラスター認定によるライブハウス業界への逆風によるお店の一時休業なども多く、演奏キャンセル、延期などが多発しているため、以下の対応をいたします。
・まず4/12(日)までSNSでの個別告知・報告は停止いたしますので、演奏日程に興味がある方はこのブログのトップページに出すようにはいたしますが、極力個別に問い合わせください。なおSNS自体は更新などしますので、なるべくハッピーな発信を心掛けたYOSHIOを見ていただけますと幸甚です。
→こちらですが、当面の間、無観客ライブ以外の告知はSNS上で停止いたします。(4/22)
・4~5月において、掲載の予定通り演奏をするケースもありますが、少なくとも4/12(日)までは基本的にご来場をお勧めできません(もちろん対策を取ってくださる会場のみの出演とはなっていますが)。
→こちらも、当面は基本的にはご来場をお勧めしない対応を当面の間に延長いたします。(4/22)
…今は贅言を弄する余裕はお互いにないでしょう。ただ少しでもかかわってくださった皆様の健康とご多幸、人類社会が少しでもましな状況になることを衷心より祈念申し上げます。
今後とも、可能な範囲で宜しくお願い申し上げます。お目にかかれる日にまたお目にかかりましょう。私も母に会える日が、そして皆様に会える日がなるべく早く来ることを祈念しています。
20200422 YOSHIO 拝

| | Comments (0)

2020.01.03

【謹賀新年】2019年大変お世話になりました。2020年も宜しくお願い申し上げます

ブログをご覧いただき誠に有難うございます。

2019年はおかげさまで145本のライブに出演させていただくことができました。

これもひとえに誘ってくださる皆様、対バンの皆様、周囲の皆様、音楽的な仲間たち、そしてお客様のご厚情あってこそと痛感しております。

本当に有難うございました。

個人的にも、もちろん反省点や要改善点は多々ございますが、穴を開けずに演奏しきれた点、いくつかのライブで自己ベストを叩き出せたところ、リフレッシュ方法の確立などに成果を感じております。

 

もちろんこの成果とやらも今後につなげてこそでございます。

皆様のくださったチャンスやご高配に少しでも応えるべく、2020年は1本1本のライブの熱量をさらに上げて、本数では及ばないにしても

存在感や音楽性をさらに上げていくべく、年齢を顧みないチャレンジを続けていきたいと思います。

 

また2019年、生涯最大数のライブを行ったため身体的・肉体的な燃え尽き症候群なども懸念していましたが、

そんなことは全くなく、むしろ新松戸Firebirdの年越しイベントなどの様子を見て、

自分がまだまだであることを痛感し、奮闘を誓っております。

2020年は、どこかで年越しイベントに出るチャンスがもしあればぜひ生かしたいと思っています。

なにより、年越しイベントが有意義なものとなるように、ことし1年また頑張ります。

 

2020年も、さすらえるケーナ奏者の悪あがきにぜひお付き合いくださいますよう、重ねてお願い申し上げます。

2020年1月3日 ケーナ奏者YOSHIO 謹拝

 

追伸1:年末年始は不在にしておりましたが、その様子はSNS(FACEBOOK、TWITTER、INSTAGRAM)にて断片的に報告いたしますので、気が向かれましたらご笑覧いただけますと幸甚です。

追伸2:初夢は「某ブッカーに商業演劇の準主役のブッキングをされ、出演が無理で『出たいって言ってないですよね』と反論したところで目が覚める」というフロイト的解釈を許さない代物でした。これが何を意味するかは不明ですが、まずは音楽的に精進し、某ブッカーから何らかのオファーを貰えるように尽力します。

 

 

| | Comments (0)

2019.06.15

【手短な報告】20190616YOSHIO祭直前の身体コンディションに関して

皆様。6/16の天下の奇祭YOSHIO祭  はいわずもがな、YOSHIOの骨折2周年を記念した生前葬イベントですが、

この時期YOSHIOは確かにコンディションがいまいちなのも事実です。

(昨年はこんなことがありました)

 

…今年も実は、やってしまいました。

YOSHIO祭前日にいろいろとやろうとしていたのですが、

めまいと吐き気と冷や汗が止まらず、電車になんとか乗ったものの複数駅で降り

御茶ノ水でギブアップ、駅そばの古典喫茶名店「穂高」で1時間以上うなったあげくに

(汚い話ですが)リバースしてしまい(もちろんトイレでですが)、

その後やっとの思いで帰宅し、後の予定をすべてキャンセルしました。

掃除はもちろんしましたが、同店にいらっしゃった皆様本当に申し訳ございませんでした。お詫びのしようもありません。

 

帰宅後はまあまあ体調は落ち着いているのですが、

どうも症状および前後状況から、アナフィラキシーショック的なものだったかと思われます。

 

小生デブなりに無駄に食事に気を使うこともあり、

その一環として朝は果物+ヨーグルトとかにしているのですが、

キウイを食べるとここ半年ほどのどが若干かゆくなることがありました。

キウイを食べるのはときどきなのですが、ここ2月ほどあっためまいが発生している日(本日よりは大幅に軽いですが)には

グリーンキウイを食べていることが判明しています。

そして本日わりと久々に食べたところ、今回の事態に至りました。

 

もちろん素人の判断は危険で、しっかり検査などする必要が近日中にありますが、

とりあえず当面キウイは避けます。

昨年大麦アレルギー的なものが発覚(というか推定)されて以来2年連続のNG食品判明で、

正直年齢による蓄積の結果かとも思いますが、なるべくこのようなことに時間を取られないよう、

しっかり対応していきたいと思います。

 

…現在は明日のYOSHIO祭に向けて、十二分の体調は無理でも十分な体調にするよう、静養しています。

 

明日は必死でやりますので、ぜひぎりぎりのYOSHIO(本人としては不本意ですが、ぎりぎりのYOSHIOは各地で好評です)を観に聴きに来ていただけますと幸甚です。

宜しくお願い申し上げます!

| | Comments (0)

2019.05.19

ニャンデスさんにCD・同人誌を販売いただくことになりました

皆様こんにちは。

さてSNSなどですでに告知されている件ですが、

関西を中心に、フォルクローレを中心とした現場でのグッズ販売活動を通じて猫の保護活動を行っている団体への寄付を継続的にされている「ニャンデス」様に、CDと同人誌を販売いただき、その売り上げの一部をニャンデス様の寄付活動に活用いただくこととなりましたので報告申し上げます。

 

詳細につきましては画像を参照ください。

Yoshiopop2019maynyandes

もちろんYOSHIOJOSE‐RECORDS からも購入いただけますが、ニャンデスさんからお買い求めいただくと、猫の役に立ちますので、興味がある方はぜひご検討いただけますと幸甚です。

2019/5/19の三木山音楽祭から取り扱い開始となります!

 

…これだけですませればいわゆる無難な発表なのですが、「なぜニャンデスさんと委託販売契約をしたのか」について、断片的にご案内させていただけますと光栄です。

1、ニャンデス様の粘り強く、マウントやエキセントリックさと無縁の、誠実な姿勢および制作物の品質に共感した。

…銀河英雄伝説ではないですが、「思想に共感するより思想を体現している人物に共感」という要素です。

ニャンデス様の、いわゆる猫愛護至上主義的姿勢とは違う、ユーモアと(特にプロ的スタンスでなく音楽活動をしているフォルクローレ関係者への)共感に満ちた発信をここ数年みかけ、非常に尊敬の念を持っておりました。

またグッズのクオリティも高く、その素晴らしさにかねてから注目していました。

 

2、猫をはじめとする動物保護活動に控えめですが共感した(あるいは、動物への恩返しを少しでもしたかった)

…たとえば地域猫活動などでは「猫に無関心な家庭の庭が荒らされていることへの配慮がない」などの批判もあります。

だから猫を殺すとかいうことにはまったく共感できませんが、その主張自体は一定の理があるというのが私のスタンスです。

なのでおおっぴらに「猫を保護する活動に共感しました!」と言上げすることに、若干の抵抗があったのも白状しますが正直なところです。

ただ自分は一方で実家では計5匹の犬と暮らした経験があり(一番先達の犬にとって私は出来の悪い弟でした)、今老母が地域の野良猫上がりの猫と暮らすことで生きがいを持ち、ひいては私の演奏活動を支えてくれているということも無視するつもりはありません。

ささやかにでも動物に対する恩義を返せないか(特に自分は今動物を飼える環境にいないので)と思っていた際に、ニャンデス様の活動に協力することでその目標を実現できる可能性があることに気づき、「しょっぱい自分の制作物ですみません!」(SSマシーン風に)と思いつつ参加した次第です。

 

3、関西を中心とする皆様に自分の制作物(特に同人誌)を目にする機会もほしかった

…これを書いてしますと1・2で書いたことが無になるぐらい汚い欲望まみれの意向ですが、事実ではあるので正直に書きました。

関西地域では心斎橋バーキネマトスでは相当回演奏させていただいていますが、いわゆるフォルクローレ的空間にはなかなかお伺いできていないのが正直なところです。

少しでも関西を中心とする皆様に買ってもらえなくても見てもらえれば、と思ったのも正味の話です。

ただこれは他にも手段はある話なので、1・2を上回る理由にはなりません(と言い訳っぽくて恐縮です)。

 

……ともあれ、不審なケーナ奏者の物販を引き受けてくださいましたニャンデス様には、いくら感謝してもしたりない気分です。

自分の売り上げが少しでも猫や犬をはじめとする動物たちの幸せにつながるならば有難い気分です。

皆様引き続き宜しくお願い申し上げます!

| | Comments (0)

2019.02.05

【テレビで放送されます!】情熱クロスオーバーコンサートvol.Ⅱの様子が船橋習志野ケーブルテレビで放送されます!

皆様有難うございました。

標記の件ですが、本日2/5(火)17:40から、船橋習志野ケーブルテレビ(JCOM系)の「デイリーニュース」で放送されます!

番組の詳細はこちら

船橋習志野地域外のかたも、スマホでアプリ「ど・ろーかる」にアクセスいただき、検索いただければご覧になれます。
宜しくお願い申し上げます!

皆様、JCOM船橋習志野の「デイリーニュース」で無事「情熱クロスオーバーコンサート」の様子が報道されました!

JCOM船橋習志野の皆様はじめ関係各位の皆様に篤く御礼申し上げます。

【「情熱クロスオーバーコンサート」番組の観方】

スマホで「ど・ろーかる」アプリをダウンロード
→立ち上げて「TV」ボタンを押す
→「ニュース」タブを押す
→J:COM船橋・習志野を選択、

これで全国どこからでも「デイリーニュース」が見られます。

2/5放送分の開始6分50秒ほどから5分程度にわたって放送されています。

明日2/6の夕方ぐらいまでにぜひ見て下さいますと幸甚でございます!

(ここだけの話、全出演者の演奏シーンなどだけでなく、DJ界で有名なあの人のインタビューなども収録されています)
2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2019.01.03

【2018年誠に有難うございました】YOSHIOの2019年ご挨拶

遅くなりましたが、改めて2018年には皆様にお世話になりました。
2019年にも何卒宜しくお願い申し上げます。

…2018年には107回の演奏、CDリリース、レコ発ライブなど大きなステップをミュージシャンとして踏むことができました。
これも本当に皆様のおかげです。篤く御礼申し上げます。

一方、活動の中でさまざまな不義理をしていることも認識しております。
この正月中に少しでもお返しできればとは思いますが、本当に申し訳ございません。
どうかお許しください。

本年はより厳しい状況にはなろうかと思いますが、少しでも前に進むべく頑張ります。
年齢にかかわらず、やるべきことを少しでもやり切れるよう、時には休む勇気をもちながらも頑張っていきます。
今後ともご迷惑不義理などあるかと思いますが、何卒ご指導ご鞭撻いただきたくお願い申し上げます。

というわけで、1月は10本のライブ、そして2月3日には主催ライブが控えています。
早速皆様のご助力をいただけますと幸甚でございます。

ケーナ奏者としてやるところまで頑張ります!

2019年1月3日 YOSHIO 拝

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.11.02

【前代未聞】YOSHIOの顔イラスト入りTシャツ予約販売開始!【11/14までの予約限定!完全受注生産】+ささやかな宣言

皆様こんにちは。標記の件に関してご報告です。

なんと、おそらく日本のケーナ奏者として史上初(かも)、
顔のイラスト(本格派のイラストレイターの方に詳細取材いただき描いていただきました!)のプリントされた
Tシャツ、予約限定販売開始です!

仕掛け人は私ではなく、私が拠点とさせていただいている新松戸Firebirdです!

【YOSHIO NEW GOODS!!!】
YOSHIO MAXIMUM QUENA T-SHIRT 全7色 (各サイズあります)
1枚:¥3,000(税込) 2枚:¥5,000(税込) 完全受注生産 ※11/14までご予約ください。

詳細は下の画像をご覧ください。

Yoshiotshirt2018novjpg20large


…11/14(水)までの予約による完全受注生産となりますが、受け渡しに関しては

YOSHIOのバースデー前日記念ライブ@Firebird(最速!)

●12/3(月)以降Firebirdでの引き渡し

●通販OK(詳細はFirebirdにお問い合わせください)

となっております。

正直通常のバンドマンにしてもこの年齢では珍しいのに、ケーナ奏者でこのようなものを企画いただくことにとまどっていますが、そうそうあることではないのでみんなで楽しめればと思っています。

どうか宜しくお願い申し上げます!

ご予約、お問い合わせなどはぜひFirebirdへ!

…これだけですませれば綺麗な告知記事なのですが、追加でつぶやきを少々。

「フォルクローレ関連のミュージシャンは9割以上は他のジャンルの一流ミュージシャンに相手にされない。楽譜を読んでアレンジできないようではだめ」「フォルクローレの演奏者は単なるコスプレ」というSNS上での発信を読んで、一定の真実を含んでいるな、と思うとともに、その自己認識から何かポジティブなミュージシャンとしての活動宣言などが伴っていないことを残念に思っています。(この発信をされた方々が、ご自身の認識はさておきミュージシャンであるのは自明の理である方々です)

そのようなスタンスの方々から見たら、今回の件など、「ケーナも吹けているかあやしい奴が勘違いしてミュージシャン面している」という方面の話なのでしょう。

ただ小生としては、たとえどんなに少なくともミュージシャンやお客様がいるシーンで一生懸命ライブをやることでこのような最近のそれなりな活動の広がりをしている自分の境遇を素直に喜ぶとともに、「一流とかかわれない」=意味がない、というニュアンスでネガティブな意識に浸るよりも、二流でも五流でもこの世の中で必死に生活しながら(利益にならなかろうがなんだろうが自分の中の筋を通す)音楽活動をしたり音楽を聴いて観てくれる人に少しでもアクセスし続けるポジティブな活動を続けていきたいという気持ちを新たにしています。
(くどいようですが上述の発言をした人たちを否定したりDisったりしているわけではありません。ただそのスタンスだけではポジティブではないと思ったことからこの発信をさせていただいています)

自分は一流でもなんでもないのですが、自分の中の筋を通しながら活動を続けるための努力だけは惜しまないつもりです。

いささか他ジャンルの方々との邂逅やセッションを他のフォルクローレ演奏者よりもハードに重ねている小生として、その成果の一つが実はこのバンド的Tシャツだと思っています。

ぜひ、面白がりつつも、そんな決意をしていることだけご笑覧いただき、YOSHIOの発信にときたまのっかっていただけますと幸甚でございます。

今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

2018年11月2日 YOSHIO 拝

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.10.03

【コスキン2018】YOSHIOの予定です。恐縮です!

標記の件ですが、なんか偉そうで恐縮でございます。
どなたかのニーズがあれば、と思い、コスキン・エン・ハポンの予定は以下になります。
(変更になる場合もありえます)

●10/6(土)
10時の新幹線で11:30福島着、その後ホテルで荷物をピックアップして川俣に移動。
(バスの場合は12:30ですが、13時からのインフォメーションセンターのシフトに間に合わないため、可能なら別の移動手段を探りたいところです。12時ごろには福島を出られればと思っています)

この日はインフォメーションセンター運営に関わりつつ、以下の出番で演奏します。
メイン会場です。

19:50 33 Radical Andes Connection

曲目は「Cancion de Lejos」「Achacachen~ita」です。前者はYOKO氏のボーカルを最大限発揮する形ですので私の出番は少ないですが聴きどころ充実です。後者はいつものナンバーです。

この日は23時ごろ撤退予定ですが、交通手段を検討しています。
もし見つからなければ、松川周りのルートを検討しています(タクシー代が安くなるやつ)。その場合には同乗者を募集します。

宿泊は福島駅そばのリッチモンドホテルです。

●10/7(日)
この日は9時からインフォメーションセンターのシフトに入っています。
移動は乗せてくださる方が見つからない場合、松川経由のルートで入ることになるかと思います(松川から自治体バス)。

この日は以下の日程で出演します。
16:30 YOSHIO →メイン会場から徒歩7分程度の「絹蔵」です。今年は喫茶の営業はありません。
特別ゲストの乱入ありますよ!聴いて損なしです。

18:20 57 TAKUYA&YOSHIO→メイン会場です。
曲目は「Amor,Quena y Retumbo(愛とケーナとレトゥンボ)」「El Derecho de Vivir en Paz(平和に生きる権利)」です。前者は久々の完全新曲、ライカスの演奏で有名ですが、今だからできる演奏を目指します。
ガチケーナです。後者はTAKUYA&YOSHIOの長年のレパートリーですが、ビクトル・ハラの名曲です。
ただ相方がちゃんと来れるかどうかだけが懸念事項です。

この日はその後22時まで会場にいた後、レンタカーで福島に戻ります。
宿は同じです。

●10/8(月)
この日も9時までに川俣へ。この日はさらに足が見つかりにくそうです。

この日は演奏はなく、インフォメーションセンター運営中心に活動します。

19時福島発の新幹線で戻ります。

…なお会場にいる間、絹蔵での演奏の前後などで、CDの販売を行います。
ただ私のCDを販売するだけではなく、今回ゲスト出演するホセ犬伏氏のレーベル「JOSE-Records」のCDの販売を私のほうで担当します。

氏のオリジナルアルバムで渡辺大輔氏が参加している「荒野に立つ」と、「Ending Breath Attack」を販売管理しますのでお気軽にお声かけください!(この2点が同レーベル所属です)

(なおインフォメーションセンターで役務中は、いずれのCDに関しましても同所での販売行為はNGなので、お声かけいただいた際の状況で、対応に関しまして詳細をご相談ということになりますのでご理解ください。

なおインフォメーションセンターが込んでいる際には、お待ちいただく、ないし再度のお声かけを願うケースがございますことをご了承いただきますようお願い申し上げます)

……くだくだ申し上げておりますが、非常に楽しみでございます。
当日まで、何卒宜しくお願い申し上げます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【毎日新聞でCDの紹介をいただきました!】20181001毎日新聞朝刊千葉県面

さて標記の件でございますが、10/1(月)毎日新聞朝刊千葉県面で、YOSHIOのCDリリースに関して報じていただきました。

その前の週に1時間ほど取材をいただいていたのですが、毎日新聞船橋支局の小林多美子記者が、4月に掲載いただいたときのように、異文化の紹介者というよりは、首都圏の郊外に住んでいて地元の文化人にもなりきれていない自分がいい年ぶっこいてなにゆえ闘争的活動をしているのか、自分でもわかってはいないのですが、その自分の言いたいことを汲んですばらしい記事を書いてくださいました。

ネット記事はこちら(有料ですが少しだけ読めます)。

千葉エリアの図書館などで読めるようです。

…これだけのサポートをいただいてしょっぱいケーナ奏者を自認してる場合でもないでしょうから、取りあえず行けるところまでいけるよう頑張っていきたいと思います。

今回想定よりもはるかに多くの方に応援していただいていることに対して、素直に感謝しております。すべてが終わったときに「有難うございました」と言えるように、今はただやっていくのみです。

※YOSHIOのCD「Ending Breath Attack」は、コスキン・エン・ハポンでは、今回ゲスト出演するホセ犬伏氏のレーベルの1枚として会場で販売します。氏のアルバム「荒野に立つ」とあわせてご検討いただけますと幸甚でございます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)