2018.10.03

【コスキン2018】YOSHIOの予定です。恐縮です!

標記の件ですが、なんか偉そうで恐縮でございます。
どなたかのニーズがあれば、と思い、コスキン・エン・ハポンの予定は以下になります。
(変更になる場合もありえます)

●10/6(土)
10時の新幹線で11:30福島着、その後ホテルで荷物をピックアップして川俣に移動。
(バスの場合は12:30ですが、13時からのインフォメーションセンターのシフトに間に合わないため、可能なら別の移動手段を探りたいところです。12時ごろには福島を出られればと思っています)

この日はインフォメーションセンター運営に関わりつつ、以下の出番で演奏します。
メイン会場です。

19:50 33 Radical Andes Connection

曲目は「Cancion de Lejos」「Achacachen~ita」です。前者はYOKO氏のボーカルを最大限発揮する形ですので私の出番は少ないですが聴きどころ充実です。後者はいつものナンバーです。

この日は23時ごろ撤退予定ですが、交通手段を検討しています。
もし見つからなければ、松川周りのルートを検討しています(タクシー代が安くなるやつ)。その場合には同乗者を募集します。

宿泊は福島駅そばのリッチモンドホテルです。

●10/7(日)
この日は9時からインフォメーションセンターのシフトに入っています。
移動は乗せてくださる方が見つからない場合、松川経由のルートで入ることになるかと思います(松川から自治体バス)。

この日は以下の日程で出演します。
16:30 YOSHIO →メイン会場から徒歩7分程度の「絹蔵」です。今年は喫茶の営業はありません。
特別ゲストの乱入ありますよ!聴いて損なしです。

18:20 57 TAKUYA&YOSHIO→メイン会場です。
曲目は「Amor,Quena y Retumbo(愛とケーナとレトゥンボ)」「El Derecho de Vivir en Paz(平和に生きる権利)」です。前者は久々の完全新曲、ライカスの演奏で有名ですが、今だからできる演奏を目指します。
ガチケーナです。後者はTAKUYA&YOSHIOの長年のレパートリーですが、ビクトル・ハラの名曲です。
ただ相方がちゃんと来れるかどうかだけが懸念事項です。

この日はその後22時まで会場にいた後、レンタカーで福島に戻ります。
宿は同じです。

●10/8(月)
この日も9時までに川俣へ。この日はさらに足が見つかりにくそうです。

この日は演奏はなく、インフォメーションセンター運営中心に活動します。

19時福島発の新幹線で戻ります。

…なお会場にいる間、絹蔵での演奏の前後などで、CDの販売を行います。
ただ私のCDを販売するだけではなく、今回ゲスト出演するホセ犬伏氏のレーベル「JOSE-Records」のCDの販売を私のほうで担当します。

氏のオリジナルアルバムで渡辺大輔氏が参加している「荒野に立つ」と、「Ending Breath Attack」を販売管理しますのでお気軽にお声かけください!(この2点が同レーベル所属です)

(なおインフォメーションセンターで役務中は、いずれのCDに関しましても同所での販売行為はNGなので、お声かけいただいた際の状況で、対応に関しまして詳細をご相談ということになりますのでご理解ください。

なおインフォメーションセンターが込んでいる際には、お待ちいただく、ないし再度のお声かけを願うケースがございますことをご了承いただきますようお願い申し上げます)

……くだくだ申し上げておりますが、非常に楽しみでございます。
当日まで、何卒宜しくお願い申し上げます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【毎日新聞でCDの紹介をいただきました!】20181001毎日新聞朝刊千葉県面

さて標記の件でございますが、10/1(月)毎日新聞朝刊千葉県面で、YOSHIOのCDリリースに関して報じていただきました。

その前の週に1時間ほど取材をいただいていたのですが、毎日新聞船橋支局の小林多美子記者が、4月に掲載いただいたときのように、異文化の紹介者というよりは、首都圏の郊外に住んでいて地元の文化人にもなりきれていない自分がいい年ぶっこいてなにゆえ闘争的活動をしているのか、自分でもわかってはいないのですが、その自分の言いたいことを汲んですばらしい記事を書いてくださいました。

ネット記事はこちら(有料ですが少しだけ読めます)。

千葉エリアの図書館などで読めるようです。

…これだけのサポートをいただいてしょっぱいケーナ奏者を自認してる場合でもないでしょうから、取りあえず行けるところまでいけるよう頑張っていきたいと思います。

今回想定よりもはるかに多くの方に応援していただいていることに対して、素直に感謝しております。すべてが終わったときに「有難うございました」と言えるように、今はただやっていくのみです。

※YOSHIOのCD「Ending Breath Attack」は、コスキン・エン・ハポンでは、今回ゲスト出演するホセ犬伏氏のレーベルの1枚として会場で販売します。氏のアルバム「荒野に立つ」とあわせてご検討いただけますと幸甚でございます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.09.07

とある動画が発掘された件に関して

まず冒頭に、台風および地震などさまざまな天災に遭われている方、理不尽な環境での苦しみを受けている方に謹んで連帯とお見舞いを申し上げます。

さて標記の件ですが手短に。

以前こちらの記事でもお伝えした「朝まで生テレビ」で映り込んでいた件に関しまして、非常に鋭敏な意識を持つシンガーソングライターの方が動画を発掘され、身内中心にSNSでバズるという事案が発生しました。コメントなども多数いただきましたがお返しできておらず申し訳ございません。

シンガーソングライターの方が掲載くださったTwitterでの紹介記事はこちら

こちらに関して、「YOSHIOが細すぎる(SNS感想より)」とか、「YOSHIOが有名人にブっこんでいる」レベルの感想をいただければ実は一番有難いのですが、オウム真理教というネタであることもあり、さまざま不快な思いをしている方がいるかと推察申し上げます。まず犠牲者も相当数いる事項での不謹慎と取られかねない点(もとよりその意図は毛頭ございませんが)、謹んでお詫び申し上げます。

自分のオウム真理教に関する印象は、先に紹介した記事をご覧いただければとは思いますが、改めて申し上げますと、オウム真理教が行った犯罪行為の一切は許容されるべきではない、というのが基本でございます。

そのうえで、「オウム真理教は自分も含めた日本人の多くに重大な反省を迫る事案であって、しかも回収しきれていない点は多々ある」と考えています。

長々書くのもアレなのですが、狭い空間で自分の正統性を証明する人を抱える集団に第三者的視点を入れることを拒絶する方向性の問題点、という点だけは申し上げておきます。他にも多々あるでしょうが、浅学菲才な小生としては、日々折々に考えていきます、としか約束できません。

…などと偉そうに言っても「人の不幸をダシにした売名行為」と言われるのでしょうが、オウムに対して様々思うところを持ちながら、それはそれとしてYOSHIOの激変ぶりにフォーカスして楽しんでいただけますと幸甚です。(紫堂恭子氏の傑作ファンタジーマンガ『辺境警備』の隊長よりも変わり方がヤバいですが、自分は今の容貌のほうが好きです)

ともあれ28年前の動画に直面し、無心に楽しんでくださる方に感謝するとともに、自分もさまざま考えるところがあったのも事実でございます。
今後も変な言い方ですが精一杯活動していきたいと思っておりますので、ご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

2018年9月7日 YOSHIO 拝

※久々に動画を見た感想。「記憶より自分が喋っているし映っている」「自分が白シャツでわりとしっかりした格好なのがテロリストな雰囲気を醸している」「西部邁の老害感が結果としてオウムのアシストになっている」「なんでパネラーの人はみんな黙っているんだろう」…といったところです。意識が低くて申し訳ございません。

※※SNSで特に嬉しかった感想は、大学時代からの音楽関係の旧友による「『宗教家はなぜ断言できるのですか?』いい質問!麻原氏に答弁を促し再質問し、西部邁氏には説教されそうになったけど食い下がり…今のYoshio氏のグイグイ&エンタメ精神の根っこが感じられる貴重な映像をありがとうございました」というものでした。(差しさわりがあるとあれなので匿名にしておきます)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.08.21

ご挨拶遅れました!レコ発無事完了+緊急あり【JOSE+YOSHIO、YOSHIOソロアルバム完成+20180923レコ発ライブ決行&同日より発売開始!絶賛予約受付中!】20180923JOSE+YOSHIO@新松戸Firebird

【特に千葉県在住の方に緊急告知!】10/1(月)毎日新聞朝刊の千葉県面にてYOSHIOのCD「Ending Breath Attack」についての記事が掲載されている可能性があります。千葉県ご在住の方、毎日新聞をぜひご確認ください!(ただしこの気象状況なので記事の差し替えなどある可能性があります。その場合はまた詳細わかり次第ご案内いたします)

…というわけでお騒がせしていましたJOSE+YOSHIO/YOSHIOソロのCDアルバム、
9/23発売開始が正式に決まりました!(JOSE犬伏プロデュース)

9/23 新松戸Firebirdにてレコ発イベントもあり!(フライヤー参照)

試聴→こちらでどうぞ。全曲の一部が聴けます。

なお販売は9/23(日)レコ発ライブ以降のYOSHIO出演ライブ、JOSE犬伏出演ライブ、コスキン・エン・ハポンなどで行わせていただきます。

通販ご希望の方は→JOSE犬伏氏のサイトにて取扱いしています。(9/23より販売開始)
なおYOSHIOも予約・販売を承ります。
YOSHIOの知り合いの方でYOSHIOからの通販を希望される方は、個別にこちらへご連絡いただけますと幸甚です。
JOSE犬伏氏のサイトと同じく9/23より販売開始です。

なおYOSHIO出演ライブ現場にてお買い求めの方には、詳細曲目案内などの冊子をプレゼント!(ただしタイトル名が誤植になっていますお詫びします)



※※なおおまけですが、
9/16(日)に北海道・上富良野町「ノルテ・ポトシ」で行われるフォルクローレイベントに参加の方には、
その場で優先予約を承らせていただきます。
(YOSHIOも同イベントに出演させていただきます)

北海道のフォルクローレ関係者でご興味がある方は誠に恐縮ですが、
極力その場での予約をお願い申し上げます。

詳細以下。

**********

JOSE+YOSHIO / YOSHIO solo

「Ending Breath Attack 〜突き抜けるケーナ〜」

¥2000円(税込)

YOSHIO (Quena)
ホセ犬伏 José Inubuse(Guitar)

"30年以上ケーナ界の特異点であり続けるYOSHIOが満を持して放つ、初のスタジオ録音作!
疾走感と音の存在感を追求した「今ここから突き抜けるケーナ音楽」作品
ボリビア・ギターの名手ホセ犬伏とのデュオJOSE+YOSHIO5曲、YOSHIO単独無伴奏3曲収録"

【収録曲】

1、Don Pablo(ドン・パブロ)
2、Zuriki(スリキ)
3、穴を開ける(perforar)
4、Paisaje de Nieve(雪景色)
5、Yove Male Mome (ヨベ・マレ・モメ)
6、Inti Yacu (太陽と水)
7、泊まり込み (No puedo volver a mi casa esta noche)
8、Charagua (チャラグア)


Joseyoshiojacket1

なおこのEnding Breath Attackジャケットのコンドルっぽい赤いシルエット、
実はYOSHIOの「シュッ」の波形なのです!

*********
そして9/23(日)夜に、日ごろお世話になっている方々を中心に、
実力派ミュージシャンの皆様とともにレコ発ライブを決行します!(新松戸Firebirdにて)

先着30人限定イベントとなっていますので、早めに予約をいただけますと幸甚でございます。
予約はFirebirdかこちらへ。

9/23(日) 【夜の部】
JOSE+YOSHIO/YOSHIO solo
『Ending Breath Attack 突き抜けるケーナ』Release Event

artist
JOSE+YOSHIO(21:10-たっぷり40分!)
沼田謙二朗
ダイヤ・ピアノ・サンタ
Rife on the Lock
Syunrai-春雷-

→この日は以下の曲を演奏しました。
1、Don Pablo
2、Zuriki
3、穴を開ける
4、Paisaje de Nieve
5、荒野に立つ(ホセソロ)
6、星空 Las Estrellas(J-QUENAで演奏)
7、Yove Male Mome(J-QUENAで演奏)
8、インカ皇帝名ラップ~We will Rock You
9、泊まり込み
10、Charagua
otra.Carnavalito Quebraden~o(谷間のカーニバル)~Sauce Alegre(陽気な柳)

…この日競演してくださった皆様(Rife on the Lockの「オレンジおじさん」バンドバージョン、沼田謙二朗さんのYOSHIOマニアっぷりがわかる?強烈ソングだけでないさまざまな素晴らしいパフォーマンスをくださいました)、お客様(多くの方にご来場いただきました)、私を育ててくださったダイゴ店長はじめFirebirdの皆様に深く深く感謝申し上げます。

自分たちのパフォーマンスも、もちろん改善の余地はありますが、このような空間でイベントのトリを務める説得力はあったレベルであったとは自負しています。
これも温かい雰囲気を作ってくださり、なおかつ音をしっかり楽しんでくださった皆様のおかげです。

またわざわざYOSHIOカラーのJ-QUENA(ピントス的歌口で吹きやすさマックス)を作ってくれただけでなく、さまざまここまで引っ張ってくれたホセ犬伏氏にも御礼申し上げます。
なんとかミュージシャンとしての階に立つことができたのは、TAKUYA氏やJOSE氏はじめ共演の際に自分の音楽性を引っ張り出してくれた皆様のおかげです。

(個人的にはPaisaje de Nieve【雪景色】のような曲をきちっと照れずに演奏できるようになったことが大きいです。全般に「やっと照れを排除した姿勢を見せましたね」という、お前いくつなんだよ、という評価もいただけました)

本当にご褒美のような一夜でした。これからも頑張ります!

OPEN 18:00 / START 18:30
TICKET ¥2,000 ※要予約・30名様限定

Yoshio201809232


……厚かましい限りですが、ともども宜しくお願い申し上げます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.04.08

【新聞社HPリンク先出ました!→速報!】20180408(日)毎日新聞朝刊千葉県版に掲載されました!

皆様おはようございます。

さて標記の件ですが、本日の毎日新聞朝刊の千葉県版の28面、「ひと ちば」コーナーに写真つきで掲載されました!

本名ですが、「自分流の『激しさ』貫く」という見出しです。

まとめてくださった小林様(枠にはめずにYOSHIOの言い分をシンプルに書いてくださいました)、小林様に合うきっかけを作ってくださったK様はじめ多くの皆様に深く御礼申し上げます。

もちろんここまで演奏を許容くださり、あまつさえ支援くださった皆様に変わらぬ感謝を申し上げます。

(現在はボカシ写真で紹介します)→新聞社HPに掲載されました!こちら

ぜひ千葉県内ご在住・本日千葉県内ご来訪の予定がおありでYOSHIOと縁のある方は毎日新聞をご購入の上ご覧ください!

個人的には川俣「コスキン・エン・ハポン」や新松戸Firebirdの固有名詞も載せていただいて本当に嬉しいです。

※毎日新聞の確実な入手方法は駅売店です。
※コンビニでは、サンクスにはありましたがファミリーマートにはありませんでした。なおサンクス船橋駅東店はYoshioの買い占めにより在庫が切れています(2部)。

Yoshiomainichi20180408

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.01.03

2018年も宜しくお願い申し上げます!

皆様2017年は大変お世話になりました。

2017年には様々な出来事はありましたし、自分の不注意により多くの方にご迷惑をおかけしました。
その際に皆様にご厚情をいただいたことで、音楽をさらに頑張る覚悟のようなものができましたし、「好きにやっている」というところから一歩違うステップを踏むことができたように感じております。
本当に有難うございます。

2017年は、82本のステージを務めさせていただきました。(同日に複数出ているケースがあるので、日数にすると75日程度です)
82本中60本がYOSHIO単独無伴奏、82本中Firebirdでの演奏が53本でした。

82本の内訳は以下のような感じです。
YOSHIO60本
RAC4本
J+Y4本
T&Y3本
YQE3本
YfD2本
Y*L2本

FIREBIRD53本(うちYOSHIO44本)
獅子王4本
メディテラ4本
東北6本(川俣3本伊達2本仙台1本)

来年は本数に拘るのではなく、すべての演奏1本1本でより多くの人にインパクトを与えるような演奏を心掛けていきたいと思います。(ただ「数が品質を保証する」側面もあるので、年間60本以上の演奏はしていければと祈念しています)

またそのために修練も重ねていきたいと思います。
さらによりさまざまなところで演奏できるように、ミュージシャンとしての自分の軸を強く持っていきたいとも考えています。
何より体調に留意し、無病息災で行きたいと決意を新たにしています。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。
関わってくださる皆様すべてにとって、自分が少しでも貢献できるように尽力したいと思いますので、ご指導ご鞭撻お願い申し上げます。

2018年正月吉日 YOSHIO 拝

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.10.03

【重要なご報告】左脚の骨つながりました!+今後【2017高原骨折日記】

皆様お忙しいところ申し訳ございません。

標記の件でございますが、本日船橋市医療センターに行ったところ、
高原骨折していた左足の骨が本格的につながり、左脚に全荷重してOKとなりました!

此れも皆様のご理解ご支援のおかげでございます。深く御礼申し上げます。

理論的には本日から松葉杖なしで歩ける!はずなのですが…、
左脚の脚力が大幅に落ちている関係もあり、
歩く際の正しい足の使い方を思い出そうとしている段階で
いまだスムーズにはなかなか歩けていないのが実情です。
(「足をまげてから伸ばす」「足を伸ばしてから曲げる」書く10回を1日2セットやらなければいけない状態)

整体やリハビリ系に割く時間も、あまり削らない方がいい状態とはなっていますが、
その成果がやっと見えやすくなる時間帯になりました。
(もちろんここで転んだり怪我したりすると、試合ひっくり返しのクローザー炎上状態になるので慎重に行きます)

当面はまだ片方松葉杖を突いていますが、
順調にいけば今月末には松葉杖を手放せるかと思います。
最後の仕上げ段階でまだぐずぐずしていますが、皆様のご理解を願う次第でございます。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

※川俣コスキンもまだ松葉杖持参で臨みます。
演奏中どうするかなどで、当日ご高配を仰ぐ際もあろうかと思われますが、
ご理解いただけますと幸甚でございます。

YOSHIO 拝

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.09.14

ご報告+【2017高原骨折日記/骨折後82-91日】20170904-14日記【退院59-68日後】

ご報告:Twitterですでに報告している通りですが、9/12の診察を受けてやっと松葉杖が片方のみ(80%荷重)となり、傘が差せたり手すりを持てるようになったため社会復帰へ向けてGOサインが出ました。

怪我後3か月にしてやっと人の7割程度の歩行スピードが確保できました。怪我はしないに越したことはありません。
(骨折している間に他の足を痛めたり熱射病や風邪、喘息に悩まされなかったのが不幸中の幸いでした)

今週は予行練習程度、来週は半分程度の復帰、再来週からは朝ラッシュ時間などはずらしにしても、原則全面復帰となります。(ただし松葉杖なしでいけるかどうかは10/3診察を受けてなので、最悪川俣コスキンのときはまだ念のために片松葉かもしれません)

正直8月上旬で社会復帰ができなかった際にだいぶ気落ちしていた(7月はさすがに鈍痛もあり左脚免荷なので機動力0で思考能力もほぼ0)、何か生産的なことができたわけではないのですが、やっと前向きな気持ちを取り戻しています。

ここまで周辺の皆様の大変なご配慮でなんとかやってこられたことに御礼申し上げるとともに、(まだ通常の人の徒歩8分程度以上の連続歩行はちょっと難しいなど)依然としてご迷惑をおかけしますことを重々お詫び申し上げます。もうひと押しですので、厚かましい限りですが引き続きご高配いただけますようお願い申し上げます。

●9/5 手術後67日 2503歩。
コスキン音楽祭の参加料支払、申し込みなどをあわててするべく郵便局へ。
船橋駅周辺には駅に近い郵便局がなく、自宅からだと通常の歩行スピードで10分かかるので西船橋の郵便局(駅から現在の私で3分程度)に行く。レターパックライトで発送。

その後昼食を「なか卯」で。牛丼と冷やし肉うどんのセット、うどんが冷えすぎているのが難だがコスパはいい。

この日は新松戸Firebirdの食べ放題イベント「酔ったもん勝ち」。料理がまだできないので冷凍枝豆を持参するが不人気であった。余ってしまってスタッフの皆様に申し訳ない思い。

食事は相変わらずミュージシャンの料理の巧みさに驚くばかり。次の酔ったもんは10/30、この日は食べ放題はないがハロウィーン週間ということで仮装。

●9/7 手術後68日 3640歩。
津田沼Mediterraneoでの演奏があるので、早めに津田沼に行き親と「今日和」で食事。あさりの醤油バター。相変わらず旨いがドリンクバー17時までなので急いでソフトドリンクを飲む。

その後スタバに行く。ここのスタバは接客水準高く松葉杖客に親切であった。

終了後24時まで動いているはずのエレベーターに23:55に乗ろうとするが動かず、仕方なく階段で登る。

●9/9 手術後70日 2315歩。
西船橋で企画ライブ。行き荷物が多いのでタクシーでスタジオSUNまで。
リハ、本番。打ち上げはいつもの「南風堂珈琲店」で22時ごろまで。

●9/10 手術後721日 3237歩。
船橋でコスキン音楽祭用の練習でスタジオSUN。

●9/12 手術後73日 3108歩。
医療センターまでタクシーで。
診察の結果荷重が増し片松葉。リハビリ科の担当者と話した段階ではバス帰宅をもくろむが雨が降っていたのでタクシーに。

夕方雨もやんだため無事ずぶぬれにならずに新松戸へ。

●9/14 手術後75日 1938歩。
青山病院に行く予定だったが来週行くこととし、昼は「寿し道楽」へ。相変わらず美味で、とくにアイナメと数の子という北海道な感じのネタが高品質。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.23

【御礼】YOSHIO募金箱頂戴いたしました

2017/7/22、ライブ出演前に、新松戸Firebirdに設置くださっていたYOSHIOへの募金箱を、店長より頂戴いたしました。

本日開封させていただき、1円玉から1000円札、果てはFirebirdの200円食券まで、皆様の過分なお気持ちを有難く頂戴いたしました。

深く感謝申し上げますとともに、今後きちっと活動できる状態まであせらず回復し、より進化することをお誓い申し上げます。

缶にございました書き込みも、嬉しく拝読いたしております。写真を記念で掲載しますので、不都合な方はおっしゃってくださいますと幸甚です。

Img_20170723_122334


Img_20170723_122404


Img_20170723_122415


Img_20170723_122431


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.14

【演奏活動復帰に関して(170801修正)】+課題を見つけつつなんとか完了しました!【20170722YOSHIO*龍@新松戸Firebird】

皆様先日来お騒がせしております今回の小生の演奏中の不手際による負傷に関し、格別のご高配をいただき御礼申し上げます。

Ⅰ:演奏活動復帰に関して(170801修正あり)

現在自宅療養&リハビリ中でございますが、皆様のお気遣いのおかげをもちまして、手術後2週間・退院後1週間という現状において当初想定のペースにて回復している状況です。本当に有難うございます。
機動力的には相変わらずですが、本日ぐらいから鈍痛も落ち着いてきて、能動的な発信活動も再開できています。
今週までは自宅に逼塞してマンションの廊下から外にも出ていませんでしたが、来週は通院なども入るためリハビリとして次の段階に進むこととなります。

この状況を受けまして、誠に勝手ではございますがリスクを回避するために、演奏活動に関しては今後以下のように、3か月程度かけて段階を踏んで再開する方針にさせていただきます。(検査による確認結果などで状況が変化する場合はまたご報告・ご相談申し上げます)

・7/22-31…プレ復帰A(リスク回避を最優先した行動、電車に乗れないため自宅から演奏会場まで車での送迎にて移動、基本的に自宅と会場の往復のみ、事前にブッキングされていたライブのうち車送迎可能で階段のない会場のみでの出演、座って演奏・原則段差のないステージでの演奏)→おかげさまで無事遂行することができました!

・8/2-9/10…プレ復帰B(社会復帰を進めながらリスクは避ける行動、時間がかかるものの松葉杖利用で一部電車移動可能【8/11までは極力車移動も利用】、事前にブッキングされていたライブのうち階段のない会場のみでの出演、座って演奏)

・9/11-30…準復帰(原則片方松葉杖、ないし松葉杖なしで時間はかかるが移動・演奏可能、状況を勘案しながら絞り気味の方針のもと通常の演奏活動および音楽活動再開)

・10/1以降…完全復帰(松葉杖不要、通常の行動・演奏活動)

…もちろんプレ復帰だろうが準復帰だろうが完全復帰だろうが、ステージでの演奏は今まで以上に(動きがない状態でも)熱く強く行くつもりですので、何卒宜しくお願い申し上げます。(幸か不幸か、現在出演予定のステージは、どれもとても「リハビリ・調整気分」ではこなせないゴリッゴリのヤバめのステージとなっています)

今回の復帰方針決定に関して、ご迷惑をおかけしたにもかかわらず大変にご配慮いただきました主催者・店舗の皆様、また対バンの皆様、共演者の皆様(今回特にプレ復帰中は共演者の力を最大限借りてステージングするシーンが特に多いかと思われます)、ご来場ご検討の皆様、気にかけてくださっている皆様に篤く御礼申し上げます。

皆様にも大変ご迷惑を引き続きおかけいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

Ⅱ、7/22の演奏に関しまして(プレ復帰A)

7/22は、3月に福島県伊達市の「すまいるラウンジコンサート」で演奏し好評だった鈴木龍氏とのユニット、「YOSHIO*龍(ヨシオカケルリュウ)」で臨みます。同ユニットでは3回目の演奏、新松戸Firebirdは初登場となります。

新松戸Firebirdのレッドステージとなりますが、ご覧のとおりどえらい競演者の皆様とのステージとなります。
ぜひ遊びに来ていただけますと幸甚でございます!

基本的にあまり動きませんが脚以外は元気なはずですので、皆様と楽しめればと思います。予約はこちら新松戸Firebirdへ「YOSHIO*龍で」とおっしゃっていただけると幸甚です。

ロック・ロカビリー・サイコビリー・ピアノ演芸などが繰り出される空間でどうチャランゴとケーナがマッチするのか、あるいはマッチせず異物として存在するのか、ぜひその行く末をご覧になっていただけますと幸甚でございます。

→なんとか無事に演奏ができました。曲目は以下です。
1、午後6時 Seis de la Tarde
2、スリキ Suriqui
3、We will Rock You
4、鉱夫さん El Minero
5、サン・ベニート San Benito

…この日は非常にハイレベルな出演者の中、課題がだいぶある状態でしたが、今後の活動へのきっかけを得るレベルの演奏となりました。

メインのテーマであったケーナの馬力という点では、想定の範囲内で十分出せました。
ただ他にも「チャランゴとの調和(これはYOSHIOのコンディションによる準備の問題が大きく、共演が盟友・鈴木龍氏だったのでまだなんとかなったという感じです)・MCの感度・歌などで、特に歌のように元からの弱点が出ただけでなく、これまで得意とした方面でもブランクによる感覚のずれが出たなというのが正直な感想です。

正直言って1月弱のブランクではありますが、さまざまなタイプのミュージシャンとの凌ぎ合い(しかも後述するようにFirebirdのクオリティはYOSHIOの参入当初より激上がりしています)のライブハウスシーンから数週間離れただけで、できないことは発生するという厳しさも痛感しました。(これは練習だけでカバーできる問題でなく、大げさなと失笑するかもしれませんが、投手にとってのマウンドのような「現場感覚」の問題なのだと思われます。MCがフィールディング、アンサンブルがコントロールに該当しますでしょうか)
特にMCは、場を見るタイミングがずれただけでだいぶ難しくなるということも痛感しました。(この日は全般にリズムに貪欲でシビアなお客様が多く、MCでの組み立てが簡単ではない日ではあったのも事実ですが…)

ただ手前味噌ですがまったく見せ場を作れなかったわけではなく、4ではYOSHIOの特質である「旋律の持ち上げ力」や、カルージョで特に手業を出す鈴木龍氏のチャランゴワークで一定の評判を得ました。

ライブハウスに出演するというのは調整登板はありえず真剣勝負の結果は受け止めたうえで、今回いただいた課題とささやかな自信をもとに、また攻めていきたいと思います。

皆様有難うございました&宜しくお願い申し上げます。

※厚かましいお願いですが、車送迎が必要な7月のライブのうち、この日のみ帰りは算段取れているのですが行きは現在車での移動手段が確保できていません。もしリアル知り合いの方で、7/22(土)に船橋市本町から新松戸Firebird(13:45までに着)までYOSHIOを乗せてもいいよ、という奇特な方がいらっしゃったらこちらにご連絡いただけますと幸甚です。相当恩に着ます。

→この日は行きは自分で手配しました。早くUBERが本格普及してほしいです。帰りは某氏に送っていただきました。感謝申し上げます。

なおこの日来てくださったお客様が、YOSHIOはともかくFirebirdが繰り出す演者のレベルに高い評価をくださったことも報告申し上げます。このようなハコで演奏活動をさせてもらえることに感謝しながら、復帰するだけでなく進化するように努力していきたいと改めて痛感しました。

7/22(土)
新松戸FIREBIRD
"DON DOKO DON"

OPEN 15:30
START 16:00
TICKET 前売¥2,000/当日\2,500
※1drink(\600) charge
※16:00迄に御来場の方は追加1drink present

ACT
・大人の悪戯
・CAROLAN'S→非常に無駄のない、すっと受け止められるロカビリーサウンドでした。
・The Railroad Steel
・ロンボトランヒップショット→カツクラさんの引き込み力の強さを再認識しました。寒いトークを拾っていただき感謝しています。
・THE ELEKING
・ハラシン&フレンズ→パワフルなブルースハープで押し切る凄さがありました。

【レッドステージ】
・赤松ハルカ→相変わらずセクシーでキレがすごいですが、今回は強さも感じました。
・wisimoso(ライブペインティング)
・YOSHIO*龍
・油井ジョージワンマンバンド→ワンマンバンドとして、リズムの強さと正確さ、機構の工夫とトータルの構成が完成度凄かったです。
・ダイヤ・ピアノ・サンタ→この日はヨーデルを中盤で投入して、温まりにくい場を掘り起こして最終的にさらう一流ぶりを発揮していました。

16:00-16:25 大人の悪戯
16:30-16:50 赤松ハルカ
16:55-17:20 CAROLAN'S
17:25-17:55 wisimoso
18:00-18:25 The Railroad Steel 
 休憩
18:45-19:05 YOSHIO*龍
19:10-19:35 ロンボトランヒップショット
19:40-20:00 油井ジョージ ワンマンバンド
20:05-20:30 THE ELEKING
20:35-20:55 ダイヤ・ピアノ・サンタ
21:00-21:25 ハラシン&フレンズ

Yoshioliu20170722


| | Comments (0) | TrackBack (0)