2017.07.23

【御礼】YOSHIO募金箱頂戴いたしました

2017/7/22、ライブ出演前に、新松戸Firebirdに設置くださっていたYOSHIOへの募金箱を、店長より頂戴いたしました。

本日開封させていただき、1円玉から1000円札、果てはFirebirdの200円食券まで、皆様の過分なお気持ちを有難く頂戴いたしました。

深く感謝申し上げますとともに、今後きちっと活動できる状態まであせらず回復し、より進化することをお誓い申し上げます。

缶にございました書き込みも、嬉しく拝読いたしております。写真を記念で掲載しますので、不都合な方はおっしゃってくださいますと幸甚です。

Img_20170723_122334


Img_20170723_122404


Img_20170723_122415


Img_20170723_122431


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.14

【演奏活動復帰に関して(170801修正)】+課題を見つけつつなんとか完了しました!【20170722YOSHIO*龍@新松戸Firebird】

皆様先日来お騒がせしております今回の小生の演奏中の不手際による負傷に関し、格別のご高配をいただき御礼申し上げます。

Ⅰ:演奏活動復帰に関して(170801修正あり)

現在自宅療養&リハビリ中でございますが、皆様のお気遣いのおかげをもちまして、手術後2週間・退院後1週間という現状において当初想定のペースにて回復している状況です。本当に有難うございます。
機動力的には相変わらずですが、本日ぐらいから鈍痛も落ち着いてきて、能動的な発信活動も再開できています。
今週までは自宅に逼塞してマンションの廊下から外にも出ていませんでしたが、来週は通院なども入るためリハビリとして次の段階に進むこととなります。

この状況を受けまして、誠に勝手ではございますがリスクを回避するために、演奏活動に関しては今後以下のように、3か月程度かけて段階を踏んで再開する方針にさせていただきます。(検査による確認結果などで状況が変化する場合はまたご報告・ご相談申し上げます)

・7/22-31…プレ復帰A(リスク回避を最優先した行動、電車に乗れないため自宅から演奏会場まで車での送迎にて移動、基本的に自宅と会場の往復のみ、事前にブッキングされていたライブのうち車送迎可能で階段のない会場のみでの出演、座って演奏・原則段差のないステージでの演奏)→おかげさまで無事遂行することができました!

・8/2-9/10…プレ復帰B(社会復帰を進めながらリスクは避ける行動、時間がかかるものの松葉杖利用で一部電車移動可能【8/11までは極力車移動も利用】、事前にブッキングされていたライブのうち階段のない会場のみでの出演、座って演奏)

・9/11-30…準復帰(原則片方松葉杖、ないし松葉杖なしで時間はかかるが移動・演奏可能、状況を勘案しながら絞り気味の方針のもと通常の演奏活動および音楽活動再開)

・10/1以降…完全復帰(松葉杖不要、通常の行動・演奏活動)

…もちろんプレ復帰だろうが準復帰だろうが完全復帰だろうが、ステージでの演奏は今まで以上に(動きがない状態でも)熱く強く行くつもりですので、何卒宜しくお願い申し上げます。(幸か不幸か、現在出演予定のステージは、どれもとても「リハビリ・調整気分」ではこなせないゴリッゴリのヤバめのステージとなっています)

今回の復帰方針決定に関して、ご迷惑をおかけしたにもかかわらず大変にご配慮いただきました主催者・店舗の皆様、また対バンの皆様、共演者の皆様(今回特にプレ復帰中は共演者の力を最大限借りてステージングするシーンが特に多いかと思われます)、ご来場ご検討の皆様、気にかけてくださっている皆様に篤く御礼申し上げます。

皆様にも大変ご迷惑を引き続きおかけいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

Ⅱ、7/22の演奏に関しまして(プレ復帰A)

7/22は、3月に福島県伊達市の「すまいるラウンジコンサート」で演奏し好評だった鈴木龍氏とのユニット、「YOSHIO*龍(ヨシオカケルリュウ)」で臨みます。同ユニットでは3回目の演奏、新松戸Firebirdは初登場となります。

新松戸Firebirdのレッドステージとなりますが、ご覧のとおりどえらい競演者の皆様とのステージとなります。
ぜひ遊びに来ていただけますと幸甚でございます!

基本的にあまり動きませんが脚以外は元気なはずですので、皆様と楽しめればと思います。予約はこちら新松戸Firebirdへ「YOSHIO*龍で」とおっしゃっていただけると幸甚です。

ロック・ロカビリー・サイコビリー・ピアノ演芸などが繰り出される空間でどうチャランゴとケーナがマッチするのか、あるいはマッチせず異物として存在するのか、ぜひその行く末をご覧になっていただけますと幸甚でございます。

→なんとか無事に演奏ができました。曲目は以下です。
1、午後6時 Seis de la Tarde
2、スリキ Suriqui
3、We will Rock You
4、鉱夫さん El Minero
5、サン・ベニート San Benito

…この日は非常にハイレベルな出演者の中、課題がだいぶある状態でしたが、今後の活動へのきっかけを得るレベルの演奏となりました。

メインのテーマであったケーナの馬力という点では、想定の範囲内で十分出せました。
ただ他にも「チャランゴとの調和(これはYOSHIOのコンディションによる準備の問題が大きく、共演が盟友・鈴木龍氏だったのでまだなんとかなったという感じです)・MCの感度・歌などで、特に歌のように元からの弱点が出ただけでなく、これまで得意とした方面でもブランクによる感覚のずれが出たなというのが正直な感想です。

正直言って1月弱のブランクではありますが、さまざまなタイプのミュージシャンとの凌ぎ合い(しかも後述するようにFirebirdのクオリティはYOSHIOの参入当初より激上がりしています)のライブハウスシーンから数週間離れただけで、できないことは発生するという厳しさも痛感しました。(これは練習だけでカバーできる問題でなく、大げさなと失笑するかもしれませんが、投手にとってのマウンドのような「現場感覚」の問題なのだと思われます。MCがフィールディング、アンサンブルがコントロールに該当しますでしょうか)
特にMCは、場を見るタイミングがずれただけでだいぶ難しくなるということも痛感しました。(この日は全般にリズムに貪欲でシビアなお客様が多く、MCでの組み立てが簡単ではない日ではあったのも事実ですが…)

ただ手前味噌ですがまったく見せ場を作れなかったわけではなく、4ではYOSHIOの特質である「旋律の持ち上げ力」や、カルージョで特に手業を出す鈴木龍氏のチャランゴワークで一定の評判を得ました。

ライブハウスに出演するというのは調整登板はありえず真剣勝負の結果は受け止めたうえで、今回いただいた課題とささやかな自信をもとに、また攻めていきたいと思います。

皆様有難うございました&宜しくお願い申し上げます。

※厚かましいお願いですが、車送迎が必要な7月のライブのうち、この日のみ帰りは算段取れているのですが行きは現在車での移動手段が確保できていません。もしリアル知り合いの方で、7/22(土)に船橋市本町から新松戸Firebird(13:45までに着)までYOSHIOを乗せてもいいよ、という奇特な方がいらっしゃったらこちらにご連絡いただけますと幸甚です。相当恩に着ます。

→この日は行きは自分で手配しました。早くUBERが本格普及してほしいです。帰りは某氏に送っていただきました。感謝申し上げます。

なおこの日来てくださったお客様が、YOSHIOはともかくFirebirdが繰り出す演者のレベルに高い評価をくださったことも報告申し上げます。このようなハコで演奏活動をさせてもらえることに感謝しながら、復帰するだけでなく進化するように努力していきたいと改めて痛感しました。

7/22(土)
新松戸FIREBIRD
"DON DOKO DON"

OPEN 15:30
START 16:00
TICKET 前売¥2,000/当日\2,500
※1drink(\600) charge
※16:00迄に御来場の方は追加1drink present

ACT
・大人の悪戯
・CAROLAN'S→非常に無駄のない、すっと受け止められるロカビリーサウンドでした。
・The Railroad Steel
・ロンボトランヒップショット→カツクラさんの引き込み力の強さを再認識しました。寒いトークを拾っていただき感謝しています。
・THE ELEKING
・ハラシン&フレンズ→パワフルなブルースハープで押し切る凄さがありました。

【レッドステージ】
・赤松ハルカ→相変わらずセクシーでキレがすごいですが、今回は強さも感じました。
・wisimoso(ライブペインティング)
・YOSHIO*龍
・油井ジョージワンマンバンド→ワンマンバンドとして、リズムの強さと正確さ、機構の工夫とトータルの構成が完成度凄かったです。
・ダイヤ・ピアノ・サンタ→この日はヨーデルを中盤で投入して、温まりにくい場を掘り起こして最終的にさらう一流ぶりを発揮していました。

16:00-16:25 大人の悪戯
16:30-16:50 赤松ハルカ
16:55-17:20 CAROLAN'S
17:25-17:55 wisimoso
18:00-18:25 The Railroad Steel 
 休憩
18:45-19:05 YOSHIO*龍
19:10-19:35 ロンボトランヒップショット
19:40-20:00 油井ジョージ ワンマンバンド
20:05-20:30 THE ELEKING
20:35-20:55 ダイヤ・ピアノ・サンタ
21:00-21:25 ハラシン&フレンズ

Yoshioliu20170722


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.08

170708報告・YOSHIO骨折の件に関しまして

皆様標記の件ではかねてよりお騒がせし、またご迷惑ご心配をおかけし慚愧に堪えません。

(以前の記事はこちらを)

本日7/8に、10泊11日の入院を経て無事退院いたしましたので報告いたします。

6/30の手術も3時間の予定のところ6時間かかる難手術でしたが、無事成功裏に終わりました。

…ただまた骨が器具以外で接続しきっているわけではないので、8/1の検査で最終判断するまでは左脚免荷(体重をかけてはいけない状態)で移動の際には両方松葉杖で動かなければならない状態となってます。
(ここでOKになると、片方松葉杖にして徐々に左脚を動かしていくようになり、移動の安定性が増し、日常社会生活レベルの行動がある程度自立して可能となります。さらに順調にいけば8月下旬から末ぐらいで松葉杖が不要になります)

当初手術後10日程度での日常社会生活復帰を検討していたのですが、この状態ではリハビリを進めたとしてもある程度の移動はできるようになるものの、「駅まで歩いて電車に乗って移動」した後に何かを成し遂げるということは極めて困難であるのみならず転倒などのリスクもある(特に雨の日)ため、医療スタッフの判断・また身内を含む多くの方々のアドバイスにより、左脚免荷状態のうちは入院していた医療センターおよび医療センターへの紹介をいただいた青山病院への通院以外は、基本自宅でのリハビリ・療養ということになりました。

よって特に7・8月において、演奏活動にも相当の制約がかかることを、謹んで主催の皆様・対バンの皆様・楽しみにしていてくださっている皆様にお詫び申し上げます。

夏のこの期間を治療およびリハビリメインに費やさせていただき、(今後このような事態を招かないようにするというのは当然のこととして)今後の活動のための準備期間および可能なら身体コンディションを向上させる期間とさせていただきますことをお詫び申し上げます。

今回の(私のトンパチによる)怪我に関して、お見舞いに来てくださったりさまざまお気にかけてくださっている方々や、出演キャンセルを承諾くださったり共催イベントのコンセプト変更をしてくださったりそれに合わせてくださったり代理出演くださったりとしてくださった方々がいらっしゃることに身の縮む思いでございます。本当に申し訳ございません&ありがとうございます。皆様のご厚情ご高配に背くことがないよう、必死にリハビリいたします。

厚かましいお願いでございますが、どうか今後ともYOSHIOを宜しくお願い申し上げます。長々失礼いたしました。

2017年7月8日 YOSHIO 拝

追伸:怪我後治療・リハビリの経緯は(残念ながら時間に余裕があるので)まとめて、同病の方の参考になるようにしようと考えております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.06.28

160628報告・怪我のその後に関しまして

皆様お忙しいところ恐縮でございます。

さて以前こちらで報告いたしました件ですが、その後ある意味進展がございましたので報告いたします。

治りが想定より悪いので本日船橋市の青山病院に行ったところ、
こちらのような負傷であったことが判明しました。
(発生後すぐだと写真で見えないレベルだったのが、10日程度経った際に判明するようになったとのことです)

その後船橋市立医療センターに行くよう指示を受け、診察・検査を行った結果近日中に(といいますか日付上本日)入院、6/30手術となりました。
(陥没している骨が陥没先で接着する前に至急、とのことでございました)

手術後なるべく早く(可能なら数日程度で)日常社会に(松葉杖ではあるでしょうが)復帰しようと医療サイドと話し合っております。

…皆様のご理解ご支援もあり、6/16怪我の後ライブ4本に出演するなどさせていただいたのですが、
さすがに今回の入院・手術で各所にご迷惑をおかけすることになってしまいました。

詳細のご対応は各主催の方にゆだねておりますが、主催の皆様・対バン予定でした皆様・ご来訪を計画していたお客様、皆様に深くお詫び申し上げます。
(現在発表段階ではこちらのライブの出演キャンセルとなり、出演者を急遽Firebirdが探してくださっている状態です=興味おありの方ぜひ)。

大変厚かましいお願いでございますが、どうかご寛容をいただきますよう、お願い申し上げます。
なるべく早く復帰するべく、大変面目ないですが治療に少々の期間全力を尽くさせていただくことをお許しいただけますと幸甚でございます。

このたびは本当に申し訳ございませんでした。今後このようなことがないように重々務めます。

2017年6月28日 YOSHIO 拝

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.06.17

【YOSHIOの負傷に関しまして】ご報告と今後に関しまして(170802修正、追記などあり)

さて標記の件で大変関係各位にご迷惑をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。

17/6/16、新松戸Firebirdで行われましたイベント「愛こそすべて」において、YOSHIOは2番手にレッドステージで出演いたしました。

いつもと異なりMC少な目、20分で5曲という詰め込み系ハイテンションでの演奏をめざし、
さらに1曲目「Palmeras」において、ロングトーンのところで客席を回って煽るという演出の一環で、下から舞台の柵を蹴り上げるというパフォーマンスをしたところ、蹴り上げた左脚を柵に取られ後ろに転倒しました。

幸い頭部などは痛打せず、1、2秒ほど演奏停止した後仰向けになりながら音出しを継続し
さらに立ち上がったのですが(ここだけ覚えていない)、その後歩こうとしたところ左脚が全く力が入らず、1曲目はステージに戻れなくなってしまいました。

右足ケンケンのみで戻った状態で、ケーフェイではないかもと察した店長が椅子を用意くださり、
2曲目以降は座って演奏し、全5曲21分程度の演奏を完遂しました。
最後の「本多工務店のテーマ」では、途中で右足ケンケンで客席に出たりしました。
幸か不幸か、非常にしまったよい演奏だったと多くの方にコメントいただきました。

終了後はスタッフの方やお客様の肩を借りて楽屋に戻り(ここではじめて「ケーフェイ」でないことに気付いた方もいらっしゃったようです)、以降阿仁異さんのテーピング(応急処置として完璧!と救急病院の医師に言われました)やアイシング、湿布、ロットンさんがくださった鎮痛剤などでなだめながらずっと楽屋にいる状態でした。

イベント終了後立ち上がろうとしたのですがやはり左脚が利かず、
私の体格に負けない数少ない関係者であるJAMES氏(この日はお客様でした)の肩を借りながら、
阿仁異さん・店長ダイゴさんのサポートのもと、大統領閣下に新松戸中央総合病院までお車で運んでいただきました。

なお事故発生後、競演の皆様が、お声かけくださったり出番でいじってくださったり荷物をまとめてくださいました。

しかし同病院では整形外科の専門医がおらず待ち時間も長いとのことで、
受付の方が「新東京病院なら整形外科がいて空いている」と教えてくださり話を通していただきました。

そして大統領閣下に同病院まで付き添いいただきました。
同病院は非常にきれいで体制がしっかりしており、看護師問診―若手研修医問診―レントゲン(8枚ぐらい撮影)―専門医の診断で、「骨・靭帯には異常はないが、結構体重が重いところ痛打しているので、どこかのタイミングで腰部のMRIを受けてほしい」とのこと。とりあえず松葉杖を借りました。
(※ただしこのタイプの負傷では救急病院は「その場大丈夫かどうか」のみのチェックとなるため、なるべく病院の通常営業時間にもう一度行く必要があることをあとで痛感しました)

トータルで保険証を持っていき忘れたので、松葉杖レンタル料込で25000円程度でした。(松葉杖は7000円ですが返すと全額バック、保険証を持っていくとあとで保険分返金だそうです。リンさんが教えてくださいました→退院後7月中旬に家族に松葉杖返却がてら行ってもらいました)

この段階で0:40ぐらいだったのですが、大変申し訳ないことに大統領閣下が自宅前まで送ってくださいました。
自宅では家族に声をかけて、荷物を持ってもらいました。
(この時「体臭がおかしい」と指摘を受け、「こんな状況なのに体臭しか気にならないのか」と家族に対して思いましたが、後々考えれば非常に危機的状況の脂汗の匂いだったのかと思い至りました)

本日17日はさすがに所用をキャンセルして自宅で静養しました。
午前中はトイレに行くのも松葉杖が必要で大変でしたが、夜になったら松葉杖なしでシャワーを浴びれるまでに回復しています。

…今回のようなことは2度としないようにするというのはいい年こいた人間の教訓として当然ですが、
イキったケーナ奏者の勝手なふるまいをほとんどの人がご寛容いただいただけでなく、
「闇医者紹介するよ」などのありがたいお話や、「今日あいつが一番のパンクだ」とおっしゃって楽屋に乗り込んでくださったりと、皆様が自分のこの恥ずかしい事態を受け止めてくださったことに感謝しかありません。

そしてお店に迷惑をさんざんおかけしたのに、病院などの方面や初期治療でサポートくださり、ずっとご心配いただいた上で「今日は伝説のライブでしたね」とおっしゃってくださったFirebirdの皆様にいくら感謝してもしたりません。本当に「愛こそすべて」というイベント名の通り、深い意味での愛のあるハコでそこに出演させていただけることに感謝しかありません。

またこの日の一線級ミュージシャンによる特濃なイベントの最後までいさせてくださったこと、演奏を中止させずに最後までやらせてくださったことに、ミュージシャンとしての愛情を感じました。本当に有難うございます。

今後はなるべく早く治療するように努力いたしますが、6月いっぱい以下の対応とさせてください。
(関係各位に個別にご相談申し上げます)

●演奏…基本的に予定通り行いますが、松葉杖での移動となるので椅子に座っての演奏になる可能性が高いです。またリハはご容赦させていただき、治療などにあてさせていただければと思います。大変勝手を申し上げますが、ご海容願います。

●演奏を観に行くなど…大変申し訳ございませんが、6月いっぱいは治療などのためキャンセルさせていただけますと幸甚でございます。体が動くようになったら不義理させていただいた分観に参ります!

以上誠に恐縮ですが、今回挙げきれなかった御恩も含め一生忘れず、コツコツ恩返しさせていただければと思います。
そしてもし宜しければ、ライブにてお目にかかれれば幸甚でございます。

今後とも宜しくお願い申し上げます!

(今度からはライブ時に保険証を持参することをマストにしようと考えている)YOSHIO 拝

| | Comments (0) | TrackBack (0)