2017.11.24

なんでもない日常20171123(ようは鮨食べましたという話だけです)

12/3(日)昼のYOSHIOバースデーライブ、自分で言うのも恥ずかしいのですが、もしよかったらご来場宜しくお願い申し上げます!

●11/23(木祝)
朝はバナナとヨーグルト。

この日も10時までに出先。祝日なので座れるが錦糸町からはそこそこ込んでいた。

昼は「カフェベルマーレ」でパスタセットBとピッツァセット。パスタはカリオストロ風という名で要はトマトソースベースでミートボール入りのもの。欧米の学生食堂っぽいが意外と滋味ありであった。

19:50ごろまで渋谷にいた後船橋へ。夕食は途中下車して西船橋駅ナカのつきじ千鮨
イワシがなかったのは残念だったが、満ち潮というセットの後大名さば(押し鮨)やあんきも、赤貝、こはだなどを食べ散らかして@2000。
注文して食べるという方式であることを考えると、いつもながら相当のコスパ。祝日に働いたので多少の贅沢、ということで。
(下手打つと半世紀近い人生を歩んでいるのに、いわゆる「流れない、立たない」寿司店での注文にいまだにまったく慣れていない貧民で恐縮です!以前「正しい鮨の食べ方」とかいかにも「一個人」チックな記事を立ち読みで読んで「この料金払ってなんで客が忖度して周囲の評価におびえなくてはいけないんだろう」とか考えてしまったのが現実。初心者モードで「次はこのネタどうでしょう」というガイド機能とかないと厳しすぎです…。一方最先端の大規模チェーンの回転寿司のタッチパネル注文にもなじまないという、どちらにも所属できない時代の狭間に置いていかれて両サイドから削られていくというのが、またいつもの真実)

家近くのサンクス(ただし品ぞろえは完全にファミマ)で酪王グリーンスムージーを買うのが最近の定番。
スムージーをぶっこんでからほうじ茶で〆る日常。

…以上どうでもよい話で恐縮でございました。もっとゆるふわなブログにしていこう、と誓うこと幾度か、というところでございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.11.05

ある週末の過ごし方20171105

皆様こんにちは。

この日はフォルクローレ関係で珍しく少人数飲みをしました@西船橋(飲みといっても酒に限定する必要はないコンセプトです)。

16:30の居酒屋開店と同時に入り込んで4時間半ほど飲んでましたが、小松菜ハイボールやホンビノス貝の酒蒸しといった船橋系名物を堪能しつつ、結局人生の厳しさについての話となりました。
(小松菜ハイボールは、デトックスが必要な濃いめの内容の飲み会には最適なヘルシー飲料です)

どこでもそうでしょうが、楽しいことばかりではないけど、そんな中どう楽しくない状況に立ち向かって楽しんでやろうかという話ができて有意義でした。

今後とも、なるべく人に楽しんでもらえる形で、自分として生き抜いていこうと素直に思いました。

私は「みんな仲良く」とか言われるとヘイトしか感じないのですが、それぞれの位相で一生懸命闘う人々とのゆるやかな連帯はぜひしたいと思うタイプです。またそういうことが時々でもできる現在の環境に感謝しかありません。

今後とも宜しくお願い申し上げます。またその手の飲みをしたい方には、西船橋グルメゾーンでの開催を衷心よりお勧め申し上げます。コーディネートもしますので機会があったら誘ってください。

※おかげさまで11月はやっとある種のゴールが見えてきた骨の回復状況にあわせて、ライブが8本入っているだけでなく、硬軟取り混ぜた飲み会的なものが結構入っています。それぞれ回復してきたことへの感謝と思いながら楽しむつもりで参加しますので、ご同席する皆様宜しくお願い申し上げます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.11.03

何でもない日常20171102日記

●11/2(木)6840歩

朝は不作法だがホームで梅と鮭のおにぎり。
総武線が若干遅延するが西船橋乗換で始発ゲットしなんとか座る。
(さすがにまだ立ちっぱなしで船橋から渋谷まで行く自信はあまりない)

昨日の点滴状況を受けて吸入薬だけでなくオノン服用再開(入院前~退院後1月程度飲んでいた)。

昼は「香港ロジ」で回鍋肉定食。比較的温順な現地風の同店としては結構パンチが強い。
リハビリも兼ねて書店で立ち読み。

夜はご飯のみ炊いて、ワイズマートで買ったさんまの刺身、ナムル、あおさと豆腐の天ぷら。
それなりに食べられる品質で、料理がめんどくさい当方としては有難い限り。

食べながらラスト近くの日本シリーズを眺め、山崎ヤスアキ投手のエグイ大将寿司状態を見てしびれる。

…ライブも私の人生の中ではコンスタントに行えているのがここ4年程度で現状は日々キャリアハイなのだが、そうはいっても残念ながら月20本とかライブをキメるわけでも教室で週5日生徒を教えるとかでもないので、日常でどの程度擦り減らずに過ごしながら前向きでいるかというのも重要な「いい演奏」をするための条件ということを再認識する1年となったような気がする。怪我による意識の変化というのも多分にあるが…。

ともあれ今後とも宜しくお願い申し上げます。

※日常記録は原則「食事中心日記」カテゴリに戻ります。骨折関係の報告があるときのみ「2017高原骨折日記」カテゴリにします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.06.15

日常の小ネタ20170614

●6/14(水)
朝西船橋の「メトロそば」でメトロそば。揚げ物なしでCP悪そうだったが存外ヘルシーでこれはこれであり。
昼外出する余裕がなく久々にファミマの海苔弁当。できればほっともっとの海苔弁当にしたかったところ。

夜はこれまた久々に「寿し道楽」で。蒸しウニが消滅していたのは残念だが、数の子など美味。あら汁が望外の旨さ。

私はネットのエゴサ的なものをときたまやっていますが、これは嬉しい記事。30周年コンサートの感想
相当しっかり分析してくださっていて有難い限りです。いつも有難うございます!

…今後はエッジの効いた悪口も拾い次第リンクしますので、皆様お楽しみに。ではまた。よろしくね(と新松戸最終兵器風に)。

※6/21の岩川光氏の近江楽堂ライブを観客として襲撃する予定ですので、行かれる方、終了後気が向いたらお声かけください。飲みましょう! 考えてみると対バン以外でケーナ系ライブに行くのも久々です。
同イベントは、バッハをケーナ(氏の場合ケナーチョというかハチャケーナが多いが)で吹き倒すという、クラシック系テイストを売りにする、レベルではやらかさない、いい意味で客を無視した「頭おかしい」ギグだと思われますので、ケーナ吹く方にはお勧めしておきます。(出来がどうかは聞いてみないとわかりませんが…)

6/16のYOSHIO出演の新松戸ライブも頭おかしい感じなのでぜひ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.22

どうでもいい食事日記など20170520-21

☆本日新松戸Firebirdで演奏します!田中雅紀氏の曲を1曲カバーします。21時ごろからの登場です。

●5/20(土)
所用で蘇我に行き、「鐡」にて味噌ラーメン。以前より盛りが悪くなっているように思うが最低線はキープ。
店長っぽい人が眼を飛ばしてろくに挨拶をしない感じが、店として美味しいのに真の一流店ではない理由を証明している。

帰宅後睡眠して、船橋稲門会懇親会に参加。
この手の付き合いがうまくないYOSHIOには珍しく継続的に出入りできてコンサートなどにも来ていただいている会。

船橋グランドホテルの宴会メニューは単価のわりにボリュームを出せる中華ベースだったが、昭和感ある内容。
終了後東武地下で鮨の半額ものを購入して帰宅。

●5/21(日)
朝から出先。昼はステーキ店(高田馬場にはやたらとある)のステーキ丼。
夕方から早稲田大学周辺を徘徊する任務についた後、御茶ノ水のテング酒場にてシークレットな飲み会。
短時間だったがきわめて有意義。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.16

オフビートな無生産日記20170513(野球観戦など)

●5/13(土)
所用で渋谷に行った後、当初は杉山氏のイベントを見学する予定だったが氏の体調不良で飛んだので(水戸で代替として行われたDAIJITOによるボリビア音楽レクチャーを受けたかった)、代わりに水道橋へ。日本ハムVSロッテ戦観戦。

周辺で弁当を買うのも面倒くさいので、船橋東武で買ったわかまつの弁当とハゲ天の弁当を持参する。

2階自由(ファンクラブ価格で2000円)を当日朝ネット購入するが、3塁側の最上段にやっと座る。
ただしこの球場は3塁側の方が気持ち見渡しやすい。
(この日は45000人以上入っていて、観客数発表でどよめきが起きた。東京時代からのファンとしては、日ハムロッテ戦で巨人戦に近い客数が入ったことに感慨しかない)

最上段まで売りに来る一番搾りを飲みながら、弁当を2つ食べつつ野球観戦。

両軍下位にいるのにふさわしく余裕のない采配(エラーした一塁手を次の回から代えたり、3点差でもHR-アウトにはなったが大飛球と飛ばされまくっていた投手をすぐ代えたり)だが、その中でしゃっきりしない先発を6回まで我慢した日ハムが結果として勝利。
レアードのHR記録を眺め大盛り上がりとはなるが、今後を考えるとダフィー2HRが対戦相手としてひっかかる。

ロッテの応援を久々に体感しその熱意と切り替えタイミングの速さに感心するとともに、福浦(チャンス時)のアンセムなどは、ブレイクの仕方や旋律の展開が現代フォルクローレ曲ぽいなと思う。

よく「日本のフォルクローレ」を探すと民謡ならまだしも伝統芸能にシフトして「俺わかっているもんね」とイキってしまう傾向があるが、そこに行くのは不正解ではないが「近代大衆としての苦境」のもとで発生する音楽を考えるなら、同じくらいの熱量で野球などの応援ソングを分析するべきでしょう。あと歌謡曲でいうなら北島三郎とか。

配っていた黄色系の日ハムユニホームをもらって退出。

東京でもっとも良心的と思っているハンバーガーショップ「I-KOUSHA」に行くが土曜は休業しており、揚州商人に行こうとしたら店がなかったので帰宅。

自宅でパスタを食べて終了。トマトソースにオイルサーディンを混ぜてワインなど追加する程度で昭和のイタリア料理店より確実に美味しいパスタになるので、この手の店も大変だな、とどうでもよい感想にふける。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.03

オフビートな無生産日記20170502(横浜中華街など)

●5/2(火)
GWにさしてオフがある構造ではないこともあり、この日はGW中数少ない完全オフ。

昼過ぎから賃貸の更新手続きをした後、「寿し道楽」にて軽くつまむ(昼のほうがメニューが多いのと、この日はあら汁の野菜が美味。鮨では数の子やコハダなど相変わらず高品質)。

その後ご挨拶がてら「世界の童話図書館@船橋駅前」を覗く。非常にフレンドリーな空間だが本日で閉鎖とのこと。同行者が「蜘蛛の糸」がANTONIO BENINのJUANITO Y RAMONAっぽい絵柄で絵本になっているものや、小川文明の牛女の絵本を熟読していた。(後者は最後まで読まずに出たので、落ちを案内しろということで帰宅後青空文庫を朗読することに)

総武快速に乗って横浜まで。2012年6月以来ほぼ5年ぶりに中華街へ。(横浜市民は船橋市など歯牙にもかけないと思いますが、船橋市民は横浜市にルサンチマンを感じているケースが自分のわずかな見聞からみても相当あると思います。自分もそのルサンチマンを無意識に感じているため、積極的には行きません)

横浜からみなとみらい線で元町・中華街まで行った後、中華街を適当に歩き表通りの肉まん集団を回避して、万流館なる昭和風の喫茶店+台湾ちまき・菓子販売所でコーヒー。トイレが和式なのがきつかったが、珈琲は覚悟していたより酸味に流れず一定の深みもあってまとも、昭和風としてはむしろいい方のブレンド。店長はちまきを売り込みたかったようだが(自家製)、興味がないので珈琲のみ。

なんでも昔は老舗の珈琲店だったもよう。住居区としての中華街を感じられる店として薦めます。

この日中華街に来たのは、「萬来亭」に行くため。午後6時前ですでに4組ほど客がいた。
きゅうりと枝豆の和え物、乾燥豆腐の和え物、上海焼きそば、海鮮焼きそば、瓶ビールで相当満腹。
コスパも味も相当の水準。特に上海焼きそばのジャンク感と滋味のぎりぎりのバランスはワンアンドオンリーですごい。交通費払ってでもたまに食べたくなる味。
中華街の中では街中中華っぽい店内だが清潔なのも高評価。
麺などの販売もしているようだが、売り切れで断っていた。

この店の周辺は中華街の喧騒(ランバダを流すおもちゃには哀愁も感じたが)とは離れ、魚店や華僑組合の事務所などがあり、住居区としての中華街の魅力を楽しめる。

そのまま中華街の端をすりぬけ、どう見ても台湾の路地裏みたいな「天龍なんとか」なる中華料理店を眺めたりしながら、横浜スタジアムの脇を通って関内まで歩きJRに乗って帰宅。帰宅後ロッテ日ハム戦を見るが珍しく日ハムが大勝していた。パリーグの5位6位の対戦にふさわしい、レベルの上がってこない雰囲気は結構しんどかったが。

※非常にどうでもいい感じで書いている食事の記事のほうが、音楽のことをイキって書いている記事よりもアクセス数が上になるケースが多いです。今回の記事のような内容を楽しまれている読者の方にとっては、音楽の告知が多く申し訳ないのですが、今後このようなオフビートな食事記事の比率も上げていこうとは思っています。いつもお付き合いいただき有難うございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.02

意味もない日記20170429-0501+喘息の治療についての断片的記憶

●4/29(土)
昼は久々にケンタッキー。油は相変わらずだが記憶より肉の味がまともでつい1ピース追加。
夜は久々「登運とん」で。サラミ塩レモンがなくなっていたのは残念だが、相変わらずの品質。@2100円。ただし内輪トークが目につく接客の質はやや低下(まあ価格からみれば妥当だが)。

●4/30(日)
7:50ぐらいから水道橋を徘徊、8:40ぐらいからドトールで休憩。
その後高田馬場へ。昼は渡なべとかいう料亭風の造りのラーメン店へ。15分程度並ぶ。
魚介つけ麺メインのようだが、ラーメンを。魚介系は結構飽きているが、品質はよいほう。
ラーメンの場合最初はつけ麺っぽい麺で、替え玉になると九州ラーメン的な細麺になるが、細麺とスープのマッチングとメンマのでかさが高評価。
接客もラーメンマニアがいそうな店にしては高圧的ではない。
ただ並んでまでまた食べたいか、といわれると重ねていうが魚介系へのモチベーションは高くないため微妙。
ちゃんとしたラーメンを食べたいときの候補。

夜は鮭の塩焼きなど。

●5/1(月)
昼は10℃カフェでタコライス、珈琲も頼んだら結構な散財(1450円)だが作業など進めるために座席料と割り切って滞在。
夜はサンクスのハンバーグと、海藻&豆腐。後者は豆腐が甘くて微妙なコンビニ惣菜。
スーパーで買った甘夏が相当のクオリティで美味。
NHK衛星で眺めたベックのオースティンなんたらというライブ番組で意外にヒントをもらう。

◆ボリビア音楽周りの重要人物の某氏の入院に関するあれこれ、などの厳しいSNSの記事を拝見し、かねてから某民族音楽業界喘息持ちの比率が高いかも、とか思ったのですが、それをきっかけに自分がどんな治療をしていたかを思い出しながら記します。

子どものころから30歳ごろまでは、特にふだんは何もせず、喘鳴するときだけアストフィリン(後年アスクロンに変更)、さらに苦しいときはメジヘラーを使用、というものでした。どうにもならないときは点滴などでした。

幼稚園児のころは10月になると1週間ほど登園できてませんでした。

2000年ごろ、30台になってから吸入ステロイドでコントロールを開始したのですが、数年で違和感を覚え辞める。
しかし現在の病院での説得を受け、2010年ぐらいからアドエアを使用しコントロール系の治療を再開、ケーナの音質の改善にも成功する。
年1回弱ほど点滴を打つ。

2017年になってシンビコートに変更。点滴治療も1月で2回行う。

といったところです。

喘息自体は0歳のときからなのですが、いわゆるコントロール系の治療はせず、気候におびえながら苦しいときだけ抑えるというものでした。(カフェインを飲むと楽なので、茶やコーヒーのODをするようにもなる)

呼吸器関係の疾患で不安な人に断言しますが、トヨスを常時吹くとかはともかく、ケーナぐらいならぜんぜん大丈夫です。どんどんやってください。
それよりもアレルギー源などを調べておくほうが重要です。

一方、苦しい状態の持続というのは思考傾向やライフスタイルに負の重大な影響を与えるので、コントロール系の治療に着手したほうがよいと思います。(苦しいときに抑える、系だけだと、どんどん心臓への負担が大きくなる「四天王プロレス」的な薬の利用法になってきて結構やばいです)

おまけですが喘息患者は薬に依存的になるのはやむを得ないと思いますので、睡眠薬の多用や付き合いでもなるべくドラッグの類はやらないに越したことはないでしょう。(違法・脱法問わず)

喘息は昔からある病ではあります(私の場合父親は呼吸機能が晩年は平均の2割程度になるなど、結構重篤でした)が、治療法が劇的に変わっているので、ちゃんと説明を受けて納得して取り組んだ方がよいかと思われます。くどいようですがケーナ演奏にもそのほうが良い結果になるかと思われます。

以上、「呼吸器がきついので笛の類NG」な方がカウンセリングに大量に来てくれることを祈念するしょっぱいケーナ奏者のステマ原稿(一応事実のみですが)にお付き合いいただき有難うございました。今後とも宜しくお願い申し上げます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.04.18

社会復帰寸前日記20170418

●4/18(火)
やっと社会復帰できそうなコンディションとなる。お騒がせしました。

午後津田沼JRみどりの窓口の後、パルコ上にある千葉系パスタ店チェーンの今日和へ。
あさりパスタの塩味、あさりの量と塩味と生パスタのマッチングが相当よい。

その後珈琲豆売るのがメイン系の「おおつか」でブレンド。一流かどうか微妙だが価格比で相当美味しい。

帰宅途中に東武地下であさひの骨なしフライドチキンセット。日本の食品業界は一流だと思うもののオレンジジュースとフライドチキンは国際競争力に欠けると勝手に判断している小生にとってフライドチキンのなかで比較的国際水準に耐える味。

日本ハムVSオリックスを眺めるが、どうも今季は接戦での弱さが際立つ。今年は球団として諦めている感が満載。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.04.16

【ご挨拶遅れまして】少々のお詫び20170416

●実は前回4/13のライブ以降体調を大幅に崩し、検査したところ数日自宅での安静が必要となっています関係でライブへのお伺いなどできておりません。お詫び申し上げます。

3/16現在で体調自体はすでに回復しており、4/19ぐらいからは社会生活に戻れそうです。演奏活動にも特段の支障はないかと思われます。

天からもらった休暇と割り切り、体調回復と自宅整頓などに費やし、今後のさまざまな布石となるよう努力していきたいと思います。(昨年夏もそのような時期がありましたが、演奏水準の向上につながる成果を得ることに成功しました)

社会復帰の一環として、本日~明後日まででまたさまざまな発信をさせていただけますと幸甚でございます。

今後ともご指導ご鞭撻(クレームメールも歓迎)のほどお願い申し上げます。

皆様と国際状況の平穏を祈念しつつ YOSHIO 拝

●自宅安静中に
・寿司3折(推定30カン以上)
・トマトアンチョビソースペンネ
・海鮮鍋
などとにかく食欲のみフルスロットル状態でございます。(なんか村西とおる風ですが)
食欲がない状態が一番ヤバいので、回復は早いかと目されます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧