2017.07.15

【療養支援御礼】30周年記念コンサートの動画期間限定公開しています!

こちらでございますが、ここまでの療養を支援くださっている皆様への御礼も込めて、
好評だった30周年記念コンサートの動画を公開しています。
こちらです

共演された方でご意見がある方はYOSHIO宛にお知らせください。

ぜひご感想などもお気軽にお待ちしています!こちらへどうぞ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

課題も見つけながら手ごたえを得ました!【およそ1月ぶりの単独無伴奏】20170724(月)新松戸Firebird【プレ復帰A出演2回目】

※「プレ復帰A」の意味については恐縮ですがこちらをご参照ください。

この日は対バン経験がかなりある方々を中心とした弾き語りメインのイベントです。
送迎の関係で出演後何時までいられるか微妙ではあるのですが、
開場時からはおりますので、ぜひ多くの方にお目にかかれますと幸甚でございます。

またプレ復帰段階ですが、久々の単独無伴奏です。
この日は特に非常に有力な演者が多い中、自分がちゃんと演者として存在できるのか
ケーナ単独無伴奏の演奏者として重要な関門の一つになろうかと思います。

私以外の演者を聴くだけでも有意義だと思いますので、お待ち申し上げております。
ご予約はこちらに。

→次の曲を演奏しました。

1、Inti Yacu
2、Yove Male Mome
3、歴代インカ皇帝名称~We will Rock You
4、Qoullur(星)

…まだMCが多少ふわついていますが、ストライクも入ってきたのでさらに改善します。
演奏はだいぶ目途が立ってきました。
めったにやらない4は新機軸と思って演奏したもののもっと完成度を上げたいところですが、1が完成度を維持できていたので、全体として組み立てられました。

この日は温かい競演者やお客様に支えていただいたと思います。(いつもそうなのですが、この日は特にそう思いました。「音楽は理解できないが、でも何故か聴きたくなる。ハート?情熱?何か形容出来ない魅力的なものを奏でている」という趣旨のことをおっしゃって下さる方がいて、活動が無駄でないことを確信させていただきました)

今後とも何卒宜しくお願い申し上げます!


7/24(月)
新松戸FIREBIRD
"愛こそすべて"

OPEN 17:30
START 18:00
TICKET 前売¥2,000/当日\2,500
※1drink(\600) charge
※18:00迄に御来場の方は追加1drink present

ACT
・太田圭二郎
・奈良岡
・ピスたちお
・みわ(電氣唄雀)
・アラブ
・Jerry(電氣唄雀)
・田中雅紀
YOSHIO(シュッと吹くケーナ奏者)
・湯澤ひかり
・沼田謙二朗

Live
18:00-18:20 太田圭二郎
18:25-18:45 奈良岡
18:50-19:10 ピスたちお
19:15-19:35 みわ(電氣唄雀)
19:40-20:00 アラブ
20:05-20:25 Jerry(電氣唄雀)
20:30-20:50 田中雅紀 
20:55-21:15 YOSHIO
21:20-21:40 湯澤ひかり
21:45-22:05 沼田謙二朗

Yoshio20170724


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.14

【演奏活動復帰に関して】+課題を見つけつつなんとか完了しました!【20170722YOSHIO*龍@新松戸Firebird】

皆様先日来お騒がせしております今回の小生の演奏中の不手際による負傷に関し、格別のご高配をいただき御礼申し上げます。

Ⅰ:演奏活動復帰に関して

現在自宅療養&リハビリ中でございますが、皆様のお気遣いのおかげをもちまして、手術後2週間・退院後1週間という現状において当初想定のペースにて回復している状況です。本当に有難うございます。
機動力的には相変わらずですが、本日ぐらいから鈍痛も落ち着いてきて、能動的な発信活動も再開できています。
今週までは自宅に逼塞してマンションの廊下から外にも出ていませんでしたが、来週は通院なども入るためリハビリとして次の段階に進むこととなります。

この状況を受けまして、誠に勝手ではございますがリスクを回避するために、演奏活動に関しては今後以下のように、3か月程度かけて段階を踏んで再開する方針にさせていただきます。(検査による確認結果などで状況が変化する場合はまたご報告・ご相談申し上げます)

・7/22-.31…プレ復帰A(リスク回避を最優先した行動、電車に乗れないため自宅から演奏会場まで車での送迎にて移動、基本的に自宅と会場の往復のみ、事前にブッキングされていたライブのうち車送迎可能で階段のない会場のみでの出演、座って演奏・原則段差のないステージでの演奏)

・8/2-8/31…プレ復帰B(社会復帰を進めながらリスクは避ける行動、時間がかかるものの松葉杖利用で電車移動可能、事前にブッキングされていたライブのうち階段のない会場のみでの出演、座って演奏)

・9/1-30…準復帰(原則松葉杖なしで時間はかかるが移動・演奏可能、状況を勘案しながら絞り気味の方針のもと通常の演奏活動再開)

・10/1以降…完全復帰(松葉杖不要、通常の行動・演奏活動)

…もちろんプレ復帰だろうが準復帰だろうが完全復帰だろうが、ステージでの演奏は今まで以上に(動きがない状態でも)熱く強く行くつもりですので、何卒宜しくお願い申し上げます。(幸か不幸か、現在出演予定のステージは、どれもとても「リハビリ・調整気分」ではこなせないゴリッゴリのヤバめのステージとなっています)

今回の復帰方針決定に関して、ご迷惑をおかけしたにもかかわらず大変にご配慮いただきました主催者・店舗の皆様、また対バンの皆様、共演者の皆様(今回特にプレ復帰中は共演者の力を最大限借りてステージングするシーンが特に多いかと思われます)、ご来場ご検討の皆様、気にかけてくださっている皆様に篤く御礼申し上げます。

皆様にも大変ご迷惑を引き続きおかけいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

Ⅱ、7/22の演奏に関しまして(プレ復帰A)

7/22は、3月に福島県伊達市の「すまいるラウンジコンサート」で演奏し好評だった鈴木龍氏とのユニット、「YOSHIO*龍(ヨシオカケルリュウ)」で臨みます。同ユニットでは3回目の演奏、新松戸Firebirdは初登場となります。

新松戸Firebirdのレッドステージとなりますが、ご覧のとおりどえらい競演者の皆様とのステージとなります。
ぜひ遊びに来ていただけますと幸甚でございます!

基本的にあまり動きませんが脚以外は元気なはずですので、皆様と楽しめればと思います。予約はこちら新松戸Firebirdへ「YOSHIO*龍で」とおっしゃっていただけると幸甚です。

ロック・ロカビリー・サイコビリー・ピアノ演芸などが繰り出される空間でどうチャランゴとケーナがマッチするのか、あるいはマッチせず異物として存在するのか、ぜひその行く末をご覧になっていただけますと幸甚でございます。

→なんとか無事に演奏ができました。曲目は以下です。
1、午後6時 Seis de la Tarde
2、スリキ Suriqui
3、We will Rock You
4、鉱夫さん El Minero
5、サン・ベニート San Benito

…この日は非常にハイレベルな出演者の中、課題がだいぶある状態でしたが、今後の活動へのきっかけを得るレベルの演奏となりました。

メインのテーマであったケーナの馬力という点では、想定の範囲内で十分出せました。
ただ他にも「チャランゴとの調和(これはYOSHIOのコンディションによる準備の問題が大きく、共演が盟友・鈴木龍氏だったのでまだなんとかなったという感じです)・MCの感度・歌などで、特に歌のように元からの弱点が出ただけでなく、これまで得意とした方面でもブランクによる感覚のずれが出たなというのが正直な感想です。

正直言って1月弱のブランクではありますが、さまざまなタイプのミュージシャンとの凌ぎ合い(しかも後述するようにFirebirdのクオリティはYOSHIOの参入当初より激上がりしています)のライブハウスシーンから数週間離れただけで、できないことは発生するという厳しさも痛感しました。(これは練習だけでカバーできる問題でなく、大げさなと失笑するかもしれませんが、投手にとってのマウンドのような「現場感覚」の問題なのだと思われます。MCがフィールディング、アンサンブルがコントロールに該当しますでしょうか)
特にMCは、場を見るタイミングがずれただけでだいぶ難しくなるということも痛感しました。(この日は全般にリズムに貪欲でシビアなお客様が多く、MCでの組み立てが簡単ではない日ではあったのも事実ですが…)

ただ手前味噌ですがまったく見せ場を作れなかったわけではなく、4ではYOSHIOの特質である「旋律の持ち上げ力」や、カルージョで特に手業を出す鈴木龍氏のチャランゴワークで一定の評判を得ました。

ライブハウスに出演するというのは調整登板はありえず真剣勝負の結果は受け止めたうえで、今回いただいた課題とささやかな自信をもとに、また攻めていきたいと思います。

皆様有難うございました&宜しくお願い申し上げます。

※厚かましいお願いですが、車送迎が必要な7月のライブのうち、この日のみ帰りは算段取れているのですが行きは現在車での移動手段が確保できていません。もしリアル知り合いの方で、7/22(土)に船橋市本町から新松戸Firebird(13:45までに着)までYOSHIOを乗せてもいいよ、という奇特な方がいらっしゃったらこちらにご連絡いただけますと幸甚です。相当恩に着ます。

→この日は行きは自分で手配しました。早くUBERが本格普及してほしいです。帰りは某氏に送っていただきました。感謝申し上げます。

なおこの日来てくださったお客様が、YOSHIOはともかくFirebirdが繰り出す演者のレベルに高い評価をくださったことも報告申し上げます。このようなハコで演奏活動をさせてもらえることに感謝しながら、復帰するだけでなく進化するように努力していきたいと改めて痛感しました。

7/22(土)
新松戸FIREBIRD
"DON DOKO DON"

OPEN 15:30
START 16:00
TICKET 前売¥2,000/当日\2,500
※1drink(\600) charge
※16:00迄に御来場の方は追加1drink present

ACT
・大人の悪戯
・CAROLAN'S→非常に無駄のない、すっと受け止められるロカビリーサウンドでした。
・The Railroad Steel
・ロンボトランヒップショット→カツクラさんの引き込み力の強さを再認識しました。寒いトークを拾っていただき感謝しています。
・THE ELEKING
・ハラシン&フレンズ→パワフルなブルースハープで押し切る凄さがありました。

【レッドステージ】
・赤松ハルカ→相変わらずセクシーでキレがすごいですが、今回は強さも感じました。
・wisimoso(ライブペインティング)
・YOSHIO*龍
・油井ジョージワンマンバンド→ワンマンバンドとして、リズムの強さと正確さ、機構の工夫とトータルの構成が完成度凄かったです。
・ダイヤ・ピアノ・サンタ→この日はヨーデルを中盤で投入して、温まりにくい場を掘り起こして最終的にさらう一流ぶりを発揮していました。

16:00-16:25 大人の悪戯
16:30-16:50 赤松ハルカ
16:55-17:20 CAROLAN'S
17:25-17:55 wisimoso
18:00-18:25 The Railroad Steel 
 休憩
18:45-19:05 YOSHIO*龍
19:10-19:35 ロンボトランヒップショット
19:40-20:00 油井ジョージ ワンマンバンド
20:05-20:30 THE ELEKING
20:35-20:55 ダイヤ・ピアノ・サンタ
21:00-21:25 ハラシン&フレンズ

Yoshioliu20170722


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.06.12

皆様のご厚意で無事演奏完了いたしました!【福島県伊達市のイベントに出演】20170618すまいる&みゅーじっく【RADICAL ANDES CONNECTION】

福島県伊達市で行われる音楽祭「すまいる&みゅーじっく」にRadical Andes Connectionにて4年連続4回目の出演となります。

正直YOSHIOの芸風は「すまいる&みゅーじっく」に合致したものではなく、
また近年「無料観覧の、演奏をしたい仲間のためのイベントで、ミュージシャンとしての自己意識を持つことが難しい」イベントへの出演を東北以外は大幅に絞っている(というか原則出演しない)近年のYOSHIOの方針からも
毎年相当の葛藤とともに出演していますが、主催者の方々および主催者をサポートされている方々のホスピタリティおよび活動趣旨に賛同して、悩みながらも参加を続けています。

今年は日帰りで、前夜祭・打ち上げともにメンバー全員参加しませんが、参加の皆様はお楽しみください。

今回公開リハーサルが11:45から、本番が12:25から各20分となっています。

イベント全体への参加はリンク先を参照ください。もし付近の方がいらっしゃったらぜひお目にかかれれば幸甚でございます。

Radical~は人数少ないですが、とがった演奏をしようとは誓っております。

→などと上記のように書いていましたが、とある事故の関係で直前まで迷う状況の中、挙げきれないほど多くの方のサポートやご高配により、無事演奏してまいりました。

5:30に起床し、6時ごろ身支度を完了して駅まで松葉杖で向かい、通常の3倍以上の時間がかかりましたがなんとか6:27発の快速にのり、7:12発の新幹線に乗れました。

新幹線が8:48に着いた後(車中でチキン弁当)、8:56発の仙台行き普通列車に乗り換え完了し(エスカレーターがありました)、伊達駅に9:05着。川俣ケーナ愛好会の方に上下計100段の跨線橋を越える際にサポートをいただき、なんとか車に乗せていただき会場のMDDホールに着きました。

ホールでは車いすを貸していただき、基本車いすでの行動、ステージも車いすで出場しました。

基本的にはこの状況ですので共演のRADICAL ANDES CONNECTIONメンバー(今回はyoko氏と鈴木龍氏、いつも共演者には当然感謝していますが、無事出演・帰宅できたことも含め今回ほどメンバーに深く深く感謝したことは、性狷介な小生としては珍しいです)や運営陣、競演の方々にサポートいただきながら出番前後は休憩(公開リハーサルは辞退)しつつ、ときたま観賞していました。

演奏は、
1、La Arenosa
2、El Humahuaquen~o(鈴木龍ソロ)
3、El Minero
4、Achacachen~ita
5、Quena Suburbia
4・5では仙台の前田氏にも参加いただきました。(手配不完全ですみませんでした)

会場設営、BGMを流しながらの入れ替え、ナレーションと時間管理のスキル、音響水準などこの手のイベントとしてはトップレベルの状況で、非常によい環境のもと演奏させていただきました。2が鈴木氏のワークもありうけたのと、やはり5がてっぺんだったようです。

終了後電球ジュース(南米のへんなライム飲料のような味、不味くはない)とやきそばを食べた後、演奏を聴いたりしました。

・北川玉奴さん…女装の意味などはさておき、普段は演歌を歌っているという方の、管理区域の国道6号線風景を歌った「ルート6」が圧倒的な存在感。むちゃくちゃブルースで重い内容とともに時間を感じさせない。

・La Paz…最後のJUKUに平均年齢をはるかに超えるパワーと尊厳を感じました。

・ロス・ミドラス…Todos Juntosでの客席巻き込みのパフォーマンスが圧巻。

・凛音…いかにも弾き語り、という曲の合間に挟むシティロック的ナンバーのディミニッシュ的展開がかっこよかったです。

以上はたまたま聴けた方の印象です。非常に充実したイベントであることがここからも偲ばれます。

また足が利かないので出店を回れませんでしたが、木村先生の楽器コーナーのテンションがガチやばでした。

終了後車で福島駅までお送りいただき、エレベータで登ってカツカレーを食べてから(案外美味しかった)18:16発の新幹線に乗り、総武線快速で船橋まで来てから帰路はタクシーで帰宅しました。21時過ぎに帰宅しました。

…淡々と書いていますが、これだけ多くの方の配慮にいただいたことはそうはなく、ひねくれていた自分自身の姿勢の一部を深刻に反省しました。主催者はじめお客様も含めすべての皆様に、深く深く御礼申し上げます。

とはいいつつも「YOSHIOさんが車いすっていうからちょっとネタだと思った」という話を聞いて、ここまでのプロレスラー的に正しい自分自身のケーフェイぶりに苦笑したりもしました。(そこまでのある意味リアルな方にとっての不謹慎なことはしないようにしていますが…)

6/16にいただいた御恩とともに、今後も頑張ります。本当に感謝しながら、今後も演奏を皆様に聞いていただけることを祈念しています。
すまいる&みゅーじっくのパワーを今回はいただくばかりで恐縮でございました!

(今ならやや殊勝で弱っているYOSHIOのムーブを見られるチャンスですよ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

皆様のご高配で相当の成果を持って演奏しました!【巣鴨獅子王緊急登板】170622、YOSHIOケーナ単独無伴奏!

巣鴨獅子王、急遽の登板です!
4月の演奏が我ながら不完全燃焼でございましたが、
この「いったんマイナーに送られたが緊急登板」のチャンスを生かせるのかどうか、
さまざまありますが「笛1本でハードイベント出演」の前代未聞ぶりには
変わりがないので、ぜひご来場ください。

人情味のあるハード(ノイズあり、即興あり)イベントです。

当日でもOKです。お待ち申し上げております!
もちろん予約も大歓迎。

巣鴨の同ライブハウスの周りは相当のB級グルメゾーンですので
観光がてらのご来場をお勧めします!

→とか言っていましたが、事故の後首都圏初演奏となり、緊張のもと演奏をいたしました。

1、SACH'A MAYU
2、Palmeras
3、Yove Male Mome
4、We will Rock You
5、Inti Yacu
6、コザの公園にて

…着座での演奏となり、申し訳ない限りでございましたが、おかげさまで相当の好評を得ることができました。
3・5の評価が非常に高かったです。

こちらのイベントも様々な展開がありますが、かなりのキワキワ感とアットホーム感のバランスにやっとアジャストできたような感じでございました。本当にお客様、競演の皆様、主催の皆様、お店の皆様に御礼申し上げます。

次は9月ごろになりそうです。またそれとは別に、オーナーの秋元氏に、スピード感と旋律の上げ方の表現力を評価いただき(ものすごくうれしいです・組み立ての少ない単独無伴奏の自分にとって数少ないスキルですので)、コヤーノバンド+αのセットでアコースティック的な演奏を行う展開もあるかもしれません。一つ頑張ってきた甲斐がありました。

今後とも皆様宜しくお願い申し上げます!

※「El Solitario vol.1」3冊この日にお買い求めいただきました!残り4冊となっております。お買い求めいただいた皆様に篤く御礼申し上げます!

=百花繚乱 Vol.21=

adv/door¥2000
+ドリンク¥500

① 19:00-19:25
=広本 晋

② 19:35-20:00
=YOSHIO

③ 20:10-20:35
=Aural Fit

④ 20:45-21:10
=コヤーノバンド+広本 晋

⑤ 21:20-21:45
=波流乱満地獄変

⑥ 21:55-22:20
=VLADIVOSTOK POWDER GENOCIDE→実はドラムの方と新松戸で対バンしたことがございました。11拍子の曲も演奏くださり、変拍子トークで盛り上がりました。

終演後~Bartime
アルコール¥300
ソフトドリンク¥200

Yoshio20170622


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.06.11

一定の成果を挙げました!【6月4本目ライブはやはり単独無伴奏】20170612新松戸Firebird【中5日で登板】

この日は月曜とは思えない濃いめのメンツです。
2016年10月、Vuelo Folklorico+YOSHIO公演でも競演した、
コミックバンドとしてかっこよすぎる幽霊会社みちづれさん、
業師としてレベル高杉の弾き語りの某ゆきのさん、
新松戸らしいフックのきいたアイドル的ロックバンドPINKY PROMISEさん、
いつも厳しい大人のライムでえぐるURAOCBさん、
盟友CHARTREUSEのベーシストの松浦勇次さんなど、
バラエティに富んだメンバーです。

自分は18:30と早めの時間ですが、しょっぱなから来て損なしですので
ぜひお立ち寄りいただけますと幸甚でございます。

→この日は以下の曲を演奏しました。25分のところ27分演奏しておりました。もうしわけございません。

1、コザの公園にて(YOSHIO)
2、Yove Male Mome
3、We will Rock You
4、Inti Yacu(太陽と水)
5、Todos Vuelven

この日は1にオリジナルを突っ込み、4で勝負ナンバーを入れた結果
「相当完成度が高い」とおっしゃっていただきました。
まとめたタイプの演奏でしたが
個人的には1の完成度が上がりそうで嬉しいです。
4もカバーとして自分らしさを出しながら正統に行けているので
これからどんどんライブハウスなどのバンド的音圧のシーンでも演奏いたします。

この日はボリューミーかつ一定のクオリティ以上の方が多く
自分は「はじめましての方にわかってもらう」という努力にシフトすることができました。
競演の皆様、お客様、さらに新松戸Firebirdの皆様誠に有難うございました。

FIREBIRD presents
NEW MAD CITY
2017/6/12

幽霊会社みちづれ→2人バージョンでした。社長がギタースター化していました。
某ゆきの→安定した歌唱でこの日の流れを引き締めてくださいました。MCで相応いじられました。
このみぃる
PINKY PROMISE →2人バージョンでした。
whiskyと銃声
YOSHIO(シュッと吹くケーナ奏者)
URAOCB →この日のエピソード1本目に、なぜか某スポーツ系である「立身出世しているが別れた身内を放棄したまま」という件を思い出しました。
松浦勇次

前売 \2000 当日 \2500
※+1 drink charge
スタート前御来場の方には1ドリンク追加プレゼント

17:30-17:55 松浦勇次
18:00-18:25 URAOCB
18:30-18:55 YOSHIO
19:05-19:30 whiskyと銃声
19:45-20:10 PINKY PROMISE
20:25-20:50 このみぃる
20:55-21:20 某ゆきの
21:30-21:55 幽霊会社みちづれ

bar time22:00乾杯・打上げ

Yoshio20170612


セッティング別25分厳守!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.06.05

相当の手ごたえとともに終了しました!【食べ放題イベント】20170606新松戸Firebird【一応ゲスト的に単独無伴奏でYOSHIO出演!】

この日は新松戸Firebirdに比較的コンスタントに出ている出演者が持ち込んだり料理した料理が食べ放題のイベントです。
私は食中毒の時期なので、料理を持っていくかどうしようか思案中です。

開始が遅いですが、勤め帰りなどにちょっと音楽付きの店に立ち寄る乗りで
ぜひご来場いただきたく、よろしくお願い致します。

一応(演奏開始まであまり飲めないので)ゲスト枠という形で、トリで20分ほど演奏します。
楽しくやりたいと思いますのでぜひ!(今月4本目のライブです)

→この日は以下の曲を21分程度で演奏しました。みなさん飲み食いして出来上がって疲労があるトリで自分は飲んでいないので、逆にMCを絞って演奏中心にしました。

1、Love in Vain
2、Yove Male Mome
3、We will Rock You
4、Inti Yacu(太陽と水)Daniel Navarro
5、Don Pablo

6/1には風邪と気管支炎のダブル攻撃に屈しフルパワーで演奏できなかったので不安でしたが、風邪対策の薬をかえたところ(カコナール投入)圧倒的にコンディションがよくなり、この日は自分が望む水準でフルパワーライブできました。

1は久々でそれなり、2・3はやや早めだが丁寧にという演奏で、4がガチナンバーとして好評でした。
いい意味で「多様な伴奏を伴った演奏をまた聴いてみたい」と言わせるだけの品質となっていました。
5も久々ですが、やはりトリのフィナーレにふさわしい柄の大きさを持った曲だなと勝手に思いました。
今回は曲ごとの緩急もしっかりついていてかなり聴きやすかったもようです。

この日もフードは非常に充実していて、食べ応えのあるイベントとなっていました。
小生も「鶏胸肉とピーマンとなすを、梅干と醤油とワインとゴマ油で味濃いめに炒めたもの」を料理して持参し、想定より好評でした。
次回このような機会があったらもっと量を持参します。

このイベントは音楽的な知人が増えるというよりは、Firebird常連陣を中心としたホームパーティー的要素が強いですが、体調などでここまで不完全だった自分の復調のヒントをたくさんいただいたことに感謝します。
一緒に参加された皆様、お客様、お店の皆様に篤く御礼申し上げます。

6/6(火)
新松戸FIREBIRD
"酔ったもん勝ち祭 フード食べ放題SP"

OPEN 19:00
START 19:45
TICKET \1,500
※1d or \2,000(22:30迄飲み放題)charge

ACT
・アラブ
・電氣唄雀
・yutata
・Khoomei KIYOSHI
・James
・松浦勇次
・KUME(CHARTREUSE)
・べてぃ

【ゲスト】
YOSHIO(シュッと吹くケーナ奏者)

【DJ】
・http://Mr.BLACK

【手相占い】
・Ryuchang

Live
19:45-19:55 アラブ
20:00-20:10 電氣唄雀
20:15-20:25 yutata
  休憩
20:45-20:55 Khoomei KIYOSHI
21:00-21:10 James 
21:15-21:25 松浦勇次
  休憩
21:45-21:55 KUME (CHARTREUSE) 
22:00-22:10 べてぃ
22:15-22:35 YOSHIO

飲み放題19:00-22:30飲み放題

Yoshio20170606


おまけでこの日の日記。

●6/6(火)
久々に苦しくて目覚める瞬間なく熟睡。
10時ごろ起床しメジャー中継とBBCを眺める。
近年ほぼ毎年行っているロンドンブリッジとバラマーケットでテロとのニュースでちょっと衝撃を受けつい続報を眺める。
ただ観光地で過剰にふわふわしているところはテロリストに狙う意欲を与えるというのも残念ながら事実かと思う。

また以前利用したカタール航空がアラブ圏諸国との断交でいろいろ不都合が生じているらしい。(断交した国に飛べない、断交した国の上を通過できないため飛行ルートが制限される、など)

ご飯とさんまゆず胡椒和え缶詰とあさげで食事。

13:30過ぎに自宅を出て西船橋へ。雑用をすませた後駅ナカ寿司で満ち潮セットと7貫程度。相変わらずコスパ良好。
いったん家に戻る途中のスーパーで野菜など購入、帰宅後調理して完成後冷ましている途中で味見がてらご飯と合わせ食べる。食中毒を恐れ大葉を投入し味を濃いめにしたのが結果として好評であった。

18時過ぎに自宅を出て新松戸へ。新松戸には提供の惣菜のほかにご飯を持ってゆき勝手に夕食を完了する。
全般にホームパーティー的に楽しむ。

演奏して終電で帰宅。お酒はシャンディガフ・キューバリバー・イエーガーマイスターショットであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.23

成果を達成しました!→直前予約歓迎!タイムスケジュール掲載!→追加報告あり!【民族音楽の正統イベントにちゃっかり出演!】170603(土)チャランゴの集いに単独無伴奏で参戦!【なんと下北沢】

以下のように、アンデス地方を中心とする弦楽器「チャランゴ」奏者が集まるイベント(ボリビアチャランゴ協会にも確か認定されているイベント)に、「チャランゴ曲を演奏するケーナ奏者の単独無伴奏」という、「ミックスドマッチに参加するメンズテイオー」ぐらい分かりずらいポジションで参加します!

これでも2013年から連続で5回目の出演です。
前回はアルフレッド・コカさん(チャランゴの正統派巨匠の1人)の前でかましました。

今回は新鋭が多く、ビッグネームは正直少ないですが、構わず「個性あふれる」を裏書きする存在として出演します!
あと特に管楽器奏者には、「打ち上げでビッグネームの弦奏者と競演してもらえるチャンス」としてお勧めします!このイベントは若手管楽器奏者にとって勉強になるし美味しいイベントです。
もちろんフォルクローレに興味がない人にも楽しめるイベントにします。(業界用語の通訳が必要な方はYOSHIOに用命ください)

なお今回の特にお勧めは、MAYAでふだんケーナを吹いている橋本仁さんの秘技チャランゴを聴けることです。
歌心ある氏のチャランゴは知る人ぞ知る名物でしたが、めったにない機会です!

●なお今回の収益は、ボリビア民俗音楽のフィールドワークに絶大な功績があり、日本のフォルクローレ愛好家(YOSHIOが含まれるかどうかは突っ込まないでください!)にボリビアの民俗音楽的要素を注入してきた杉山貴志氏の治療費として寄付するとのことです。趣旨に賛成の方も反対の方もぜひおいでくださいです!(個人的考えとしては、「好き勝手な人生を歩んだ人の治療費など支援したくない」と思う人がいても不思議ではないと思いますが、海外で相当ハードな生活を送った人で同国における日本のイメージ、および同国を訪問した日本人にも貢献してくれた人に、武士の情けという意味で、直接寄付するわけではないにしろ来場いただくという間接形態で支援いただけると、日本国民である貴殿の度量を見せる結果になるかと思いますがいかがでしょう)

ぜひ以下の内容に従ってご予約をお願いします!YOSHIO経由でもよいです。

曲目はYOSHIOは、
1、Inti Yacu(太陽と水)
2、El Arriero(牛追い)
3、コザの公園にて※YOSHIOオリジナル
を想定しています。1・2はチャランゴマエストロへのリスペクトをこめて、3はチャランゴ曲単独無伴奏で得たスキルとスピリットを生かしたオリジナル曲です。

実はYOSHIOを下北沢で聴けるめったにない機会です(苦笑)。
併せてぜひ!

→この日は予定通りやりました。突出して1の評判がよかったため、1を最後にやればよかったかな、という感じでした。2は途中でコード進行を過ち反省、3は徐々に後半の旋律を再構成していきたいなと思っています。

1は以前TAKUYA&YOSHIOで演奏しましたが、ケーナ1本アレンジは作者にも褒めていただいたことがある独創性とフレンドリーさを合わせた水準のパフォーマンスとなっているです。今後多く演奏できればと祈念しています。

今まで参加の中で、比較的「色物」度は低かったのではないでしょうか(もちろんそれゆえに、もっと構成的な時間帯を増やしてもよいかとは思いますが)。

競演の皆様、主催の皆様、お客様、ボデギータの皆様本当にありがとうございました!

なお参加者としては以上なのですが、お客様に対しては、運営で「あまりお詫びもなく1時間押してしまった」「進行がゆるい」などイベント運営の一翼を期せずして担うことになった人間として反省しなければとは思います。雰囲気自体はよかったのかなとは思いますが、ぜひご意見などいただければ、主催サイドに伝えますので宜しくお願い申し上げます。ただ1点言い訳をすると、今年は「続ける」ことを主眼においたというのはあろうかと思われます。チャランゴの集いの持つフレンドリーな美質を失わないようにしつつ、イベントとしてさらに盛り上がるようにできれば多くの人にとってハッピーだとは思いますので宜しくお願い申し上げます!

※なお打ち上げでMAYAリーダーにしてケーナ巨匠である橋本仁さんと「Danza Aymara」などで二重奏させていただき、「アニミズムにあふれた魂からの音色のケーナ」とおっしゃっていただいたのは、率直に言って大変うれしかったとともに、これまでの頑張りの甲斐はあったかな、と思いました。二重奏がいわゆる「魂のキャッチボール」のように感じられました。

ボリビアなどの巨匠はいうに及ばず、前述の橋本氏や山下Topo洋平氏をはじめ多くの近代現代曲をこなすケーナ奏者からみたら、私は野球の投手でいうと「アンダースローにしては球速は速く球威もあるが、変化球がツーシームとストライクからボールに落ちる見え見えのフォークしかない」タイプの、現状まあフォルクローレ業界においては一軍の中継ぎならいけるかなレベルのケーナ奏者ではあるかと思います。(これでも以前よりだいぶランクアップしたようでありますが)
ですが、僭越かつ雑な言い方ですが、マウンド度胸と気合、ねじ込み力という点では多くの巨匠にも負けないぐらいの水準でやってきたいとずっと思っておりますし、年を追うごとに演奏のフィールドを多くいただけるようになっておりますことに、応援をいただいている気分でございます。記憶に残る奏者として、今後も頑張っていきたいと思っています。

今後とも皆様のご指導ご鞭撻と、差支えない範囲での応援をいただけますと幸甚でございます。皆様有難うございます。

(以下統一告知)

「第11回チャランゴの集い」コンサートで演奏します。
フォルクローレ、チャランゴに興味のある方はぜひどうぞ!

11ro. ENCUENTRO DEL CHARANGO EN JAPÓN (Tokio, próximo 3 de junio de 2017)

「第11回チャランゴの集い」のお知らせ

「チャランゴの集い」、10回記念の昨年はアルフレド・コカ氏もお迎えし大盛況となりましたことを改めて御礼申し上げます。
初心に帰る気持ちで今年の第11回目は「こぢんまりと熱く」、おなじみ下北沢ボデギータで開催することになりました。
いつもながら個性溢れるアーティストたちの熱演にご期待下さい!

なお、会場はスペースが非常に限られていますので、ご予約はお早めにお願いいたします。

以下、詳細です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「第11回チャランゴの集い」

日時;2017年6月3日(土)
14:30開場、15:00スタート(17:00頃終了予定)

会場;ボデギータ(東京都世田谷区代沢5-6-14前田ビルB1F、小田急&京王・下北沢駅より徒歩8分)
http://bodeguita.web.fc2.com/

チャージ;2500円(1ドリンク込、当日精算)

出演;富谷雅樹、橋本仁、鈴木萌里、土手暁、YOSHIO、福田大治、恵泉女学園大学チャランゴ部。

ご予約・お問い合わせ;daijitodelcharango※yahoo.co.jp(福田まで。※を@に換えてご送信下さい。)

15:00;第1部スタート
①恵泉女学園大学チャランゴ部→クエカ曲がキュートでした。
②土手暁→D-CHARANGOの方です。繊細な音色もいける方ですが、ストロークの押し切り力が強化されていました。
③YOSHIO
④橋本仁→後半の2番目になりました。「らんちう」を軸としたセファルディ、クエカなどのつづれ織りメドレーが圧巻。引き出しの多さとコクをチラ見せした伝説のパフォーマンス。チャランゴパフォーマンスでもさまざまなジャンルの一流の方に影響を与えることを確信します。

15:50~16:10;休憩

16:10;第2部スタート
①鈴木萌里→流麗な音色に定評ありますが、Palmerasなどのようなチャレンジをどんどんしてくだされば。
②富谷雅樹→惜しくもキャンセルでした。
③福田大治→全般に構成的ですばらしい演奏。Hasta Otro Diaが絶品。

17:00;終了

17:30~;会場にて打ち上げ(3500円程度?当日確認ください。楽しく過ごしましょう!)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

反省しつつ勉強になりました!【新松戸で6月最初の単独無伴奏!】170601新松戸Firebird

6月最初の単独無伴奏です。早めの出番ですが、もし気が向かれたらぜひ!
この日は結構落ち着いた展開になりそうなので、さまざまブっこみたいと思います。

6/1(木)
新松戸FIREBIRD
"愛こそすべて"

OPEN 18:30
START 19:00
TICKET 前売\2,000/当日\2,500
※1drink charge
※19時までに御来場の方は追加1ドリンクプレゼント

ACT
・森口真実
・電氣唄雀
・The Mad
・Rife on the Lock

【レッドステージ】
・YOSHIO(シュッと吹くケーナ奏者)
・James
・永田一真

→以下の曲を演奏しました。
1、Inti Yacu(太陽と水)D.Navarro(アルゼンチンのチャランゴ奏者の曲)
2、Yove Male Mome
3、We will Rock You
4、Todos Vuelven

…この日は今年3回目の点滴投入後のステージとなるなど、非常にコンディショニングで課題を残しました。
なんとか3までは持ったのですが、安全策でいった4でロングトーンでせき込みそうになるという大失敗演奏をしました。非常に反省するとともに、「気管支が不安定なときはロングトーンよりもショートパッセージで打ち抜く演奏」を心掛けることにしたいと思います。

まあ何よりコンディショニング(病院からは「あんまりおさまらないようなら入院も検討してください」と言われました)をより徹底したいと思います。ライブハウス中心の演奏スタイルにして4年目となり若干勤続疲労感もあるのかもしれませんが、この日を最底辺として(レッドステージの人に「前の2人が色物で」と久々に色物呼ばわりされました)上がっていきたいと思います。お客様、対バンの皆様、FIREBIRDの皆様にお詫びと感謝を申し上げます。

救いとしては、相当シリアスな1について、Rife on The Lockの林イッペーさんに賞賛された点です。(この曲はチャランゴの集いで演奏します!)


19:00-19:20 森口真実
19:25-19:45 YOSHIO
19:50-20:15 電氣唄雀
20:20-20:40 James
20:45-21:10 The Mad
21:15-21:35 永田一真 
21:40-22:05 Rife on the Lock

乾杯・打上げ 22:15

ソロ20分/バンド25分(セット別)厳守


新松戸FIREBIRD ダイゴ

Yoshio20170601


| | Comments (0) | TrackBack (0)

大変な成果を挙げさせていただきました!【初出場!】170528(日)東新宿で単独無伴奏!【東新宿でケーナ炸裂!】

かつて新松戸Firebirdでよく弾き語りにて対バンさせていただいていたメロマランディのシンタローさん企画の
弾き語り中心のイベントです。

なんとケーナ奏者が単独無伴奏で東新宿に初出場!(都営大江戸線・副都心線B1出口からすぐです)

相当の実力者揃いの中で、「新松戸の珍獣」がイベントストッパーとなるのか、それともど真ん中を射抜くのか?

チャージも安いので、異種格闘技戦を軽い気持ちで見学に来ていただけますと幸甚でございます!

※なお時間は前後する可能性がありますので、なるべく早めからお越しいただきごゆるりと過ごしていただけますと幸甚でございます!

→最初どうなるか、と思いましたが、しんたろーさんの人柄とミュージシャンとしての実力が相まって、見ごたえがありなおかつフレンドリーなイベントとなりました!いやー打ち上げ最後まで居たかったです。

自分は以下の曲をやりました。

1、Palmeras(しゅろの林)
2、Yove Male Mome
3、WE WILL ROCK YOU
4、コザの公園にて
5、本多工務店のテーマ(ショートVER.)

この日はフォルクローレ教室出身で独自のケーナ演奏活動を志向されている方がお客様として来てくださいました。
東新宿地下のライブバー、というアウェー感をものともせず、最後楽しんでくださったようで本当によかったです。
(お店としてよい店です。高田馬場に支店があるとのことです)

しんたろーさんだけでなくものすごい実力派ミュージシャンが、互いにスキルを出したうえで
互いの演奏を楽しむという会でした。しんたろーさんはじめ皆様本当に有難うございました!

最近ケーナ単独無伴奏に少々新機軸を求め焦る気持ちもあったのですが、
今回は頑張ったご褒美をもらった気分です。また今後ぜひ一緒に皆様やりましょう!

5/28(日)「メロマランディのしんたろー君が声をかけたらこうなったVol.1」

会場:東新宿LOVETKO

18時:start 入場料:1000円+ワンドリンク500円

出演者: YOSHIO(ケーナ奏者)、つなわたり田中、根本直哉、松下直樹、NARUn、ウォリ、砂野安里 メロマランディのしんたろー君

18:00~18:30 NARUn →生真面目なカバーで、この日のある意味シリアスさを崩さない感じを作られました。(自分はスパークしすぎでしたが…)
18:30~19:00 つなわたり田中 →ブランキーカバー連打でこの日の雰囲気を確実に作ってくださっていました。
19:00~19:30 砂野安里 →端正かつフレンドリーな女性ボーカルの方で魅力的でした。最近関西出身の優秀なシンガーと知り合う機会が多くて嬉しいです。
19:30~20:00 YOSHIO(ケーナ奏者)
20:00~20:30 松下直樹 →ものすごい実力者ながら、いい意味でポップさとワイルドさを両立させたステージングでした。
20:30~21:00 ウォリ→静かなピアノ弾き語り、ですが、根底のロックマインドが見える感じがよかったです。冒頭のブっこみMCもすごかったです。
21:00~21:30 根本直哉 →弾き語り初、とのことでしたが、REDIOHEADのOK Computerなど、聞きどころと起伏に富んだステージングでした。
21:30~22:00 メロマランディのしんたろー君→サルーキ=をほうふつとさせる前向き、ポップさ、それを嫌味にしない感じを再認識しました。1曲一緒にやらせていただきました!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧