2017.08.15

一定の成果を挙げながら様々考えました(無駄に長文)!【お盆明けにバンド弾き語り入り混じる中圧力的レッドステージの一翼として単独無伴奏!】20170816新松戸Firebird【プレ復帰B】

9/9西船橋で、お客様もパフォーマンスに参加できるRadical Andes Connectionのアンガージュマンライブ開催!ぜひ予約ください。

この日はお盆休み明け前ギリギリのライブになります。
久しぶりに対バンさせていただくGAROADさんや一定数対バンしているモグらいおんさんなどのバンドや、弾き語りの方が混ざる、Firebirdにしては割と普通のライブハウス的展開です。

ですが、レッドステージがJames氏と私、という非常に圧の強いラインアップとなっています。
お盆休みのスパイスにいかがですか?予約はこちら

※なお「プレ復帰B」についてはこちらを参照ください。

→この日は以下の曲を演奏しました。
1、Quenas(ペルーの曲です)
2、Yove Male Mome
3、We will Rock You
4、Todos Vuelven(「みんな帰ってくる」、ペルーの曲)

前の独りマヨネーズさんが渾身の盛り上げをしてくださったおかげで、想定よりはるかにやりやすい環境で演奏でき、次のGAROADさんに大過なくつなぐことができました。
1はFirebirdではここまでほとんど演奏していない演目でした。

アレンジとしては、1の後半ブロックを高速でやるなどして、間延びを排除する工夫をしたりしました。
1は演奏してわかりますが、相当の名曲です。(もともとの民謡ではなく、確か最初に録音されたのは軍楽隊的なセットでの演奏ですが)

演目としても「自然につながる感じでよかった」という評価をいただきました。
競演の皆様、お客様、Firebirdの皆様誠に有難うございました。

無伴奏単独演奏については、前回までは「怪我前の水準に復旧」ということを目標としていたのが正直なところですが、今回から少しでもそれより上を目指して演奏し始めました。

手ごたえもあったのですが、やはり圧倒的にもっとさまざまいろいろやれればという思いに逆にとらわれたのも事実です。(妙に終演後考え込んでいたのはそんな点で、一部の方にご心配をかけ申し訳ございませんでした)

ケーナ単独無伴奏を始めてからさまざまな環境で演奏をできるようになっていますし、取り組むことで「一人でステージ持たせる」という気概が強化された点でプラスですが、単独ではない場合において一緒に演奏するミュージシャンへの感謝が強くなったというのも最大の強化されたポイントです。(もちろん独力でやりきること=いいミュージシャンの絶対条件ではないと思いますが、ケーナ奏者という観点から考えると、独力でやり切る気概を持たないと、共演者や環境にいちゃもんをつける方向性に行きがちだとは体感的に思います)

それであるが故に、ケーナ単独無伴奏のレベルをさらに向上させられれば、より演奏者として全体にレベルが上がるのだが、そのためにどうしていけばということを考えるようになっています。ただし(結構ありがちなのですが)上手さの強調などの方向にシフトして独りでこねくり回すと、パフォーマンスとして大幅なレベル低下を招き今いただけている演奏機会をなくすという懸念も当然あります。(私が客だったら、下手に技術レベルへの自信をちらつかせるような演奏よりは楽しくなれる演奏のほうを評価する、という軸はぶれていません)

まずは怪我を治すことですが、ステージがあることに感謝しながら、攻めの姿勢を維持しながら品質を上げていきたいと思います。さまざまご指導ご鞭撻いただけますと幸甚でございます。

…以上エモい書き込み申し訳ございませんでした。「しょせんお前なんか色物だから悩んでもしょうがないんだよ」という人には全く刺さらない内容かと思いますが、何かのコピーで自ら考えないことを最善とする地点から離れたが故に発生している悩みを持てる状況であることのみ、ここまで応援くださっている方に報告できればと思っての記述でございます。

できればみんな連れていきたいんですが(c橋田裕哉氏@Kalff)、まず自分がここではないどこか(cGLAY)に到達できるよう尽力していきたいと思います。よろしくね。(c上記橋田氏)


8/16(水)
新松戸FIREBIRD
"チキチキ大作戦"

OPEN 18:00
START 18:30
TICKET 前売\2,000/当日\2,500
※1drink(\600)charge
※18:30迄にご来場の方は追加1drink present

ACT
・モグらいおん
・GAROAD
・独りマヨネーズ
・Hayato
・松浦勇次

【レッドステージ】
YOSHIO(シュッと吹くケーナ奏者)
・James

18:30-18:50 松浦勇次
18:55-19:15 Hayato
19:20-19:40 独りマヨネーズ
19:45-20:05 YOSHIO
20:10-20:40 GAROAD
20:45-21:05 James
21:15-21:45 モグらいおん 

ソロ20分/バンド30分
(セット別)

【22:00 乾杯・打上げ】
参加費制です。
・2ドリンク:\1,000
・1.5H飲み放題:\1,500
※いずれも軽食付きます。お客様もお気軽に参加しませんか?

Yoshio20170816


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.08.08

一定の成果を得ました!【単独無伴奏】20170809新松戸Firebird【8月最初の演奏】

8/13新松戸FirebirdでのTAKUYA&YOSHIO何卒宜しくお願い申し上げます!

この日は弾き語り・変態枠での演奏のようです。
よっぽど正統派な演奏をしようか、などと最初はイキっていましたが、
まずはしっかり楽しんでもらえる演奏をできるように
努力したいと思います。

面子的にもひねりあり、ど真ん中ぶち抜く(@橋田裕哉氏〔KALFF〕)演奏がさまざま聴けると思います!

個人的には沼田謙二朗氏~田中雅紀氏の展開は激アツです。
ぜひオフビートでも濃いFirebirdを味わいに来ていただけますと幸甚です。

8/9,13とも予約はこちらへ。

→この日は以下の曲を演奏しました。
1、Palmeras
2、Yove Male Mome
3、We will Rock You
4、Inti Yacu
…割といつものナンバーですが、4は入れると時間枠が苦しくなる割に効果が薄いので、25分枠以上の際にやるように限定したいと思います。
この日はいま一つ想定よりも来ない感じもありましたが、品質としては安定していました。
特に2は、高音への切り替え部分でかなりの圧力を出せ、リード楽器のリードを震わせているような音を出せました。

このような日にどの程度新ネタを突っ込めるか、なども視野に入れて今後さらに上がっていきたいと思います。

対バンだった皆様、お客様、Firebirdの皆様に御礼申し上げます!

新松戸FIREBIRD
"愛こそすべて -正統派VS変態篇-"

OPEN 17:30
START 18:00
TICKET 前売¥2,000/当日\2,500
※1drink(\600)charge
※18:00迄にご来場の方は追加1drink追加present

ACT
・ピスたちお
・慶皓
・mele
・ミカミヤスマサ
・豊田ヨウスケ
・YOSHIO(シュッと吹くケーナ奏者)
・みわ(電氣唄雀)
・沼田謙二朗
・田中雅紀

Live
18:00-18:20 ピスたちお
18:25-18:45 慶皓
18:50-19:10 mele
19:15-19:35 ミカミヤスマサ 
19:40-20:00 豊田ヨウスケ
20:05-20:25 YOSHIO
20:30-20:50 みわ(電氣唄雀)
20:55-21:15 沼田謙二朗
21:20-21:40 田中雅紀

bar time 22:00打ち上げ

Yoshio20170809


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.17

非常に有意義な成果をいただきました!【早期予約お勧め、限定30人イベント!久々のTAKUYA&YOSHIO関東演奏】20170813新松戸Firebird【プレ復帰B】

※「プレ復帰B」の意味については恐縮ですがこちらをご参照ください。

この日は新松戸Firebirdで久々のTAKUYA&YOSHIOです。
ピアノ演芸、大人の紙芝居、地獄シャンソンの名手に囲まれて
音圧がバカ高いわけではないですが、存在感ありまくりの人たちの中で
日本代表だったプライドを忘れず、しかし攻めた選曲で勝負します!

Pascua Linda、Maggot Brainなどの代表曲だけでなく、
久々の曲なども織り交ぜて皆様に楽しんでいただけるよう尽力します。

30人限定イベントですので、早めの予約をお勧めします!
予約はこちらへ。

お盆の週末、大人の楽しみになるように精一杯努力しますので
少々お時間などいただけますと幸甚です!

→この日は以下の曲を演奏しました。35分枠のところ38分程度やっておりお詫び申し上げます。

1、Pascua Linda(ボリビア・タリーハ地方民謡/TAKUYA&YOSHIOアレンジ)
2、熟れたとうもろこしの踊り Danza de Maiz Maduro(Atahualpa Yupanqui)
3、マゴット・ブレイン Maggot Brain (Clinton/Hazel)
4、タタ・インティ(父なる太陽)Tata Inti(G.Hermosa)
5、紙飛行機(井上陽水/TAKUYA&YOSHIOアレンジ)
6、山から来た男 (TAKUYA&YOSHIO)
7、谷間のカーニバル  Carnavalito Quebraden~o(Hermanos Abalos)

…この日は東京東部でボリビアフェスタなどがあったこともあり、いわゆる「フォルクローレ」関係の方にはインパクトを与えることができない状況でしたが、ライブハウスによく来られている方・あまり来られていないけどフォルクローレ的音楽をあまり聞かない方の前で、またプロ的に完成された独自の芸をお持ちの皆様の中で(こういうことをいうとまた怒られるのでしょうが)日本代表経験者として南米ベースである自分たちの音楽演奏をやり切ることに注力し、おかげさまでお客様に好評を得ることができました。篤く御礼申し上げます。

(これまた怒られるでしょうが)すごく傲慢な言い方をしますが、TAKUYA&YOSHIOはボリビアフェスタに参加するよりも、こちらのイベントで出演することでかえって南米音楽界に貢献できる結果になったと自負しています。

TAKUYA&YOSHIOは現状では活動が少ないユニットですが、今回のライブでパフォーマンスの前線に行ける可能性があることが証明でき、僭越ですが非常に喜んでおります。

特にいわゆるフォルクローレ的要素が強い2・4・7が好評でした。(手拍子は4の一部と7でのみでしたが、手拍子で楽しく、というより聞き入ってくださる感じでした)
お客様には「長年のコクとタイト感」がジャンルを超えて評価されたもようです。
4は本年の川俣コスキンで演奏しますのでお楽しみください!

今回ご覧いただいた皆様、共演の皆様、TAKUYA&YOSHIOをフラットに高評価くださって今回ブッキングしてくださったFirebirdの皆様に篤く御礼申し上げます!

※おまけネタですが、打ち上げのダラ飲み中に「YOSHIOさんのケーナってまあまあレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのギターっぽいですよね」と言われたのは、ケーナ表現の極北を走るYOSHIOにはある意味てっぺんというかど真ん中かもしれません。(単音的にゴリッと縦乗りで圧力的に攻める感じ、でしょうか)

8/13(日)
新松戸FIREBIRD
"新松戸ゴールデン劇場"

OPEN 18:00
START 18:30
TICKET 前売¥2,500/当日\3,000
※1drink charge
※18:30迄に御来場の方は追加1drink present

ACT
・ダイヤ・ピアノ・サンタ→ダイヤの世界旅行という仕立てでしたが、常に見せて魅せる(もちろん上手いというのは逆に当たり前すぎて失礼ですが)ピアノとヨーデルで押し切る、高品質のベタ演芸が炸裂。最後のリミックスが非常にハイブロウ。
・飯田華子→段ボールの独自の質感とともに突き刺さる大人の紙芝居と、Jラップの平均水準を陵駕したライムがすごい脱力的ラップの二本柱。個人的にはエロねたの凄さもさることながら、要所で現実への不安をつきつける「富士山」にしびれました。「DJ斉藤」がパワーワード。
・TAKUYA&YOSHIO→他の3組に比べると「二本柱」という切り札があったか不明ですが、長年の経験によるTAKUYAの歌唱とYOSHIOのケーナのコンビネーションとマウンドさばき、フィールディングなどでしのぎ切ったのかな、と思います。PAバランスもパーフェクトでした。有難うございます!
・蜂鳥あみ太=4号with佐藤真也(pf)→いつもご一緒するときよりもエレピをフィーチャー(佐藤氏もものすごい腕前)しつつ、いつもよりも長尺な分、容赦なく圧力強い舞台姿と歌唱のクオリティの二本柱でこの日をまとめきる濃厚なパフォーマンスでした。

Live
18:30-19:05 ダイヤ・ピアノ・サンタ
19:20-19:55 飯田華子
20:10-20:45 TAKUYA & YOSHIO
21:00-21:35 蜂鳥あみ太=4号with佐藤真也(pf)

bar time 22:00店内にて打ち上げ

Takuyayoshio20170813

※今回上の画像データのフルカラーチラシがございますので、予約希望の方・ご来場を検討される方・宣伝をお手伝いくださる方には郵送いたします。お気軽にこちらに連絡ください!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.16

相当の成果を得ることができました!【新松戸有数の魑魅魍魎が集うイベントにJOSE+YOSHIO出撃!】20170730新松戸Firebird【プレ復帰Aでの3回目出演】

※「プレ復帰A」の意味については恐縮ですがこちらをご参照ください。

この日は、これまで新松戸Firebirdに出まくっている小生が「ツヨめでカオスなゆえに」ブッキングされてこなかった魑魅魍魎シリーズに、JOSE+YOSHIOで初参戦です!

今回はややアコースティック風味上がっていますが、それはほのぼのを全く意味しません。
とことんヤバいメンバーです。
正直バンドだけでないびっくり箱かつハイレベル空間になることが想定されています。

日曜夜で恐縮ですが、絶対に損はさせない面子になっておりますし、
そんな中でJOSE+YOSHIOもツヨめに(YOSHIOは動けませんが)、必死に音を繰り出していきたいと思います。
復帰がどうのでなく、いきなり正念場です。

ぜひご来訪をお待ちしています! ご予約はこちらへ。

→この日は次の曲を演奏しました。

1、Suriqui(Victor Ferrel)
2、穴を開ける(JOSE+YOSHIO)
3、El Antigal(Ariel Petrocelli, Lito Nieva y Daniel Toro)
4、泊まり込み(JOSE+YOSHIO)
5、Charagua(Victor Jara)

MCはまだコントロールミス、およびエラー(チャラグアの街を目指したのはチェ・ゲバラですがビクトル・ハラと言ってしまいました)もありましたが、演奏としては(もちろん全員に聴いてもらう状態ではなかったものの)予想よりもシリアスな雰囲気の中、かなり熱心に聴いていただける水準を叩きだすことができました。
なんとか魑魅魍魎というイベント名にふさわしい品質の伴った百鬼夜行の中、爪痕は残すことができました。

特にホセ氏との、リズム・グルーブを最大化させた音のコンビネーションをきわめて高く評価されました。

バンドマンにはやはり2・4が好評でしたが、フォルクローレ好きの方には3が、一般のリスナーの方には5が好評でした。5の曲名や作曲者を聞かれたりして、少しは音楽に恩返しできたかも、と勝手に考えています。

重ねていいますが今回のイベントは、エグみも音楽性もきわめてハイレベルでございました。そして音圧も高い方が多いイベントでした。
その中でステージに立つ存在理由を証明できたこと、本当に嬉しく思います。また写真(お客様からのご提供)のように座って演奏することでお客様へのアプローチは限界がございましたが、むしろ音に集中することで一段またステップを上げたのではというありがたい評価をいただけました。(「空気音や声も使いながら、豊かな表現をしていることを再認識した」と競演者の方に言っていただけたのが嬉しかったです)

また出演者・お客様問わず多くの方に骨折を心配&いじっていただき、本当に申し訳なく思いまた感謝しています。「ここまでいじっていただいたのだから一人前の演奏をしないと顔向けできない」という思いも込めて演奏させていただきました。

競演の皆様、お客様、Firebirdの皆様に深く御礼申し上げます。

Picjoseyoshio201707301


7/30(日)
新松戸FIREBIRD
"魑魅魍魎"

OPEN 16:30
START 17:00
TICKET 前売\2,500/当日\3,000
※1drink charge
※17時迄に御来場の方は追加1drink present

ACT
・アナルファッカーズ→明るいJ-POPと徹した小芝居パフォーマンスが爽やかでした。
・蜂鳥あみ太=4号with大和田千弘(pf)→この日は特にコアな曲の連打ですごかったです。MCでいろいろいじっていただき、最後はセクシーJさんのはずれ1位で奪われました(迫真)。有難うございました!
・MaRS VIOLET LOVE(名古屋)→2ピース祭り以来の対バン。ストレートなロックギターがかっこいいです。
・Sister Paul→非常にベテランでいらっしゃるのにピーキーな攻めサウンドがすごかったです。
・PAPAPA→対バンは初めてですが、音のロックンロールさとパフォーマンスのキンキーさ(LOVE ME?という台詞がシャーロックのモリアーティ風)、運動量の凄さとオフとのギャップが衝撃でした。

【レッドステージ】
・James→この日はタイトでかっこよかったです。さらに奉納ブラザーズの演目を救う活躍でした。
・ムッシュ→ジャズギターとエフェクトのスキルを嫌味なく見せつけた前半と後半のギャップが凄過ぎました。
・奉納ブラザーズ(セクシーJ/シェパード太郎)→初めて拝見しました。個人的には最後の演目のJさんの江戸風味を生かした演目が好み。
JOSE+YOSHIO
・日比谷カタン→久々の対バンですが、サブカル的フリンジを超えまくるギターワークのヤバさに酔いました。

17:00-17:20 James
17:25-17:50 アナルファッカーズ
17:55-18:15 奉納ブラザーズ
18:20-18:45 蜂鳥あみ太=4号with大和田千弘(pf)
18:50-19:10 ムッシュ
休憩
19:30-19:55 MaRS VIOLET LOVE
20:00-20:20 JOSE+YOSHIO
20:25-20:50 Sister Paul
20:55-21:20日比谷カタン
21:30-21:55 PAPAPA

bar time 22:00 drink or die!!!

メイン・日比谷カタン 25分/レッド20分

Joseyoshio20170730

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.15

【療養支援御礼】30周年記念コンサートの動画期間限定公開しています!

こちらでございますが、ここまでの療養を支援くださっている皆様への御礼も込めて、
好評だった30周年記念コンサートの動画を公開しています。
こちらです

共演された方でご意見がある方はYOSHIO宛にお知らせください。

ぜひご感想などもお気軽にお待ちしています!こちらへどうぞ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

課題も見つけながら手ごたえを得ました!【およそ1月ぶりの単独無伴奏】20170724(月)新松戸Firebird【プレ復帰A出演2回目】

※「プレ復帰A」の意味については恐縮ですがこちらをご参照ください。

この日は対バン経験がかなりある方々を中心とした弾き語りメインのイベントです。
送迎の関係で出演後何時までいられるか微妙ではあるのですが、
開場時からはおりますので、ぜひ多くの方にお目にかかれますと幸甚でございます。

またプレ復帰段階ですが、久々の単独無伴奏です。
この日は特に非常に有力な演者が多い中、自分がちゃんと演者として存在できるのか
ケーナ単独無伴奏の演奏者として重要な関門の一つになろうかと思います。

私以外の演者を聴くだけでも有意義だと思いますので、お待ち申し上げております。
ご予約はこちらに。

→次の曲を演奏しました。

1、Inti Yacu
2、Yove Male Mome
3、歴代インカ皇帝名称~We will Rock You
4、Qoullur(星)

…まだMCが多少ふわついていますが、ストライクも入ってきたのでさらに改善します。
演奏はだいぶ目途が立ってきました。
めったにやらない4は新機軸と思って演奏したもののもっと完成度を上げたいところですが、1が完成度を維持できていたので、全体として組み立てられました。

この日は温かい競演者やお客様に支えていただいたと思います。(いつもそうなのですが、この日は特にそう思いました。「音楽は理解できないが、でも何故か聴きたくなる。ハート?情熱?何か形容出来ない魅力的なものを奏でている」という趣旨のことをおっしゃって下さる方がいて、活動が無駄でないことを確信させていただきました)

今後とも何卒宜しくお願い申し上げます!


7/24(月)
新松戸FIREBIRD
"愛こそすべて"

OPEN 17:30
START 18:00
TICKET 前売¥2,000/当日\2,500
※1drink(\600) charge
※18:00迄に御来場の方は追加1drink present

ACT
・太田圭二郎
・奈良岡
・ピスたちお
・みわ(電氣唄雀)
・アラブ
・Jerry(電氣唄雀)
・田中雅紀
YOSHIO(シュッと吹くケーナ奏者)
・湯澤ひかり
・沼田謙二朗

Live
18:00-18:20 太田圭二郎
18:25-18:45 奈良岡
18:50-19:10 ピスたちお
19:15-19:35 みわ(電氣唄雀)
19:40-20:00 アラブ
20:05-20:25 Jerry(電氣唄雀)
20:30-20:50 田中雅紀 
20:55-21:15 YOSHIO
21:20-21:40 湯澤ひかり
21:45-22:05 沼田謙二朗

Yoshio20170724


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.14

【演奏活動復帰に関して(170801修正)】+課題を見つけつつなんとか完了しました!【20170722YOSHIO*龍@新松戸Firebird】

皆様先日来お騒がせしております今回の小生の演奏中の不手際による負傷に関し、格別のご高配をいただき御礼申し上げます。

Ⅰ:演奏活動復帰に関して(170801修正あり)

現在自宅療養&リハビリ中でございますが、皆様のお気遣いのおかげをもちまして、手術後2週間・退院後1週間という現状において当初想定のペースにて回復している状況です。本当に有難うございます。
機動力的には相変わらずですが、本日ぐらいから鈍痛も落ち着いてきて、能動的な発信活動も再開できています。
今週までは自宅に逼塞してマンションの廊下から外にも出ていませんでしたが、来週は通院なども入るためリハビリとして次の段階に進むこととなります。

この状況を受けまして、誠に勝手ではございますがリスクを回避するために、演奏活動に関しては今後以下のように、3か月程度かけて段階を踏んで再開する方針にさせていただきます。(検査による確認結果などで状況が変化する場合はまたご報告・ご相談申し上げます)

・7/22-31…プレ復帰A(リスク回避を最優先した行動、電車に乗れないため自宅から演奏会場まで車での送迎にて移動、基本的に自宅と会場の往復のみ、事前にブッキングされていたライブのうち車送迎可能で階段のない会場のみでの出演、座って演奏・原則段差のないステージでの演奏)→おかげさまで無事遂行することができました!

・8/2-9/10…プレ復帰B(社会復帰を進めながらリスクは避ける行動、時間がかかるものの松葉杖利用で一部電車移動可能【8/11までは極力車移動も利用】、事前にブッキングされていたライブのうち階段のない会場のみでの出演、座って演奏)

・9/11-30…準復帰(原則片方松葉杖、ないし松葉杖なしで時間はかかるが移動・演奏可能、状況を勘案しながら絞り気味の方針のもと通常の演奏活動および音楽活動再開)

・10/1以降…完全復帰(松葉杖不要、通常の行動・演奏活動)

…もちろんプレ復帰だろうが準復帰だろうが完全復帰だろうが、ステージでの演奏は今まで以上に(動きがない状態でも)熱く強く行くつもりですので、何卒宜しくお願い申し上げます。(幸か不幸か、現在出演予定のステージは、どれもとても「リハビリ・調整気分」ではこなせないゴリッゴリのヤバめのステージとなっています)

今回の復帰方針決定に関して、ご迷惑をおかけしたにもかかわらず大変にご配慮いただきました主催者・店舗の皆様、また対バンの皆様、共演者の皆様(今回特にプレ復帰中は共演者の力を最大限借りてステージングするシーンが特に多いかと思われます)、ご来場ご検討の皆様、気にかけてくださっている皆様に篤く御礼申し上げます。

皆様にも大変ご迷惑を引き続きおかけいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

Ⅱ、7/22の演奏に関しまして(プレ復帰A)

7/22は、3月に福島県伊達市の「すまいるラウンジコンサート」で演奏し好評だった鈴木龍氏とのユニット、「YOSHIO*龍(ヨシオカケルリュウ)」で臨みます。同ユニットでは3回目の演奏、新松戸Firebirdは初登場となります。

新松戸Firebirdのレッドステージとなりますが、ご覧のとおりどえらい競演者の皆様とのステージとなります。
ぜひ遊びに来ていただけますと幸甚でございます!

基本的にあまり動きませんが脚以外は元気なはずですので、皆様と楽しめればと思います。予約はこちら新松戸Firebirdへ「YOSHIO*龍で」とおっしゃっていただけると幸甚です。

ロック・ロカビリー・サイコビリー・ピアノ演芸などが繰り出される空間でどうチャランゴとケーナがマッチするのか、あるいはマッチせず異物として存在するのか、ぜひその行く末をご覧になっていただけますと幸甚でございます。

→なんとか無事に演奏ができました。曲目は以下です。
1、午後6時 Seis de la Tarde
2、スリキ Suriqui
3、We will Rock You
4、鉱夫さん El Minero
5、サン・ベニート San Benito

…この日は非常にハイレベルな出演者の中、課題がだいぶある状態でしたが、今後の活動へのきっかけを得るレベルの演奏となりました。

メインのテーマであったケーナの馬力という点では、想定の範囲内で十分出せました。
ただ他にも「チャランゴとの調和(これはYOSHIOのコンディションによる準備の問題が大きく、共演が盟友・鈴木龍氏だったのでまだなんとかなったという感じです)・MCの感度・歌などで、特に歌のように元からの弱点が出ただけでなく、これまで得意とした方面でもブランクによる感覚のずれが出たなというのが正直な感想です。

正直言って1月弱のブランクではありますが、さまざまなタイプのミュージシャンとの凌ぎ合い(しかも後述するようにFirebirdのクオリティはYOSHIOの参入当初より激上がりしています)のライブハウスシーンから数週間離れただけで、できないことは発生するという厳しさも痛感しました。(これは練習だけでカバーできる問題でなく、大げさなと失笑するかもしれませんが、投手にとってのマウンドのような「現場感覚」の問題なのだと思われます。MCがフィールディング、アンサンブルがコントロールに該当しますでしょうか)
特にMCは、場を見るタイミングがずれただけでだいぶ難しくなるということも痛感しました。(この日は全般にリズムに貪欲でシビアなお客様が多く、MCでの組み立てが簡単ではない日ではあったのも事実ですが…)

ただ手前味噌ですがまったく見せ場を作れなかったわけではなく、4ではYOSHIOの特質である「旋律の持ち上げ力」や、カルージョで特に手業を出す鈴木龍氏のチャランゴワークで一定の評判を得ました。

ライブハウスに出演するというのは調整登板はありえず真剣勝負の結果は受け止めたうえで、今回いただいた課題とささやかな自信をもとに、また攻めていきたいと思います。

皆様有難うございました&宜しくお願い申し上げます。

※厚かましいお願いですが、車送迎が必要な7月のライブのうち、この日のみ帰りは算段取れているのですが行きは現在車での移動手段が確保できていません。もしリアル知り合いの方で、7/22(土)に船橋市本町から新松戸Firebird(13:45までに着)までYOSHIOを乗せてもいいよ、という奇特な方がいらっしゃったらこちらにご連絡いただけますと幸甚です。相当恩に着ます。

→この日は行きは自分で手配しました。早くUBERが本格普及してほしいです。帰りは某氏に送っていただきました。感謝申し上げます。

なおこの日来てくださったお客様が、YOSHIOはともかくFirebirdが繰り出す演者のレベルに高い評価をくださったことも報告申し上げます。このようなハコで演奏活動をさせてもらえることに感謝しながら、復帰するだけでなく進化するように努力していきたいと改めて痛感しました。

7/22(土)
新松戸FIREBIRD
"DON DOKO DON"

OPEN 15:30
START 16:00
TICKET 前売¥2,000/当日\2,500
※1drink(\600) charge
※16:00迄に御来場の方は追加1drink present

ACT
・大人の悪戯
・CAROLAN'S→非常に無駄のない、すっと受け止められるロカビリーサウンドでした。
・The Railroad Steel
・ロンボトランヒップショット→カツクラさんの引き込み力の強さを再認識しました。寒いトークを拾っていただき感謝しています。
・THE ELEKING
・ハラシン&フレンズ→パワフルなブルースハープで押し切る凄さがありました。

【レッドステージ】
・赤松ハルカ→相変わらずセクシーでキレがすごいですが、今回は強さも感じました。
・wisimoso(ライブペインティング)
・YOSHIO*龍
・油井ジョージワンマンバンド→ワンマンバンドとして、リズムの強さと正確さ、機構の工夫とトータルの構成が完成度凄かったです。
・ダイヤ・ピアノ・サンタ→この日はヨーデルを中盤で投入して、温まりにくい場を掘り起こして最終的にさらう一流ぶりを発揮していました。

16:00-16:25 大人の悪戯
16:30-16:50 赤松ハルカ
16:55-17:20 CAROLAN'S
17:25-17:55 wisimoso
18:00-18:25 The Railroad Steel 
 休憩
18:45-19:05 YOSHIO*龍
19:10-19:35 ロンボトランヒップショット
19:40-20:00 油井ジョージ ワンマンバンド
20:05-20:30 THE ELEKING
20:35-20:55 ダイヤ・ピアノ・サンタ
21:00-21:25 ハラシン&フレンズ

Yoshioliu20170722


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.06.12

皆様のご厚意で無事演奏完了いたしました!【福島県伊達市のイベントに出演】20170618すまいる&みゅーじっく【RADICAL ANDES CONNECTION】

福島県伊達市で行われる音楽祭「すまいる&みゅーじっく」にRadical Andes Connectionにて4年連続4回目の出演となります。

正直YOSHIOの芸風は「すまいる&みゅーじっく」に合致したものではなく、
また近年「無料観覧の、演奏をしたい仲間のためのイベントで、ミュージシャンとしての自己意識を持つことが難しい」イベントへの出演を東北以外は大幅に絞っている(というか原則出演しない)近年のYOSHIOの方針からも
毎年相当の葛藤とともに出演していますが、主催者の方々および主催者をサポートされている方々のホスピタリティおよび活動趣旨に賛同して、悩みながらも参加を続けています。

今年は日帰りで、前夜祭・打ち上げともにメンバー全員参加しませんが、参加の皆様はお楽しみください。

今回公開リハーサルが11:45から、本番が12:25から各20分となっています。

イベント全体への参加はリンク先を参照ください。もし付近の方がいらっしゃったらぜひお目にかかれれば幸甚でございます。

Radical~は人数少ないですが、とがった演奏をしようとは誓っております。

→などと上記のように書いていましたが、とある事故の関係で直前まで迷う状況の中、挙げきれないほど多くの方のサポートやご高配により、無事演奏してまいりました。

5:30に起床し、6時ごろ身支度を完了して駅まで松葉杖で向かい、通常の3倍以上の時間がかかりましたがなんとか6:27発の快速にのり、7:12発の新幹線に乗れました。

新幹線が8:48に着いた後(車中でチキン弁当)、8:56発の仙台行き普通列車に乗り換え完了し(エスカレーターがありました)、伊達駅に9:05着。川俣ケーナ愛好会の方に上下計100段の跨線橋を越える際にサポートをいただき、なんとか車に乗せていただき会場のMDDホールに着きました。

ホールでは車いすを貸していただき、基本車いすでの行動、ステージも車いすで出場しました。

基本的にはこの状況ですので共演のRADICAL ANDES CONNECTIONメンバー(今回はyoko氏と鈴木龍氏、いつも共演者には当然感謝していますが、無事出演・帰宅できたことも含め今回ほどメンバーに深く深く感謝したことは、性狷介な小生としては珍しいです)や運営陣、競演の方々にサポートいただきながら出番前後は休憩(公開リハーサルは辞退)しつつ、ときたま観賞していました。

演奏は、
1、La Arenosa
2、El Humahuaquen~o(鈴木龍ソロ)
3、El Minero
4、Achacachen~ita
5、Quena Suburbia
4・5では仙台の前田氏にも参加いただきました。(手配不完全ですみませんでした)

会場設営、BGMを流しながらの入れ替え、ナレーションと時間管理のスキル、音響水準などこの手のイベントとしてはトップレベルの状況で、非常によい環境のもと演奏させていただきました。2が鈴木氏のワークもありうけたのと、やはり5がてっぺんだったようです。

終了後電球ジュース(南米のへんなライム飲料のような味、不味くはない)とやきそばを食べた後、演奏を聴いたりしました。

・北川玉奴さん…女装の意味などはさておき、普段は演歌を歌っているという方の、管理区域の国道6号線風景を歌った「ルート6」が圧倒的な存在感。むちゃくちゃブルースで重い内容とともに時間を感じさせない。

・La Paz…最後のJUKUに平均年齢をはるかに超えるパワーと尊厳を感じました。

・ロス・ミドラス…Todos Juntosでの客席巻き込みのパフォーマンスが圧巻。

・凛音…いかにも弾き語り、という曲の合間に挟むシティロック的ナンバーのディミニッシュ的展開がかっこよかったです。

以上はたまたま聴けた方の印象です。非常に充実したイベントであることがここからも偲ばれます。

また足が利かないので出店を回れませんでしたが、木村先生の楽器コーナーのテンションがガチやばでした。

終了後車で福島駅までお送りいただき、エレベータで登ってカツカレーを食べてから(案外美味しかった)18:16発の新幹線に乗り、総武線快速で船橋まで来てから帰路はタクシーで帰宅しました。21時過ぎに帰宅しました。

…淡々と書いていますが、これだけ多くの方の配慮にいただいたことはそうはなく、ひねくれていた自分自身の姿勢の一部を深刻に反省しました。主催者はじめお客様も含めすべての皆様に、深く深く御礼申し上げます。

とはいいつつも「YOSHIOさんが車いすっていうからちょっとネタだと思った」という話を聞いて、ここまでのプロレスラー的に正しい自分自身のケーフェイぶりに苦笑したりもしました。(そこまでのある意味リアルな方にとっての不謹慎なことはしないようにしていますが…)

6/16にいただいた御恩とともに、今後も頑張ります。本当に感謝しながら、今後も演奏を皆様に聞いていただけることを祈念しています。
すまいる&みゅーじっくのパワーを今回はいただくばかりで恐縮でございました!

(今ならやや殊勝で弱っているYOSHIOのムーブを見られるチャンスですよ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

皆様のご高配で相当の成果を持って演奏しました!【巣鴨獅子王緊急登板】170622、YOSHIOケーナ単独無伴奏!

巣鴨獅子王、急遽の登板です!
4月の演奏が我ながら不完全燃焼でございましたが、
この「いったんマイナーに送られたが緊急登板」のチャンスを生かせるのかどうか、
さまざまありますが「笛1本でハードイベント出演」の前代未聞ぶりには
変わりがないので、ぜひご来場ください。

人情味のあるハード(ノイズあり、即興あり)イベントです。

当日でもOKです。お待ち申し上げております!
もちろん予約も大歓迎。

巣鴨の同ライブハウスの周りは相当のB級グルメゾーンですので
観光がてらのご来場をお勧めします!

→とか言っていましたが、事故の後首都圏初演奏となり、緊張のもと演奏をいたしました。

1、SACH'A MAYU
2、Palmeras
3、Yove Male Mome
4、We will Rock You
5、Inti Yacu
6、コザの公園にて

…着座での演奏となり、申し訳ない限りでございましたが、おかげさまで相当の好評を得ることができました。
3・5の評価が非常に高かったです。

こちらのイベントも様々な展開がありますが、かなりのキワキワ感とアットホーム感のバランスにやっとアジャストできたような感じでございました。本当にお客様、競演の皆様、主催の皆様、お店の皆様に御礼申し上げます。

次は9月ごろになりそうです。またそれとは別に、オーナーの秋元氏に、スピード感と旋律の上げ方の表現力を評価いただき(ものすごくうれしいです・組み立ての少ない単独無伴奏の自分にとって数少ないスキルですので)、コヤーノバンド+αのセットでアコースティック的な演奏を行う展開もあるかもしれません。一つ頑張ってきた甲斐がありました。

今後とも皆様宜しくお願い申し上げます!

※「El Solitario vol.1」3冊この日にお買い求めいただきました!残り4冊となっております。お買い求めいただいた皆様に篤く御礼申し上げます!

=百花繚乱 Vol.21=

adv/door¥2000
+ドリンク¥500

① 19:00-19:25
=広本 晋

② 19:35-20:00
=YOSHIO

③ 20:10-20:35
=Aural Fit

④ 20:45-21:10
=コヤーノバンド+広本 晋

⑤ 21:20-21:45
=波流乱満地獄変

⑥ 21:55-22:20
=VLADIVOSTOK POWDER GENOCIDE→実はドラムの方と新松戸で対バンしたことがございました。11拍子の曲も演奏くださり、変拍子トークで盛り上がりました。

終演後~Bartime
アルコール¥300
ソフトドリンク¥200

Yoshio20170622


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.06.11

一定の成果を挙げました!【6月4本目ライブはやはり単独無伴奏】20170612新松戸Firebird【中5日で登板】

この日は月曜とは思えない濃いめのメンツです。
2016年10月、Vuelo Folklorico+YOSHIO公演でも競演した、
コミックバンドとしてかっこよすぎる幽霊会社みちづれさん、
業師としてレベル高杉の弾き語りの某ゆきのさん、
新松戸らしいフックのきいたアイドル的ロックバンドPINKY PROMISEさん、
いつも厳しい大人のライムでえぐるURAOCBさん、
盟友CHARTREUSEのベーシストの松浦勇次さんなど、
バラエティに富んだメンバーです。

自分は18:30と早めの時間ですが、しょっぱなから来て損なしですので
ぜひお立ち寄りいただけますと幸甚でございます。

→この日は以下の曲を演奏しました。25分のところ27分演奏しておりました。もうしわけございません。

1、コザの公園にて(YOSHIO)
2、Yove Male Mome
3、We will Rock You
4、Inti Yacu(太陽と水)
5、Todos Vuelven

この日は1にオリジナルを突っ込み、4で勝負ナンバーを入れた結果
「相当完成度が高い」とおっしゃっていただきました。
まとめたタイプの演奏でしたが
個人的には1の完成度が上がりそうで嬉しいです。
4もカバーとして自分らしさを出しながら正統に行けているので
これからどんどんライブハウスなどのバンド的音圧のシーンでも演奏いたします。

この日はボリューミーかつ一定のクオリティ以上の方が多く
自分は「はじめましての方にわかってもらう」という努力にシフトすることができました。
競演の皆様、お客様、さらに新松戸Firebirdの皆様誠に有難うございました。

FIREBIRD presents
NEW MAD CITY
2017/6/12

幽霊会社みちづれ→2人バージョンでした。社長がギタースター化していました。
某ゆきの→安定した歌唱でこの日の流れを引き締めてくださいました。MCで相応いじられました。
このみぃる
PINKY PROMISE →2人バージョンでした。
whiskyと銃声
YOSHIO(シュッと吹くケーナ奏者)
URAOCB →この日のエピソード1本目に、なぜか某スポーツ系である「立身出世しているが別れた身内を放棄したまま」という件を思い出しました。
松浦勇次

前売 \2000 当日 \2500
※+1 drink charge
スタート前御来場の方には1ドリンク追加プレゼント

17:30-17:55 松浦勇次
18:00-18:25 URAOCB
18:30-18:55 YOSHIO
19:05-19:30 whiskyと銃声
19:45-20:10 PINKY PROMISE
20:25-20:50 このみぃる
20:55-21:20 某ゆきの
21:30-21:55 幽霊会社みちづれ

bar time22:00乾杯・打上げ

Yoshio20170612


セッティング別25分厳守!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧